温泉ガイド兵庫県淡路島>東浦花の湯

東浦花の湯

ヒガシウラハナノユ

2.87件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
東浦花の湯

なめらかな湯が自慢の温泉

平成13年に開湯した温泉で、公共施設「東浦サンパーク」が湯元。併設施設として浴場専用棟「花の湯」があり、日帰り温泉としても人気が定着。棚田スタイルの花壇が美しい露天風呂が好評だ。

住所
兵庫県淡路市久留麻
交通
神戸淡路鳴門自動車道東浦ICから国道28号を洲本方面へ車で2km
営業期間
通年
問い合わせ先
東浦サンパーク 花の湯(0799-74-5800)

泉質

源泉の数 1 お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭 源泉の飲泉 できます(ヒ素を含有しているため飲用量は大人が1日980ml以内、小人が1日480ml以内。乳幼児は飲用不可。)
お湯の泉質 炭酸水素塩泉(含二酸化炭素-ナトリウム-炭酸水素塩泉)
源泉のpH値 pH7.47 中性 源泉の温度 29.7度

おすすめ温泉宿

淡路島天然温泉東浦サンパーク

総合評価:4.0点 

明石大橋10分・東浦IC7分、多彩なお風呂が楽しめる温泉付き宿泊所

1泊3,5507,100円/人

淡路島天然温泉東浦サンパークの詳細・宿泊プランはこちら

淡路島天然温泉東浦サンパーク

東浦花の湯の温泉宿をすべて見る<全1件>

ピックアップ!クチコミ

重曹成分を含んだ温泉なので、神経痛、筋肉痛、疲労回復などなどの効能があり、施設の周りには、野球場(サッカーも可)、テニスコート(4面・ハードコート)、体育館(卓球・バドミントンなどができる)、プール(夏季のみ)が併設。温泉の入浴料金:500円。宿泊料金も5000円程度でとってもリーズナブル。したがって、合宿等に持って来い。

クチコミをもっと見る<全7件>

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。