温泉ガイド長野県白馬・小谷倉下の湯>クチコミ

倉下の湯

クラシタノユ

4.136件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
倉下の湯

白馬塩の道温泉の湯元といわれる温泉施設。松川河川公園の近くにあり、周囲の景観が素晴らしい。屋根付き露天風呂からは雄大な八方尾根を望むことができ、爽快感たっぷり。

住所
長野県北安曇郡白馬村北城9549−8
交通
JR大糸線白馬駅からアルピコ交通八方行きバスで5分、終点下車、徒歩10分
長野自動車道安曇野ICから県道310・306号、国道147・148号、一般道を白馬・白馬大橋方面へ50km
TEL
0261-72-7989

倉下の湯のクチコミ

この温泉には春夏秋冬に年数回行きます。それぞれの季節にそれぞれの風景が見えてとても気持ちがいい温泉です。それだけでは他の温泉と変わりませんが毎回見える風景が違います。まずは一回行ってみてください。

tsunashimaさん  2009/09/15

これから冬にむけてスキーシーズンが始まります この場所はまわりに沢山のスキー場があり帰りにこの温泉に立ち寄る人がいます 中に入るとお湯は赤茶色で少し熱めです 露天風呂からは白馬連山の雪景色が見れて気分は最高です 休憩場も広くゆっくり体を休める事ができます

ランちゃんさん  2009/09/11

実家が白馬に引っ越したので、初めて里帰り(?)した時に訪れました。 純粋に日帰り温泉を楽しむだけというシンプルな造りの温泉ですが、露天風呂(でも半分だけ屋根がついている)から、雪を抱いた白馬三山を眺めながらのんびりお湯に浸かっていると、心も体も癒されます。 お湯は塩分が多く含まれているだけあって、お肌もツルンツルンになるし、冷え性の人は芯からホカホカになれます。 何といっても源泉かけ流しのお湯なので、とってもとっても気持がいいですよ。

アンナドンナさん  2009/08/31

白馬でスキーをした後に、疲れた体を癒すのは倉下の湯が一番。茶褐色の濃厚なお湯が疲れた体をいかにも癒してくれそう。 露天風呂に入りながら見る白山の景色も最高!!です。

北安曇さん  2009/08/16

新潟県の糸魚川市から長野県の塩尻市につながる「塩の道」、 昔,海にない松本地方に、生活に欠かせない塩を馬で運んだという道。 今でも昔の面影を残す小谷村から白馬村まで、夏休みに歩きました。 途中にある「倉下の湯」に入って一休み。 湯はうす茶色の天然温泉。疲れがすぐに取れてしまうような感じでした。 露天風呂からのすぐ目の前に広がる、白馬山麓の雄大な眺めに精気をいただきました!

カサブランカさん  2009/08/11

にごった茶色いお湯です。 夏に白馬へ行ったときによりました。 とっても、効能がありそう! おすすめです。

もげらさん  2009/08/04

白馬の山々を見ながら入る露天風呂は最高。 世俗を忘れさせてくれます。 お湯は褐色で塩分を多く含んだ、ナトリウム塩化物・炭酸塩素水泉でアトピー性皮膚炎にも効果が高いそうです。

こうちゃんさん  2009/07/30

冬にスキーに行く際に必ず寄るのがこの温泉。 驚きがたくさんです。 入浴量が安い ☆ 露天風呂しかなく内湯ありません ☆★ お湯が茶色で鉄分豊富 ☆★☆ お湯がしょっぱくミネラル豊富 ☆★☆★ なんと言っても源泉掛け流し ☆★☆★☆ 効能もたくさんあり、体がしんまで温まります。 そして夏に入ると、あせもやアトピーにもかなり良いです。 本当に個性的で無骨な感じがします。 好きです。 是非足を運んで下さい。

ブラボースキー屋さん  2009/07/22

白馬エリアにある倉下温泉は、出色の日帰り温泉である。 浴槽は野天風呂が一つだけだが、大部分が屋根に覆われていて、先端部分が野ざらしになっているという仕掛けである。 この先端部に浸かりながら白馬三山の雄大な山容を眺めている と、暫し浮世の憂さを忘れさせてくれる。また、少々の雨降り なら、雨に打たれながら湯に浸かっているのも風情がある。 白馬三山の最高の眺望スポットの白馬大橋がすぐ先にあり、ここからの三山の眺めは誠に見事の一語に尽きる。 入浴料は500円。

chippi1937さん  2009/07/21

暮らしたの湯は塩の強い温泉で、疲れも取れてオススメです。 夏は登山帰りに八方を眺め、冬はボード帰りに雪山を眺め、、 茶色のお湯は鉄分かなぁとお盛ったのですが、実は塩分らしいです。源泉かけ流しだったと思います。

あびおんさん  2009/07/21

1〜10件目(全 36件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。