大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣
おおえどおんせんものがたりなるこおんせん
★★★★★
★★★★★
3.97(1,424件)クチコミ:楽天トラベル | じゃらん

楚々とした風情あふれる安らぎの黒い湯の花が舞う源泉の宿

楽天トラベル最安値7,140円/人

こけし実演で鳴子独自の首入れ技法を観る

独自の首入れ技法により首がキュッキュッと鳴る鳴子こけしは、鳴子土産に欠かせない一品。この製作実演が、1階ロビーの一角で毎夜7時半から楽しめる。工人は、伝統こけしの製造元である「こけしの菅原屋」から、腕に覚えのある23人が日替わりで出張してくれる。この日は、菅原屋の二代目・菅原昌秀さんが出演。ロクロ挽き、摩擦を利用した首入れ、絵付けなど、熱心に見学していた宿泊客もその鮮やかな手さばきに感心しきりだった。

夜毎ロビーの一角で行われるこけし実演

明治4(1871)年に記された「車湯の記」

宿の地名でもある“車湯”は、昔から質のよい温泉が湧くことで知られる。それを記した「車湯の記」(銅版)が、6階大浴場入口に掲げられている。曰く『陸奥の国玉造郡啼子村の内なる車の温泉ハ 往昔より世に名高き霊泉なり・・』。これが記されたのが明治四辛未歳九月。140年前にはすでに、“往昔(むかし)より世に名高い湯”として賞賛されていたのだ。源泉100%の重曹泉は、現在も独特の黒い湯の花が舞う希少な名湯として珍重されている。

壁一面の銅版が目を引く大浴場入口

女将・スタッフから一言

無味無臭、季節により青みを帯びた色に変化したり、そのときどきで湯色を楽しめる当館では、黒い湯の花が舞う希少な泉質が自慢。まじりけなしの源泉100%かけ流しの贅沢を存分にお楽しみください。

※本サービスは宿泊情報の比較サービスです。掲載の情報内容でのサービス提供を保証するものではありません。サービスの仕様上、リンク先の各予約サイトの掲載内容(プラン内容、料金、空室情報、施設情報等)と一致しない場合があります。ご予約の前に必ず各予約サイトで内容をご確認ください。

※宿泊プランにより対応できるサービス範囲やご利用いただける設備等が異なることがあります。ご予約の前に必ず各予約サイトで内容をご確認ください。

空室通知を受け取りたい宿泊プランの条件を教えてください

宿泊日 (必須)

< 2018年8月 >
1
2
人(1室あたり)
※お子様も1人として設定してください

部屋

たばこ

食事

こだわり条件を指定

旅行会社を指定

  • 全選択
  • 全解除

プラン名で絞り込み

予算(1泊1人あたり)

売切れたプラン数
グラフの無い価格帯は空室が出ない可能性が高いです。
旅行会社を1つ以上選択してください。
通知設定には宿泊日を指定する必要があります。
今すぐ予約できる宿泊プランがあります。
プランを表示しないで通知設定もできます。
ご希望の条件では、プランが見つからない可能性が高いです。
通知リクエストは10件までです。
新規登録には通知の削除が必要です。
次の確認メッセージで通知の許可をお願いします
この通知はいつでも解除できます。
通知設定が完了しました
この通知はいつでも解除できます。
通知設定が完了しました
登録は10件までです。新たな登録には設定の削除が必要です。