温泉トップ > 特集 > 2019年新規オープンのオーベルジュ 〜泊まれるレストラン 波太オルビス〜(千葉県・鴨川)

温泉トップ > 特集 > 2019年新規オープンのオーベルジュ 〜泊まれるレストラン 波太オルビス〜(千葉県・鴨川)

2019年新規オープンのオーベルジュ 〜泊まれるレストラン 波太オルビス〜(千葉県・鴨川)

■checkポイント■
 ≫≫≫ 30秒で海に出られる
 ≫≫≫ 夕食は父と息子の和洋コラボ
 ≫≫≫ 地元の食材を豊富に使用
 ≫≫≫ 味噌も醤油も手づくりでヘルシー

オススメしたい方
 【夫婦、カップル、一人旅】

「オーベルジュ」という宿泊形態をご存知でしょうか?
日本ではあまり馴染みのないものかもしれませんが、ヨーロッパでは割と一般的な、郊外にある宿泊施設を備えたレストランのことです。

千葉・鴨川に2019年11月オープンの「泊まれるレストラン 波太(なぶと)オルビス」に一足先に行ってきました。


プレオープン中の「波太オルビス」 《写真:野添ちかこ》
31年間、鴨川・小湊の国道沿いで寿司屋を営んできた上村恵司さんご夫妻が、満を持してオープンしました。

メインストリートから一歩中に入った波太海岸は、釣り客がちらほらいるくらいの非常に静かな海岸。大正時代には、「西の波切に東の波太」と言われて西洋画家たちに注目される写生地だったといいます。


「波太オルビス」から眺める波太海岸 《写真:野添ちかこ》
オルビスの立つ場所は、元造船所だったところ。
右手には仁右衛門島が、左手には鴨川松島といわれる大小7つの島々が浮かぶ風光明媚な場所です。

「オルビスとは、『天体、天球、星』という意味。周辺に明かりが少ないので、星や天の川がきれいに見えます。さらにオルビスには『輪、円環』という意味もあるので、縁と縁をつないでいくという意味も込めてこの名前にしました」と話すのは、上村夫妻のご長男でシェフの上村航平さん。ニューオータニで洋食の料理人として修業し、オルビス開業とともに鴨川に戻ってきました。

地元食材を使った父と息子の和洋コラボ

この宿の特徴の一つは地元の食材にこだわった料理です。
東京の江戸前寿司店で修行し、鴨川の寿司店を30年以上切り盛りしてきた大将と、都心のホテルで修業したシェフ(航平さん)による和洋のコラボレーション。
クラフトビールや房総の地酒を楽しみながら、コース料理をいただきます。


大将の上村恵司さん(右)とシェフの航平さん(左) 《写真提供:波太オルビス》
鴨川で獲れた伊勢海老や生マグロの中トロ、高梨牧場の上総和牛、勝浦なるかポークなど地元の食材が味わえます。生のマグロは、千葉県の銚子・勝浦は、和歌山に次ぐ水揚げ量を誇るそうですよ。


大将が出す舟盛り。伊勢海老、方々、生マグロの中トロなど全て房総の地物 《写真:野添ちかこ》
アミューズは航平シェフによる「洋」のお皿。
「七里豆」は、「豆を煎ると七里先まで香りが届く」という言い伝えのある幻の枝豆。甘味があって芳潤な味わいをタルトでいただきます。サツマイモの新品種「シルクスイート」はニョッキで出されます。

前菜は、庭で獲れた天然のみかんを器にした、房州名物のなめろう。
平政は自家製味噌でふっくら味噌焼きに。
酢〆鰯は、本来は寿司屋のまかないとして出していたそうですが、びっくりするくらいおいしくて、お酒がどんどん進みます。


大将による前菜 《写真:野添ちかこ》
次に出てきたのは、航平シェフによる伊勢海老のブイヤベース。
濃厚な出汁を楽しんでもらうよう、スープ仕立てになっています。


スープみたいなブイヤベース 《写真:野添ちかこ》
メインは、上総和牛のローストと、
大将が目の前で握ってくれる握り寿司。


上総和牛のロースト 《写真:野添ちかこ》

大将が目の前で握ってくれるお寿司 《写真:野添ちかこ》
みそや醤油などは全て手作りで、出汁は野菜からとったベジブロス。
「化学調味料は使わず、体に染み込むようなやさしい味わいを目指しています」と航平シェフ。

