温泉トップ温泉ガイド(長野県)松本・浅間温泉・塩尻浅間温泉>クチコミ

浅間温泉のクチコミ

アサマオンセン

3.8152件)

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

温泉街風情もゆかしい、開湯千有余年を誇る松本の奥座敷

江戸時代は松本藩の御殿湯として栄えた歴史ある湯処で、今でも往時の風情と格式を感じさせる老舗旅館や、昔ながらの共同浴場が多く残り、松本の奥座敷として親しまれてきた。

住所
長野県松本市浅間温泉
交通
JR篠ノ井線松本駅前の松本バスターミナルから松本電鉄バス浅間温泉行きで20分
営業期間
通年
問い合わせ先
浅間温泉観光協会(0263-46-1800)

浅間温泉のクチコミ

ピックアップクチコミを読む

歴史的に古く、夜の温泉地を散歩するのもよし、市内まで行けば、松本城をはじめ景勝地もたくさんある。また、そばがうまい。

くらりんさん  2009/01/11

貸切露天が付いていてゆっくりお風呂に入ることができてとても良かったです。 旅館の廊下が畳敷きで素足で歩けて気持ち良かったです。

かねってぃさん  2008/10/05

浅間温泉は、しっかりした温泉街なので行けばあきません。 このごろは集客のサービスも充実していますから、結構良いかも。

ようせいさん  2008/09/27

目之湯という温泉宿は、それはそれは 歴史を感じる建物でした。おじさん2人で経営している感じで、まあ普通のおじさんでした。温泉はかなり熱いです。食事は・・・。布団はカビくさかったです。部屋は広いです。まあ 一度行って見て下さい。トイレは改装してとても綺麗でした。そこが救いでした。

kakuzouさん  2008/09/25

玉ノ湯という温泉旅館です。 食事を自由に選べて女性には量もちょうど良くできて、清潔感があっていい宿です。

星たまごさん  2008/09/22

 私の母の実家がある、長野県 松本市 浅間温泉。  実家に帰れば、共同浴場で入りたい放題の温泉三昧。湯治にはもってこいな場所です。  浅間温泉は、周囲を山に囲まれてとても落ち着ける場所です。  ここら辺一帯の山は赤松が多いところです。感の良い方はもうお分かりですね。そう、『松茸』です。  時期が来れば、天然の松茸が採れるんですよ。だからって、勝手に山に入らないようにして下さいね。犯罪ですから。  まぁ、素人が山に入ったところで、採れるのはせいぜい傘の開いて、匂いの無くなった松茸だけナンで。  周辺情報としては、国宝松本城。真っ黒なんで、カラス城なんて呼ばれてます。  次に、美ヶ原高原。ここは夏でも長袖がいるくらい寒いです。風邪引かないように、気を付けて行って下さい。    食べ物はやはり、山菜と蕎麦。更科や黒姫へ行かなくとも、美味しい蕎麦はここで十分に堪能出来ます。  あと、豆腐料理で有名なお店があります。ここは敢えてヒミツにさせて頂きましょう。って言っても、テレビ愛知の『遊びに行こっ!』で、何度となく紹介されてますけどね。一箇所くらいは、自分で探し出してみるのも、楽しみの一つですよ。

ヤークト・ティーゲルさん  2008/09/22

松本市内の北部にある温泉街です。温泉街としてはこじんまりとしていますが、宿によっては家族風呂があり、しかも追加料金なしです。

きむまささん  2008/09/21

松本市内からすぐ近くで歴史のある温泉地です。 お宿のお内儀さんの話では冬季オリンピックが開催されたころはたくさんの選手たちが合宿などに使ったそうです。わんこと一緒にお泊りで切るお宿も何軒かあり、その一つにお世話になりました。 取れたての山菜料理が飛び切りおいしく、人情厚いほんとにのんびりできる温泉地です。

padampadamさん  2008/09/20

「浅間温泉・ホテル玉ノ湯」松本方面に行った時の定宿にしています。サービスはアットホームな感じであたたかく気持ちがいいです。ロケーション的には特筆すべきものはありませんが、山里近くの温泉街で静かな環境です。最大の売りは料理で、地元の食材を生かしながらの丁寧な仕事が伺えます。味、提供方法、調理方法‥等満足できる内容です。 あと、顧客に対するアンケートの内容を現場にフィードバックさせて、改善して行こうという姿勢が伺える点に好感が持てました。

fesi0308さん  2008/09/19

松本駅から浅間温泉行バスに乗れば30分ほどでつきます。 周りはアルプスの山々が連なり、美しい緑に囲まれ思う存分自然を満喫できます。

waiwai2さん  2008/09/16

121〜130件目(全 152件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。