温泉ガイド兵庫県神戸市街・有馬温泉有馬本温泉 金の湯>クチコミ

有馬本温泉 金の湯

アリマホンオンセンキンノユ

2.7145件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
有馬本温泉 金の湯

有馬名物「金泉」専用の外湯。大浴場は有馬の伝統工芸に欠かせない竹がテーマの「一の湯」と瑞宝寺公園の紅葉をイメージして造られた「二の湯」がある。タオルが赤茶色に染まる有馬ならではの湯の味わいを楽しみたい。

住所
兵庫県神戸市北区有馬町833
交通
神戸電鉄有馬線有馬温泉駅から徒歩5分
阪神高速7号北神戸線有馬口出口から県道51号を、西宮山口南(有馬温泉)出口から県道98号を有馬温泉方面へ2km
TEL
078-904-0680

有馬本温泉 金の湯のクチコミ

有馬温泉は、こちらの金の湯と銀の湯とがあります。時間があれば、両方入ってみると良いと思いますが、どちらか一方だけなら、こちらの金の湯が良いかと思います。残念ながら、金塊とか砂金とかが入っているわけではなく、鉄分です。つまり、さびですね。なので、赤茶けた感じのお湯です。共同湯なので、料金もそれほど高くないので、神戸観光とかに行ったついでにいかれてはいかがでしょうか。

ozchan01さん  2009/03/08

有馬は基本的に内湯がどの宿にもありますが日帰りやぶらっと立ち寄りで入れる共同浴場もあります。 その外にある金泉かけ流しの足湯のコーナーは無料で利用できますが道行く浴衣姿の人が居たりで意外と風情があっていい感じです。 若干傾斜した道に設置されているので段々畑のようになっていて、上流側から熱いお湯が入ってきますので熱いのがお好みだったら上流側、ぬるいほうがいいなら下流側を選ぶといいでしょう。 温泉は金泉ですのでタオルは使用後赤く染まってしまいますのでそのおつもりで。

haccyan_daiさん  2009/02/26

有馬温泉というと日本で最古の温泉の1つだと言われてますが、金の湯、銀の湯という泉質の違う温泉に手ごろな価格で入れるのがいいですね。金の湯が650円、銀の湯は550円、2館共通券が850円(1年間有効)という安さです。宿泊するのは高いかも知れませんが、行楽の帰りなどに寄って入浴して帰るのもいいかもしれません。大阪からも近くて大変交通の便もいいと思います。

イッシーさん  2009/02/25

金色とは思えない赤茶けた泥湯。かなり熱めで、血圧の高い方は避けた方が無難、命保証できません。でも湯上りは最高の気分。一度お試しあれ!

バードハンターさん  2009/02/24

車で行きました。駐車場は、入り口の前の道を更に200mくらい進むと、右手に温泉宿付属の時間制駐車場があります。一時間300円〜(土日祝は少し高くなります)。 入湯料650円です。シャンプー、ボディーソープはありますが、タオルは無いので持ってくか、購入します。 さびで、お湯が赤いので、汚れてもいいモノにがいいでしょう。 スーパー銭湯も行きましたが、一番温まる気がするので、お気に入りです。 帰りに、炭酸せんべいのくずが100円で売っているので、お土産にします。 (日によって、ないときもあります) 詳細は下記を参考に

ぽんぽんさん  2009/02/19

「金の湯」は、「鉄分を含む強塩化物泉」でタオルをつけると、茶褐色に染まってしまう「濁り湯」です。濁り湯ファンにはたまらない温泉です。共同湯なので気軽に立ち寄れるがいいですよ。土日は混んでいるので、平日がお勧めです。

naiyoさん  2009/02/18

有名な温泉地でありながら地元の人の日常に利用できる湯です。 町内の人には市内と同等額の入浴券が発行されています

まんでりんさん  2009/02/17

阪神間から日帰りでいけるけれども、泊まりはちょっと高いのが有馬温泉。その中でも銭湯感覚でいけるのが元湯の金の湯。真っ赤な鉄分いっぱいの温泉は温度も異常に高くて初心者にはちょっと厳しいかも知れません。まずはお試しください。

太陽の塔さん  2009/02/12

銭湯感覚で、名湯に入れるところがお勧めです。 場所がら、ハイキングの途中に、ふらっと立ち寄るのも良いでしょう。

ビンゴさん  2009/02/12

神戸や大阪から1時間程度でたどり着ける場所にあり、入湯料もやすく手軽に楽しめる日帰り温泉旅行。 今の経済情勢にぴったりの、近場で格安で最高の気分が味わえます。 安近短と三拍子そった観光地です。

よっちゃんさん  2009/02/10

111〜120件目(全 145件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。