3室だけの宿ならではの極上サービス。仲の良いご家族の家に招かれ、素晴らしい食材でおもてなしを受けている。そんな錯覚を受けました。

アメニティまできめ細やかな居心地のいい客室

「オーベルジュ」というと、宿泊施設はおまけのような施設が多いですが、ここは建物を一から新築し、内装にもこだわっています。

レストランの先、宿泊者専用エリアに3室が用意されています。


イメージカラーで統一されたセンスのいい客室《写真:野添ちかこ》
廊下の窓は、本物の船についていたというアンティークの窓。骨董好きの大将が浅草の骨董屋さんで買ってきたというコレクションです。

蚤の市や骨董市が好きな大将。
「船をイメージした宿をつくりたいんだ」と骨董屋さんに伝えたところ、倉庫の奥から出してきてくれたそうです。おそらく、横浜あたりの船のものではないか、とのこと。

客室はシンプルで、ベッドサイドのライトや電灯のスイッチも船の中をイメージしたシックなものでまとめています。


本物の船で使われていた廊下の窓や、居心地がよくなるアメニティの数々《写真:野添ちかこ》
フワフワのタオルは今治タオル。
ドライヤーは、美容師をしているシェフの妹さんが推薦するプロ御用達。
シャンプーやコンディショナー、ボディソープに至るまでいいものをセレクトしていて、非常に居心地のよい滞在ができます。

真っ白いバスタブはヨーロッパ製で、海景を眺めることができて、気持ちがいい! 温泉ではありませんが、シャワージェルを入れてリッチなバスタイムを過ごせます。


真っ白なバスタブがラグジュアリー気分を高めてくれます 《写真:野添ちかこ》
ベッドはマットの上にムアツマットレスパッドを重ねたベッド。
「腰が痛くて仰向けに寝られなかったお客様から『朝までぐっすり眠れた』という感想をいただいたり、好評」だそうです。

翌朝、いつもより早く目が覚めました。窓に目をやると、太平洋から昇る朝日が見えました。そう、ここは朝日が望める宿なんです。


客室から日の出が眺められます《写真:野添ちかこ》
身支度をして、浜辺に出ると、釣り人が2人、海に糸を垂れていました。静かな漁村の風景。聴こえるのはただ波の音ばかり。寄せては返す波音を聴きながら、浜辺を散歩する時間はなんて贅沢なのでしょう。

海風を感じて、波音を聴くだけでも海洋療法(タラソテラピー)の効果があると聞いたことがありますが、朝のほんの20分くらい海辺を散歩しただけで、日頃のストレスがスパッと抜けて、元気が蘇ってきたような気がします。


青い海が眺められるレストラン《写真:野添ちかこ》
レストランには、フレッシュジュースや自家製ハム、焼き立てパンの朝食が待っています。
波の音をB G Mに、贅沢な朝食の時間です。


朝食は洋食《写真:野添ちかこ》
1泊2日の贅沢なリセット。
海のオーベルジュで素敵なひと時を過ごしませんか?

泊まれるレストラン 波太オルビス

  • 千葉県鴨川市太海9-8
  • 全3室
  • 1泊2食 22,500円(消費税・入湯税別)〜
  • IN 16時/OUT 10時


写真と文・野添ちかこ(温泉と宿のライター/旅行作家)

※ 情報は取材時のものです。掲載の情報内容でのサービス提供を保証するものではありません。
サービスの仕様上、リンク先の各予約サイトの掲載内容(プラン内容、料金、空室情報、施設情報等)と一致しない場合があります。ご予約の前に必ず各予約サイトで内容をご確認ください。

新着おすすめ情報

第12回 BIGLOBE 温泉大賞 投票開始

【投票開始】温泉ナンバー1が決まる!

1泊2食付き1万円以下プランのある宿

1泊2食付 予算1万円以下のプランがある口コミ4つ星以上の宿

温泉利用型健康増進施設

温泉に入って健康になれてさらに税金が返ってくる制度!そんな制度があることをご存知でしょうか?

国民保養温泉地

温泉利用の効果が十分期待されると環境省が指定した温泉地を訪れてみませんか?

温泉テーマパーク特集

たくさんの種類の温泉でおもいっきり遊んだあとは、そのまま泊まれる施設もいっぱい!

特選 訪れたい湯宿

独自取材!厳選された約600軒のおすすめ宿

厳選ひとり温泉旅

一人旅におすすめ!お一人様プランのある温泉旅館・ホテル

部屋食プランのある宿

部屋食プランのある口コミ4つ星以上の宿

露天風呂付客室のある宿

露天風呂付客室のある口コミ4つ星以上の宿

貸切風呂のある宿

貸切風呂のある口コミ4つ星以上の宿