お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE

サイトマップお問い合わせ不具合・要望

アンケート実施中!ぜひご協力ください。


BIGLOBE旅行 > 特集 > はしご湯紀行 南アルプス山麓の露天風呂めぐり

温泉ライター・飯出敏夫の1泊2日首都圏からドライブで行く「癒しの名湯・秘湯はしご湯紀行」第1回:南アルプス山麓の露天風呂めぐり

1日目
2日目
今回のはしご湯情報

4:西山温泉・元湯蓬莱館へ

昔ながらの自炊湯治も体験でき、
心地いいお湯がある

奈良田温泉の3km手前にあるこの温泉は、適温の湯が自噴する温泉としては山梨県唯一。温泉の発見は1300年前といわれる名湯である。現在、宿は高級旅館の慶雲館と、いまでも自炊湯治客を受け入れている元湯蓬莱館の2軒のみ。ひなびた温泉宿や湯船が好みの私としては、当然、元湯蓬莱館に足が向く。
元湯蓬莱館の湯船はめずらしい五葉松造りで、温度差のついた3つの湯船に仕切られている。夜には女性専用時間も設けているそうだが、昼間は混浴である。年季の入った総木造りの湯船とややぬるめの湯が心地よく、つい長湯してしまう。しばらく独占していたが、夫婦連れの湯治客が現れたのを機に、名残惜しく切り上げる。昭和63年の分析書ではナトリウム・カルシウム‐硫酸塩・塩化物泉、41・3度とあるが、平成19年8月の分析書では単純温泉、33・9度とあった。「近くで新源泉がボーリングされたので湯が変質して、湯量も減ってしまったのよ」、と話してくれた女将さんは悲しそうだった。

元湯蓬莱館の風情ある大浴場。五葉松造りの湯船で混浴

元湯蓬莱館の風情ある大浴場。五葉松造りの湯船で混浴

歴史を感じさせる元湯蓬莱館のエントランス

歴史を感じさせる元湯蓬莱館のエントランス

ページTOPへ

5:西山温泉・湯島の湯へ

買い物も楽しめる
日帰り温泉施設に立ち寄る

西山温泉のさらに2km余り下流の街道沿いに、平成17年8月にオープンした日帰り温泉施設「湯島の湯」がある。独自にボーリングした湯だが、元湯蓬莱館のいう新源泉はここのことではないので念のため。どうしてここも西山温泉を名乗っているのかというと、この一帯がかつては西山村だったことからの命名なのだとか。
ここの湯もいい。泉質はナトリウム‐硫酸塩・塩化物泉で、源泉温度47度。毎分256リットルも湧出しているので、男女それぞれにある総檜造りと岩をくりぬいた露天の湯船に源泉掛け流しだ。湯口では飲泉もできる。この手の日帰り温泉施設の湯の使い方としては出色である。昼間は休憩所にも使われるコテージが3棟あり、自炊用器具完備で宿泊も可能だ。入口には特産物直売所があり、地場産品のみやげ探しも楽しい。


西山温泉 湯島の湯の情報

湯島の湯には岩をくりぬいた湯船と総檜造りの露天風呂がある

湯島の湯には岩をくりぬいた湯船と総檜造りの露天風呂がある

こちらはもう一方の露天岩風呂。日替わりで男女交替制だ

こちらはもう一方の露天岩風呂。日替わりで男女交替制だ

南アルプス街道沿いにあるので、ドライブの途中に立ち寄るのにも便利

南アルプス街道沿いにあるので、ドライブの途中に立ち寄るのにも便利

ページTOPへ

6:「つくたべかん」へ

 郷土料理の「みみ」を味わう

国道52号に戻り、韮崎方面へ向かって11kmほど走ると、十石入口の交差点がある。ここを左折して、山間部へ入る。集落がとぎれてしばらく山道を走ると、背後に富士山が美しい姿を見せてくれる。と、突然のように、十谷の大きな集落が現れる。なんでこんな山奥にこんなに家があるんだ、と思うくらい唐突な印象である。戸数は100軒近くもあるというが、山の斜面に建ち並ぶ集落の眺めは本当に美しい。
この集落の中にある「つくたべかん」は、十谷集落で昔から作られてきた郷土料理「みみ」の伝承を目的に「つくって、たべて、かんじて」ほしいという願いから命名された施設。「みみ」とは小麦粉をこねて箕型にしたものを煮干しと野菜とともに煮込み、味噌で仕上げた素朴な料理で、箕にいっぱい穀物が採れますようにと豊作を祈願して正月に食べた縁起ものだという。食事処で味わえる(1杯630円)ほか、体験料理教室も開かれている。

