みんなで選ぶ 第11回 温泉大賞 結果発表

温泉トップ温泉ガイド(長野県)伊那・飯田・駒ヶ根>鹿塩温泉

鹿塩温泉

カシオオンセン

4.49件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
鹿塩温泉

標高750mの高地に湧く、塩辛い味の山男御用達の湯

建御名方命(たけみなかたのみこと)が鹿が好んで飲むのを見て発見された、弘法大師が杖を突き立てたところから塩が吹きだしたなど、諸説が残る湯。南アルプス南部の登山口にある。

住所
長野県下伊那郡大鹿村鹿塩
交通
JR飯田線伊那大島駅から伊那バス大鹿行きで46分、鹿塩下車、徒歩10分
営業期間
通年
問い合わせ先
大鹿村役場(0265-39-2001)

泉質

源泉の数 3 お湯の色 無色透明
お湯のにおい (ほのかな硫黄臭ほか) 源泉の飲泉 できます(強い塩味)
お湯の泉質 その他(ナトリウム-塩化物強塩泉ほか)
源泉のpH値 pH7.9 弱アルカリ性 源泉の温度 15度

日帰り温泉

ピックアップ!クチコミ

6月8日、松川ICから大鹿村へ向かった。日曜日のためか狭い道路だがあまり対向車はなかった。まず、大河原の中央構造線博物館へ行く。こんなものがあるとは知らなかった。すばらしいの一言に尽きる。館長さんがまた懇切丁寧に説明してくださる。外部の岩石の並べ方もみごとである。中央構造線が関東まで延びているのははじめて知った。この博物館が多くの人に見てもらえることをきぼうする。旅館の山塩館、出迎えに出てこられた女将さんを見て驚いた。「えっ、若い」と思った。もちろんご主人も若い。ということは、この旅館はうまく相続されているのだと思った。お湯がまたいい。飲むと塩味がするが海水の辛さとはまた違う。夜の食事がまたすばらしい。鹿肉もおいしかったが、鯉の甘露煮がおいしかった。 翌日、青いケシを見に行く。くるまで40、50分かかる。丁寧につくられた畑の中に、青いケシが咲き始めていた。6月の下旬ごろが満開になるのだろうが、十分見ることができた。帰途、大池湿原でクリンソウの群落を見つけた。この旅は、これで満足であった。欲張って、北川露頭も見た。次は、10月にあるという大鹿歌舞伎を身に来たいと思う。

クチコミをもっと見る<全9件>

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。