温泉トップ温泉ガイド(群馬県)草津・白根尻焼温泉>クチコミ

尻焼温泉のクチコミ

シリヤキオンセン

3.167件)

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

渓谷が美しい名湯が点在する温泉地

渓谷の景色が美しい中之条町六合地域にたたずむ温泉地。平家の落人が発見したと伝えられる尻焼温泉。川床より湧き出る源泉でお尻が焼けるように熱かったため、この名がついた。

住所
群馬県吾妻郡中之条町入山
交通
JR吾妻線長野原草津口駅から中之条町営バス花敷温泉・野反湖行きで35分、花敷温泉下車、徒歩10分
営業期間
通年
問い合わせ先
中之条町六合支所 六合経済産業グループ(0279-95-3111)

尻焼温泉のクチコミ

ピックアップクチコミを読む

川に堰をつくったプールのような温泉です。 川底から温泉が噴き出している所は熱く逆上せてしまいます。 水着で入っている人がほとんどですが、着替えるところは無く、当然、自然の川なので増水時に入浴することは出来ません。 源泉風呂と言う小さな掘っ建て小屋があり温泉が沸いていますが、ゆっくりの入浴出来るような物ではありませんので温泉に入るには立ち寄りより一泊した方が良いと思います。 温泉は川そのものなので苔などで足元の石がぬるぬるして滑ります。 わたしもスッテンと転んでしまい、危なく頭を打つところでした。 入浴の時は気をつけましょう。 夜間は、真っ暗なので懐中電灯が必要ですが真っ暗な中の温泉から見る星空は最高でした。

hdmkmさん  2008/09/11

言わずと知れた尻焼温泉。何気なしにひょろっと立ち寄りその場でザブ〜ン。一見冷たい川の流れに躊躇するが、 中はあったか。このギャップがたまらない。

赤城さん  2008/09/09

尻焼温泉は長笹川の川底から湧き出す温泉で、その広さで有名である。 川の上下に堰をつくりお湯がたまるようになっている。 着替える場所がないのが残念だが、水着を着て川遊びをしながら温泉に浸かれるので子供連れには楽しい温泉である。 緑に囲まれて川に入って温泉に入れるのは楽しくて気分がいいものである。 行き方は、関越自動車道渋川伊香保ICから国道353号線で中之条へ、中之条から国道145号線で長野原へ、長野原から国道292号線、国道405号線六合村へ着く。県道37号線に入って長笹川の橋を渡ってすぐ。 露天風呂の近くには駐車場はない。橋の手前の道路脇が駐車可能。

ひまさん  2008/09/08

とにかくタオル一つもって行ってみるべし! 開放感があって、気持ちいいです。混浴なので、女性は水着持参の方が安心かも。無料です。車でGO!

bon-troさん  2008/09/08

今年の夏休みのある休日、川が温泉と噂を聞いて家族5人で水着持参で群馬県にイザ出発。 カーナビを頼りに到着、橋が見えると鄙びた温泉宿が2軒。橋から川上を見ると堰堤下に 中年親父がタオル一枚で○○玉をぶらぶらと我が物顔で独占状態。 家族で水着を着て川遊びと言う雰囲気で無く残念ですが退散・・・・。 勇気の有る方は体験してみては如何でしょうか。 しかたなく六合村の赤岩温泉(長英の隠れ湯)に入って帰ることにしました。建物は新しく 料金も400円と家計にも優しく気持ち良かったです。 六合村にはそのほかに多くの温泉が有るので草津も良いけどたまには秘湯を探してみては 如何でしょうか!

hama-hamaさん  2007/11/06

時々、テレビの温泉番組でも出てくるので有名ですが、アクセスが大変なのと、近くに草津や四万などの有名な温泉地がるので、そんなに込んでいる事はなさそうです。川底から温泉が湧いているので、川全体がドーンと湯船の様なもの。ただ、場所によって温度差があるので、熱くなってきたら、湧き出し口から離れるとか、川の流れの速いほうに行けばいいので長時間浸かっていても疲れません。四季折々に周りの景観が変わるので何度か訪れたいです。車の人は少し奥までいくと、野反湖という湖がありとても景色がいいので是非立ち寄ってみてください。

esteoesteさん  2007/08/08

ひたすら、細く険しい山道を登ること30分近く。温泉があった。それはとても小さな温泉街で、数件の宿が立っているだけの寂しいところであった。その温泉についてビックリ!川の中に裸の人が、数人入っている。川遊びで入っているわけではなさそうだ。温泉になっているのだ。川そのものが。是非、皆に一度は入ってみてもらいたいとおもう。

dadatoruさん  2007/06/19

61〜67件目(全 67件中)

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。