散策でリフレッシュできる

蔦温泉ツタオンセン

★★★★★
★★★★★
5.0 (230件)
蔦温泉

南八甲田連峰・赤倉岳の東麓。文豪・大町桂月が愛した温泉

文豪の大町桂月が愛した温泉で、ここが終焉の地になったことでも知られる。温泉のそばには蔦七沼と呼ばれる大小7つの小沼があり、遊歩道でトレッキングも楽しめる。

蔦温泉
蔦温泉
蔦温泉

アクセス

基本情報

住所 青森県十和田市奥瀬蔦野湯1
交通 JR青森駅からJRバス十和田湖行きで1時間45分、蔦温泉下車すぐ
営業時間 通年
問い合わせ 蔦温泉旅館(0176-74-2311)

泉質

お湯の泉質 その他(ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)
源泉の数 3
お湯の色 無色透明
お湯のにおい (ほのかな硫酸臭)
源泉の飲泉 できません
源泉のpH値 7中性
源泉の温度 42~47度

蔦温泉に訪れた方の感想

緑の生い茂った山の中にこの蔦温泉はありました。 入り口入るとすごく伝統を感じる旅館が建っていて、それは木造のすばらしい日本建築でした。 でもあまりにも良くできていて洋風の家に住み慣れた私にとってはある種「異国」のような感覚を覚えました。 和風に住まれている方ならもちろんその細部の良さも感じ取れるし、私のように洋風に慣れてしまった人も別の世界にトリップしたような体験がきっとできると思います。 お風呂は内風呂がメインで、木材で囲まれた素朴ながらとても落ち着く空間でありました。 湯船の底からお湯が湧いていて、ほんとに自然に触れ合ってる感覚がします。 そして窓から見える景色はもちろん自然にあふれていて周りにはブナ林の風景が広がっていました。 そして個人的に気になったトイレなんですが綺麗な造りになっていました。趣があって全体の建物の佇まいに違和感を与えない形になっています。 本館の方は男女共用だったんですが、西館や浴室棟の方には男女別でもあるそうです。 料金は大体9,000円から27,000円くらいで、シーズンによっても変動するみたいです。 詳しくは蔦温泉のHPで確認してください。では良い旅を。。。

免責事項
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。