夏の旅行予約プレゼントキャンペーン

温泉トップ温泉ガイド(山梨県)富士五湖(河口湖・山中湖)・富士吉田・富士山富士河口湖温泉郷>クチコミ

富士河口湖温泉郷のクチコミ

フジカワグチコオンセンキョウ

4.2235件)

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
富士河口湖温泉郷

富士の裾野に湧き出た、源泉が異なる5つの名湯

平成9(1997)年に誕生した温泉郷。富士山と河口湖を眺めながら、まさに日本一のその景観を目の当たりにする。富士の恵みを受けた5つの源泉を各宿泊施設に引いている。

住所
山梨県南都留郡富士河口湖町船津
交通
富士急行河口湖線河口湖駅から富士急山梨バス河口湖周遊レトロバスで19分、浅川下車すぐ
営業期間
通年
問い合わせ先
富士河口湖町観光課(0555-72-3168)

富士河口湖温泉郷のピックアップ!クチコミ

BIGLOBEが独自基準でクチコミを抽出しています。

今年のお正月、川口湖畔にあるホテルニューセンチュリーさんにお世話になりました。 急遽、ネットで探した所です。 着いた時の正直な感想は「え…」でした。 急遽決めた所だったので、こんなもんだと諦めながら部屋へ…   すると部屋は小奇麗で、畳が青々している!! テレビも亀山モデルの液晶。 そして、目の前には河口湖と富士山!! そして、アメニティグッズも、きちんと子ども用まで用意されていました。 お風呂は展望風呂と、地下の溶岩風呂。 夕方は展望風呂が女性用なので、早速お風呂へ… よく見ると、お風呂の窓も富士さんの形。 お湯は無色透明で、熱くもぬるくもなく、いい湯加減。 けして大きな浴室ではないけど、夕陽に染まる富士山を見ながらのお風呂は最高でした。 お料理は、各々が食べたい物を選べるプランにしていました。 これって他ではなかなかないプランだと思います。 そして何よりびっくりしたのが、お子様ランチの豪華さ!! 帰りには子供に風船のプレゼント。 お客が喜ぶポイントをしっかり押さえているホテルなので、気持ちよく過ごすことが出来ました。特にファミリーでのご利用がお勧めかと思います。 またお世話になりたいと思います。

ひとちゃんさん  2009/08/04

ここを選んだのは、一昨年、夫と秋に訪れたのですが、お風呂は言うまでもなくとてもよかったのですが、 景色がとてもすばらしく、山々が紅葉につつまれ、色鮮やかな絶景な景色でした。 私が行ったときは、あいにく富士山は見えなかったのですが、 もし、運よく富士山が見えてたら、もうそれは言葉では言い表せないほどでしょう。 山梨は何度も訪れています。ほうとうも大好きでいろいろなお店に行きましたが、 お店によって微妙に味が違いますが、それぞれのお店の味の工夫がなされていて、 甲乙つけがたいほど、どのお店もおいしかったです。 河口湖や山中湖周辺は、観光スポットも多いので、家族など大勢で行くと楽しめます。 子供が小さいころは、富士急ハイランドやサファリーパークなどに行きました。 あと、名前は忘れましたが、こうもりがいる洞窟もあり、ヘルメットをかぶり、 真っ暗な中、身をかがめながら歩いて進むという、冒険のスポットもあり、 大人はお風呂、景色、料理。子供はハラハラドキドキの観光スポット。 大人も子供も楽しめる温泉地であり、観光地だと思います。

ポチさん  2010/10/11

富士河口湖温泉郷、と言われてもピンとこないかも知れません。「河口湖」というだけで、周辺一帯が一大レジャーランド化していて、わざわざ温泉郷などと言わなくても、見どころが多いからでしょう。富士急ハイランドはあまりにも有名ですが、「河口湖美術館」は結構お勧めで、これまでも何度か訪れています。「アールデコ展」のときは、とくに興奮?しました。立ち寄り湯では、キッチュな感じの「温泉寺」あたりが個人的にはお勧めですが、そのほかにも立ち寄り湯も多く、選り取り見取りです。最近行ったのは2月の寒い時期でしたが、空気が澄んでいるせいか、富士山が激烈に綺麗でした(この写真ではあまりうまく取れていませんが)。なお、河口湖と富士山をセットで撮ろうとすると、撮影できるスポットは意外に限られているので、事前にチェックが必要でしょう。河口湖周辺ではイベントなども比較的多いようで、週末などには結構混雑します。とくに道路は混むとこのことなので、富士急の電車で行くのがお勧めです。ローカル線の車内から見える富士山もなかなかですよ。

遊都総研 観光部さん  2007/04/29

富士河口湖温泉郷の全クチコミを読む<全235件>

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。