温泉ガイド北海道旭川・層雲峡・滝川ピパの湯 ゆ〜りん館>クチコミ

ピパの湯 ゆ〜りん館

ピパノユユーリンカン

4.212件)

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

18サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
ピパの湯 ゆ〜りん館

イタリアの青の洞窟をイメージした洞窟露天風呂は、夜になるとライトアップで幻想的な雰囲気に。とろみのあるやや茶褐色の湯は美肌効果があり、湯上がりは肌がしっとり。

住所
北海道美唄市東明町3区
交通
JR函館本線美唄駅から市民バスアルテピアッツァ美唄行きで25分、温泉下車すぐ
道央自動車道美唄ICから道道135号、一般道を奈井江方面へ2.4km
TEL
0126-64-3800

ピパの湯 ゆ〜りん館のクチコミ

4

洞窟の露天風呂がきれいでステキ 

ヒロミさん  2018/01/04

客室風呂があります。檜の香りとガラス張りのお風呂から見える、景色にも癒されます。海や山が見えるという訳ではなく、美唄の街並みや高速道路で走る車が遠くに見えますが、高台にある施設なので、広大な中にのんびり浸かれるといいった感じです。 琉球畳の和室も広く感じ、2歳の双子を連れて泊りました。 以前は子どもが生まれる前に夫で宿泊した宿です。 料理もおいしく、特にアスパラプリンは絶品! 宿の社員さんもとても良くしていただき大満足の宿ですよ。

ひまわりママさん  2009/09/13

 洞窟の露天風呂と屋根なしの露天風呂の2種類があり、炎天下の日はもちろん洞窟の露天でゆったりと入れます。山の上の方に位置しているため、下の方には北海道の大自然が広がっています。広々とした露天風呂に入ると身も心も癒されます。  この温泉のもう一つの魅力は、なんと言っても泉質にあり!お湯はつるつる、にゅるにゅるで、お肌がつるつるになってしっとり!  旭川から高速に乗って約1時間半。少し遠いので毎週という訳にはいきませんが、今は高速料金も週末は1000円なのでかなり行きやすくなりました。  新しいので、施設内もとてもきれいだし、裸足で歩いていてもカーペットが気持ち良い!  おなかが空いたら、自販機で食券を買ってお手軽にランチもできます。味もなかなか美味しいです!  近くにあったら間違いなく週に2〜3回は行きたいと思うくらい気に入ってます!  

りえちんさん  2009/09/10

旭山動物園の観覧帰りに寄ったが、一見してスーパー銭湯の豪華なヤツかと思いきや、意外に豪華なインテリアに設備でビックリ。しかも露天風呂には「青の洞窟」を模したイタリア風の洞窟風呂があって、これがなかなか特異で面白い。なによりお湯がよく、すこしトロっとした感じの湯質が肌に絡んでなめらかにしてくれる気がする。湯上がりは気分爽快で、もう一度訪ねたくなる温泉だ。

ジャズ野郎さん  2009/07/21

美唄市にある「ピパの湯 ゆーりん館」という温泉施設。 安くて、きれいで、いいお湯でした。 ライトアップも幻想的で、 雪の温泉はこの世のものとは思えない美しさでした。

ビバビバさん  2009/07/21

お湯がとにかく いいです。 入ったとたん わかりますが、 肌がつるつるになります。 露天風呂が 洞窟型になっていて 青くライトアップされます。 日帰り入浴も出来ますし 宿泊施設もあるのです。 ここの お湯は 今まで入った中で 一番いいお湯だったっともいます。 日帰り入浴は 600円です。

ぴいさん  2009/02/16

温泉は内風呂が3つと露天風呂が2つ。 露天風呂の1つは洞窟風呂になっていて、夜は青くライトアップされます。 少しとろみがあって肌がつるつるになる、とっても気持ちのいい温泉でした。 食事もとても美味しく、従業員の方々もとても感じが良かったです。 晴れている日には露天風呂からきれいな夕日が見えますよ!

黒白ねこさん  2009/02/16

露天風呂に洞窟温泉って言うのがあるんですが最初は「どーかな?」と思ったんですが 雪が降っても自分たちの所まで入ってこなくて、それでも開放感があるのでいい感じです

のんびり屋さん  2009/02/10

実家がすぐそばなので北海道に行った時はかならず訪れます。 山の上にあるので露天風呂は気持ちがいいです。

ゆきくみさん  2008/09/30

仕事場で雨に濡れたので、近くの温泉に行ってきました。 地元では人気のお風呂だそうです。 小高い丘の上に立っているので、美唄の街並みの夜景がきれいでした。

kintaさん  2008/09/26

1〜10件目(全 12件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。