山中に忽然と現れる十谷集落の美しい山里風景

山中に忽然と現れる十谷集落の美しい山里風景

「つくたべかん」で味わえる十谷集落に伝わる郷土料理「みみ」

「つくたべかん」で味わえる十谷集落に伝わる郷土料理「みみ」

滝壺近くまで行ける大柳川渓谷遊歩道のハイライト「天渕(あまんぶち)の滝」

滝壺近くまで行ける大柳川渓谷遊歩道のハイライト「天渕(あまんぶち)の滝」

ページTOPへ

7:十谷上湯温泉・源氏の湯へ

渓流の瀬音を聞きながら、大自然の中で露天風呂を満喫

十谷温泉には旅館2軒と民宿1軒の宿があるが、このうちの最奥にある1軒が先に訪ねた奈良田温泉・白根館の別館となったのを機会に、平成19年11月から「十谷上湯温泉・源氏の湯」と改称して営業を再開した宿である。外来入浴も17時までと比較的長いので、ここで今回の旅のしめくくりの湯を存分に楽しんでから帰途につくことにした。
十谷集落からさらに1kmほど奥、大柳川の渓谷沿いに建ち、吊橋を渡った対岸にある「渓流野天風呂」がすばらしい。その脇にある巨岩下の半洞窟内に造られた源泉風呂「かじかの大岩風呂」や、館内2ヶ所のいずれかの大浴場も外来入浴が楽しめる。「渓流野天風呂」はまさに大自然のなかの野趣に富んだ造りで、渓流の瀬音をBGMに山を眺めながら、この旅の締めくくりの湯を満喫した。泉質はカルシウム・ナトリウム‐塩化物泉で、源泉温度31・3度。内湯にも源泉風呂があって交互浴が楽しめるが、秋から春にかけての入浴はちょっと勇気がいるかもしれない。なお、十谷集落から大柳川渓谷沿いに、滝や渓谷、吊橋を楽しみながら「源氏の湯」まで1時間ほどで歩ける探勝路が整備されているので、これを歩いてみるのもおすすめである。


十谷上湯温泉・源氏の湯の詳細・宿泊プラン

十谷集落の1kmほど上流部にある十谷上湯温泉・源氏の湯

十谷集落の1kmほど上流部にある十谷上湯温泉・源氏の湯

十谷上湯温泉・源氏の湯の名物風呂「渓流野天風呂」

十谷上湯温泉・源氏の湯の名物風呂「渓流野天風呂」

「渓流野天風呂」脇にある巨岩の下にある源泉風呂「かじかの大岩風呂」

「渓流野天風呂」脇にある巨岩の下にある源泉風呂「かじかの大岩風呂」

「渓流露天風呂」にはこの吊橋を渡っていく

「渓流露天風呂」にはこの吊橋を渡っていく

館内1階にある内湯「ぶんぶく風呂」

館内1階にある内湯「ぶんぶく風呂」

館内2階にある内湯「ながめ風呂」。宿泊すれば両方に入れる

館内2階にある内湯「ながめ風呂」。宿泊すれば両方に入れる

ページTOPへ
前の頁
次の頁
1日目
2日目
今回のはしご湯情報
第2回 乗鞍山麓・奥飛騨に雪景色を求めて
温泉宿探すならBIGLOBE温泉!!
第10回 みんなで選ぶ 温泉大賞 海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス

海外ホテル予約・バーゲン情報

エクスペディア

エクスペディア お得な海外ホテル バーゲンセールや直前割引の
情報が満載

宿・ホテル比較&検索

宿泊日:

人数:

名 ×

エリア:

>

こだわり:

温泉 露天風呂 駐車場

大手旅行会社19サイトの宿泊プランを一括比較

楽天トラベル じゃらんnet JTB るるぶトラベル 一休.com 近畿日本ツーリスト Relux 阪急交通社 名鉄観光

など計19サイト