温泉ガイド愛知県三河地区(豊田・刈谷・知立・安城・岡崎)猿投温泉 日帰り温泉 岩風呂 金泉の湯>クチコミ

猿投温泉 日帰り温泉 岩風呂 金泉の湯

サナゲオンセンヒガエリオンセンイワブロキンセンノユ

3.3107件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
猿投温泉 日帰り温泉 岩風呂 金泉の湯

美しい自然と日本庭園に囲まれた猿投温泉。「医者のすすめる奇跡の温泉」にも選ばれた湯は、秋田県の玉川温泉、鳥取県の三朝温泉と同じくすぐれた効能を持つ日本屈指の天然ラドン温泉。

住所
愛知県豊田市加納町馬道通21
交通
名鉄豊田線浄水駅から無料巡回バス猿投温泉行きで30分、終点下車すぐ
猿投グリーンロード加納ICから一般道を猿投温泉方面へ3km
TEL
0565-45-5800

猿投温泉 日帰り温泉 岩風呂 金泉の湯のクチコミ

土日祭日は、非常に混雑するそうですが平日にいくとゆっくり入浴できます名古屋から車で30〜40分で近くシャトルバスも最寄り駅からでています 風呂は、岩風呂でなかなか趣きのあるふろです周辺の日本庭園も四季折々草花がさきすばらしいです

犬の目さん  2009/09/08

愛知県豊田市の猿投温泉は近いので良く利用しますが、お湯が柔らかい、と言う表現がピッタリ! 猿投山にあって、森林浴も最高。 ノンビリ出来ます。

kinghimeさん  2009/09/08

山奥? 山の散策? 森林浴? 紅葉もきれい。 自然、のんびり、ずっと依然と小奇麗になって行きやすくなった感じ。 名古屋IC、豊田ICなど車でも便利。 行く道すがら楽しめる施設も結構見つかる。 単純でけどのんびりは出来る。

ねむりやすさん  2009/09/06

少し前になりますが仕事が早く終わった際に入浴してきました。 平日の夜前ということもあり、ほとんど貸しきり状態。 効能を効かす入り方も教えていただきましたが 自分の入り方でじっくりと長めに浸かってたのですが 出たときにはちょっと湯辺りしたような感じになってました。 行楽で行く時期をあわせれば派手ではないけど紅葉を見た後、 長時間運転の前のリフレッシュに良いと思います。 逆に仕事帰りによったので近場の見所って他には微妙に分からなかった。 ある程度の年がいった人なら秋口にちょっと寄ってみようかとかで 使い勝手の良い温泉だと思います。

ひろむつさん  2009/09/06

猿投温泉は旧豊田地区で唯一の温泉でした。 家族で日帰りで行くには大変便利なところで料理もおいしいです。 最近は、スーパー銭湯に行く人が多いようですが、たまには長くゆっくり温泉につかりたい人にはお勧めです。

エコノリさん  2009/09/05

幼いころは、年に数回は行っていました。 温泉に入り、売店横の休憩コーナーでラムネと五平餅を食べるのが好きでした。 脱衣所も浴場も広く、浴場にはサウナもあります。

るなさん  2009/08/30

意外と混んでいました。 今年岩風呂がリニューアルされてよいですよ! 露天風呂もあるし、サウナもあるので気に入ってます。 場所は少し奥地ですが、近隣主要駅から温泉行きのバスが出ているので楽チンです!

y21097さん  2009/08/29

背筋痛を患いリハビリ中ですが、治らず困っていたのでここのお風呂を利用しました。付近が緑に囲まれ空気が良く岩風呂に何度もつかり痛みも薄らいできたように思います。金泉閣に一泊しましたが、安価で料理も美味しく良いところです。 特に夏に向いていると思います。又沢山の客にびっくりしました。

マークンさん  2009/08/21

入浴のみは1500円ですが、さなげ座というカラオケ付き食べ放題飲み放題+送迎バスで、なんと3990円という破格値。食べ放題の種類はたとえば、すき焼き+しゃぶしゃぶとか、中華としゃぶしゃぶ等々、2種類をチョイス。 入浴後から、2時間ですが、十分に満喫して帰ってきました。 温泉はというと、常連さんはみなペットボトルを持参してお湯を持ち帰るほど、身体によい質の湯。今年リニュ−アルした浴場は、洞窟のような岩風呂で、身体の中にじわっと染み渡る温泉で、秋の紅葉シ−ズンと桜の時期がおすすめ。

riemamaさん  2009/08/19

珍しいと思い試しにいってきました。 ただ、洞窟の中での長居は酸素が薄いような感じでクラクラしますのでご注意を。 ほかの施設も充実いていますのでほかでも楽しめました。

massaruさん  2009/08/06

41〜50件目(全 107件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。