とにかく空気が美味しい!

塩江温泉郷シオノエオンセンキョウ

★★★★★
★★★★★
3.6 (131件)
塩江温泉郷

ゆったりとした雰囲気の温泉地

天平年間(729~749年)、行基が開湯し弘法大師が広めたいわれをもつ。冷鉱泉だが硫黄分が多く、神経痛・リウマチに効果があると評判。自然環境に恵まれ、「高松の奥座敷」とも称される。「行基の湯」をはじめ、日帰り入浴できる施設が7ヶ所ある。

塩江温泉郷
塩江温泉郷
塩江温泉郷

アクセス

基本情報

住所 香川県高松市塩江町
交通 JR高松駅からことでんバス塩江行きで1時間、塩江下車すぐ、ほか
営業時間 通年
問い合わせ 塩江温泉観光協会(087-893-0148)

泉質

お湯の泉質 硫黄泉(単純硫黄泉(硫化水素型))
源泉の数 5
お湯の色 無色透明
お湯のにおい ほのかな硫黄臭
源泉の飲泉 できません(無味)
源泉のpH値 弱アルカリ性
源泉の温度 約19度

塩江温泉郷で人気の旅館・ホテル

塩江温泉郷に訪れた方の感想

街から離れ少し山奥にある温泉。自然の中にあるためまわりの川の水流の音、鳥の鳴き声が聞こえるとても空気の綺麗な場所です。近くに牧場もあり、塩江のソフトクリームはとても濃厚で最高です。夏にはほたる祭りや花火もあります。かわいいカフェもあり大人から子どもまで自然を楽しめるところです。普段は人も少ない為ゆっくり過ごせリフレッシュできます。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。