温泉ガイド鹿児島県南薩摩・指宿砂むし会館「砂楽」>クチコミ

砂むし会館「砂楽」

スナムシカイカンサラク

4.0151件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
砂むし会館「砂楽」

海岸に100人以上を収容できる砂むし風呂がある。屋根つきのむし場があり、雨天でも入浴できる。館内には大浴場、展望所、休憩室、売店などがある。

住所
鹿児島県指宿市湯の浜5丁目25−18
交通
JR指宿枕崎線指宿駅から鹿児島交通山川桟橋行きバスで5分、砂むし会館前下車すぐ
指宿スカイライン谷山ICから県道219号、国道226号を指宿市方面へ40km
TEL
0993-23-3900

砂むし会館「砂楽」のクチコミ

鹿児島県の南端、指宿にある砂蒸し温泉の施設です♪ 施設は建物と海岸エリアに別れていて、 砂蒸しは海岸エリアの砂浜まで降りて楽しめます。 砂の上に寝そべって、 温泉によって熱を帯びた熱い砂をかけてもらいます。 この圧迫感がちょうど良い♪ 全然苦しくなくて、むしろ心地よすぎて、眠気が… 気が付くと、30分寝ちゃってました。 その間、全く身動き取れないので注意!w 砂から出ると身体全体が気持ちよい♪ 身体中の老廃物が押し出された感じ。 これは病みつきになりそうです。 建物から海岸エリアまでのルートは、男女関係なく浴衣で歩きます。 浴衣の下は、もちろん何もつけてないので、ちょっとドキドキ♪ 潮風が気持ちよいスポットでもあります。 終わったら、建物内で砂を洗い流しましょう。 オススメです♪

太郎。さん  2009/07/25

この時期はとても暑くて5分以上入砂するのは大変ですが、春・秋・冬はとても快適に入砂できます。 入砂中、海の潮風と景色を堪能できます。 その後、別途熱めの大浴場でさらにあったまる事ができます。 休憩室は仮眠もOK。

でぃおなさん  2009/07/24

ビーチに横たわり身動きできないほど砂をたっぷり掛けてもらって青い海と青い空を眺めながらいつの間にかウトウト。これが何ともいえない心地よさ。砂風呂は人生初の体験、病み付きになりそう。近くにあれば毎日でも行くのだが……。

こばちゃんさん  2009/07/24

ここの砂むし温泉は、本当に身体の悪い所がよくなるようにおもえるほど、スッキリする砂むし温泉です。 特に、神経痛や腰痛の人はいいですよ! 自分は腰痛を抱えていましたがここに来たら治りましたよ! ぜひいいところなので行って見て下さい。

yukio-uさん  2009/07/24

大学で鹿児島にいた時、行きました。 鹿児島に行くまでは、砂むし温泉の存在など知りませんでしたが、地元の友人と一緒に行きました。 海を真前にゆったりと温かい砂の中で汗をかいて気持ち良かったです。

うにゃさん  2009/07/23

7月17日に、閉館1時間前に行きました。 もちろん日差しもなく、心地よい夜風の中 波の音を聞きつつ蒸されました。 人がほとんどいなくて貸切状態でしたw

ちゅんたろさん  2009/07/23

大阪では考えられないくらいの、浜辺の熱さ!! そこに卵を入れたら、本当の温泉卵ができるんです。 それくらい、熱い浜辺。 砂をかけてもらったら、肩こりが一気に治りそうなくらい、 体がほかほかして、だんだん熱さでかゆくなってくるくらいの 砂蒸し風呂です。

yuzupon.さん  2009/07/22

指宿では有名な、大規模な砂蒸し風呂です。 海岸沿いにずらっと並ぶ砂蒸し風呂は、圧巻です。 ただ、GWや年末年始など混雑する時期は、受付のロビーが大混雑するため、待ち時間が1時間ほどかかってしまいます。。。 海を見ながら、体の芯までほかほかになり、しあわせです!

ぴよさん  2009/07/22

初めて天然砂むし温泉を体験しました。温度はサウナと同様の 感がしますが、かぶされた砂全体から足のつま先から頭のてっぺんまで芯に響き渡るような心地よさを感じました。 目をつぶって吹き出る汗を感じながら10分あまり我慢します 体の中の毒素が汗とともに全部吹き出るような気持ちになりま した。旅の最初の日に元気をもらいました。 料金は、900円/人。砂むしの後はジェットシャワーで体についた砂を落とし大浴場でゆっくり入浴を楽しめます。 また機会があったら来たい温泉でした。

chunsha56さん  2009/07/22

私のお勧めする温泉は、 鹿児島指宿にある砂むし温泉「砂楽」です。 ここは砂風呂に入りながら、綺麗な海の景色を眺めることが出来ます。 また、温泉やサウナ、食事が出来る施設もあるので、一日中楽しむことができます。 ぜひ、みなさんも行ってみてください。

よこまさん  2009/07/21

51〜60件目(全 151件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。