温泉トップ温泉ガイド(和歌山県)和歌山市花山温泉>クチコミ

花山温泉のクチコミ

ハナヤマオンセン

2.942件)

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

赤褐色の混濁泉。温度差15度の交互浴で効果アップ

行基法力の湯として1200年前に発見された温泉。関西では珍しい赤褐色の混濁泉が特徴で、湯をすくうと手のひらにオレンジ色の堆積物が残るほど。温度差15度の交互浴ができる。

住所
和歌山県和歌山市鳴神
交通
JR和歌山駅から市営バス信愛短期大学行きで10分、秋月下車、徒歩10分
営業期間
通年
問い合わせ先
花山温泉 薬師の湯(073-471-3277)

花山温泉のクチコミ

ピックアップクチコミを読む

友人が勧めていたのでHPを調べたところ、「関西最強の天然温泉」とあり、誇張しているんだろうと話半分で臨みましたが、まさしく関西最強でした。 ドロドロの温泉は病みつきになりました。 また行きたいです。

くんさん  2009/07/21

 どちらかというと湯疲れをするタイプなのですが、ここは別格。評判を聞いて行ってみると、こんな所っていう期待はずれな趣。入ると独特の温泉があり、湯温の低い減泉をはじめ、38、40、41度と温度の違う4つの湯船。中でも38度と源泉の組み合わせが最高。入っているときはあまり効果を感じませんでしたが、のぼせることも、湯疲れ、湯冷めなど全くなく、後からじんわり体に効いているのが分かる温泉でした。ただ、最近の施設が充実した温泉とは違い、客層も近くのお年寄りが多くて湯治場的な感じでした。

コデブ2009さん  2009/04/19

まず成分は、カルシウム、マグネシウム、等がかなり多そうでお風呂全体がそれらの堆積によって独特な風合いになっています。また温度が低温から適温まであって、気持ちよく楽しめます。私は、海釣りの帰りに寄りましたが、日焼けした肌には心地よかったです。料金は大人が1000円だったとおもいます。

necdaijinさん  2009/04/07

花山温泉はいつも観光客・地元のお客様でにぎわっています。 神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動麻痺 間接のこわばり 打ち身 くじき 慢性消化器病 痔疾 冷え性 病後回復期 疲労回復 健康増進 切り傷 やけど 慢性皮膚炎 虚弱児童 慢性婦人病 不眠病 高血圧病 動脈硬化病 月経障害 に効果があると言う事で、温泉に通う人が多いです。 入浴ご利用スタイル 3回に分けて入浴される方の一例です。 ?@かかり湯⇒温泉(半身浴)10分⇒源泉風呂3分⇒温泉(全身浴)10分⇒源泉風呂5分⇒温泉(全身浴)10分 ?A休憩 ?B露天もしくは温泉(全身浴)15分⇒源泉風呂5分⇒温泉(半身浴)10分 ?C超音波・気泡風呂でリラックス ?D休憩 ?E露天もしくは温泉(半身浴)15分⇒源泉風呂5分⇒温泉(全身浴)10分 ?F打たせ湯(あがり湯)にお入り下さい。 入浴方法もあり、皆さん、真面目に楽しく入浴されています。

たぬたぬさん  2009/02/20

温泉の効能はすばらしい日帰りには良いかも、宿泊は余り勧められないです食事はまずい接客も最低でした。 部屋の入り口はすりガラスで正面の部屋のトイレの出入りが見え此方も同様ですが落ち着かない感じで夜寝る時も明るいしまつ… 泊まるより日帰りがお勧めの温泉です。

ペータロウさん  2009/02/17

泥湯です。 お湯は茶色い色をしており湯につかると、ぬめりがあり肌がすべすべになります。 日帰り温泉施設としても地元の方が利用しているようです。

naotyan002さん  2009/02/16

にごり湯でアトピー性皮膚炎などにとてもよいらしい。 駐車場完備で宿泊OK! 和歌山ICをおりて車で5分!

ju-koさん  2009/02/16

和歌山市内にあるのに、湯治場のような温泉です。茶褐色の色をした温泉です。源泉は17度の冷泉で、40度程度に沸かした温泉と交互に入ることが出来ます。和歌山インターから5分程度のところにあり、非常に便利でもあります。

kei1さん  2009/02/15

タオルがまっ茶色に染まってしまいました。1ヶ月くらい毎日おうちで使いましたが、やっともとの色にもどりました。何か効きそう。

まっ茶色さん  2009/02/11

和歌山市内にあり、交通の便もよく気軽にいける温泉宿です。泉質はカルシュ-ム炭酸泉で、日帰り入浴もできます。 料金は、10時〜16時30分まで1000円ですが16時30分からは600円になります。

tetuoさん  2009/02/10

21〜30件目(全 42件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。