温泉ガイド岐阜県郡上八幡・白鳥・白川郷・関大白川露天風呂>クチコミ

大白川露天風呂

オオジラカワロテンブロ

4.512件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
大白川露天風呂

白水の滝で名高い白山国立公園大白川園地内にある露天風呂。目前に白水湖、背景には霊峰白山がそびえるロケーション抜群の湯処。湯量豊富な含硫黄-ナトリウム-塩化物泉がたたえられた自然岩の湯船のまわりにブナの原生林とエメラルドグリーンに輝く湖が広がる。県道451号線が開通する6月上旬から10月下旬の期間限定で楽しめるつかるだけの温泉で、石けんやシャンプーの使用は禁止。またタオルやバスタオルも持参。

住所
岐阜県大野郡白川村平瀬大白川
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス白川郷線白川郷行きで1時間10分、平瀬温泉下車、タクシーで40分
東海北陸自動車道白川郷ICから国道156号、県道451号を大白川高原方面へ33km
TEL
05769-6-1311

大白川露天風呂のクチコミ

4

凄まじい悪路を登る必要が有るが、湖に面した此処の岩風呂は一度入る価値あり。

ヤギノミノルさん  2014/01/03

林道をひたすら登ると、白水湖の横にたたずむ温泉!!近くには国営のキャンプ場もあり、キャンプ帰りの温泉は最高☆

きんたさん  2009/07/29

出掛けに岐阜は雨だって天気予報で云ってたんで、心配しながらも走っていきましたが、ひるが野辺りから案の定、雨が降り出し、でもせっかく来たんだし行ってみようと車を走らすこと30分『温泉に入れんかったらショックだから先に美味しい蕎麦が食べたい!!』ということで、みほろ湖畔にある前から気になっていた蕎麦屋(風地原小屋さん)で腹ごしらえをして、いざ大白川露天風呂への林道へ。林道入り口の看板に本日営業中の案内を見て走ること15分『まだ着かないの?雨で水が道路に出てきてるけど帰れるの?』という彼女の問いに生返事で答えつつやっと着きました大白川露天風呂!!入り初めは小降りだった雨が途中からはどしゃ降りとなり、タオルを頭に載せてるだけでは済まなくなって風呂桶をのせて入るはめに。他に入ってる人も居なかった為、彼女に『どお?』と尋ねると女湯から傘をさしながら顔を出し『とてもじゃないけど入ってられんから出たよ!早く出てよ!』と、お冠状態!!その後、機嫌が直るのに苦労しましたが、帰りには『雨で残念だったけど、肌はツルツルだし、景色も良かったんで、今度は晴れた日に来たいね!』と珍しく彼女も此処のお湯は絶賛でした。入り口の看板に『皆様からのご要望に答えて男湯は混浴にしますが女湯は違います』と書かれていました。気を付けましょう!!

きよぷーさん  2009/07/29

平日の朝だったので空いててゆったりと浸かれました。 白川郷へは2度行きましたが早朝歩いて、そのあと旅の疲れを癒すのに最高のお風呂でした。

メジャーさん  2009/04/24

大白川湖の風が、湯上がりのスベスベになった肌に、心地よく通り過ぎて行く。別天地の風呂上がりを満喫できる。

yasushinさん  2009/04/17

山道をひたすら車で走ると山小屋にたどりつきます。ほっとする小屋です。ここで頂くコーヒーは格別。コーヒーを飲み落ち着き、周りの景色を眺めるとダム湖が青々と目に映る、そのダムの脇に小さな露天風呂、着て良かった!

ケンタンさん  2009/02/18

電源開発の際に湧出した温泉で大白川ダム湖の湖畔にある露天風呂で白山の登山口にあたり国道からの進入路は渓谷沿いの為冬季や降雨時はクローズになっているけれど秋は紅葉が見事で道中には白水の滝もあり自然の懐に抱かれた満喫間が得られますよ。

dekanさん  2009/02/10

雄大な山に囲まれ、エメラルドの湖を眺めながらの露天風呂! 心も体も癒されました!! お客さんが少なかったので、こっそり混浴も出来ました〜☆

doragonさん  2008/09/23

風情のある温泉から、エメラルドグリーンの湖が見られます。 眺めは最高! ただし、設備は脱衣所だけで、洗い場もないので、その辺は覚悟がいるかも。 あと、冬場は通行止め、他の時期でもで入れないことがあるらしいので、 事前にチェックすることをお勧めします。

そなーさん  2008/09/10

途中にある白水の滝も最高の景色です。 東海北陸道 荘川インターを左折〜御母衣ダム〜平瀬温泉郷の看板の手前を左折〜大白川温泉

masaさん  2008/09/10

1〜10件目(全 12件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。