お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE BIGLOBE夏フェス2017

サイトマップお問い合わせ不具合・要望


坂本龍馬ゆかりの地 長崎エリア

坂本龍馬ゆかりの旅特集

ゆかりの地・長崎エリア一覧

長崎エリア

長崎は、高知と並んで龍馬にとっては縁の深い土地である。龍馬が勝海舟と共に初めて訪れた元治元年(1864年)当時の長崎は、英米など諸外国の文化や情報にあふれ、龍馬に大いに刺激を与えた。龍馬はここ長崎で亀山社中を設立し、英国人グラバーらとの間で貿易を行っている。有名な立ち姿の写真が撮られたのも長崎だった。また敵対関係にあった土佐藩の後藤象二郎と長崎で面会し、意気投合、長崎から共に船に乗って江戸に向かうのだが、そこで作られたのが「船中八策」だ。後藤の仲間である岩崎弥太郎は、長崎での龍馬の動きに影響され、海運業に注目し、三菱商会を設立している。それだけに長崎は、亀山社中跡龍馬ぶーつ像など高知に劣らぬほど、龍馬関連の史跡・施設が多数あり、全国から大勢の龍馬ファンが訪れている。特に、今年は地元出身の福山雅治がNHK大河ドラマ『龍馬伝』で龍馬を演じるとあって、長崎は多いに盛り上がっている。

長崎県長崎市風頭町 風頭公園の坂本龍馬像

長崎県長崎市風頭町 風頭公園の坂本龍馬像

 

ゆかりの地

坂本龍馬之像(風頭公園)

坂本龍馬ゆかりの地

 
坂本龍馬之像(風頭公園)

風頭公園の展望台に建つ龍馬像。

龍馬ぶーつ像

坂本龍馬ゆかりの地

 
龍馬ぶーつ像

寺町通から亀山社中跡を抜けて風頭公園まで続く龍馬通りを歩くと、龍馬のぶーつ像がある。

 

亀山社中跡

坂本龍馬ゆかりの地

 
亀山社中跡

龍馬が設立した日本初の商社である亀山社中があった場所に建つ記念碑。

史跡料亭花月

坂本龍馬ゆかりの地

 
史跡料亭花月

江戸・吉原、京都の島原と並び称されたほど栄えた長崎・丸山の地に建つ創業360年の名門料亭。

 

三菱重工業長崎造船所史料館

岩崎弥太郎ゆかりの地

 
三菱重工業長崎造船所史料館

三菱の創始者・岩崎弥太郎は、土佐藩が長崎に開いた土佐商会の主任として龍馬と交流したことから海運業を志したと言われている。

長崎歴史文化博物館

西郷隆盛ゆかりの地

 
長崎歴史文化博物館

西郷隆盛は陸軍大将だった明治5年6月、明治天皇に随行して長崎を訪れているが、その時の記念碑(明治天皇皇臨幸之址)が長崎歴史文化博物館の敷地内に建っている。

 

龍馬ゆかりの碑と広場

坂本龍馬ゆかりの地

 
龍馬ゆかりの碑と広場

五島列島で2番目に大きな中通島の新上五島町にも坂本龍馬ゆかりの場所がある。

 
 

ゆかりの宿

矢太樓
矢太樓(長崎県長崎市風頭町2-1)
長崎風頭公園の坂本龍馬像にもっとも近くにある旅館。
亀山社中、龍馬のぶーつ像など長崎の龍馬ゆかりのスポットはほとんど徒歩圏内にあり、ここからスタートするオリジナルの「龍馬散策コース」も用意されている。風頭山頂にあるので、長崎市内を一望でき、特に夜は1000万ドルの夜景を堪能できる。夜の長崎の町を見ながら展望風呂に入り、龍馬のことを思うのはまた一興。料理も、ふぐ、あわびなど近海の幸、まつたけや和牛などを豊富に使った会席料理や長崎名物卓袱料理が用意され、贅沢気分を味わえる。和風の本館と洋風の南館があり、好みによって選べる。
 
 
ホテル南風樓
ホテル南風樓(長崎県島原市弁天町2-7331-1)
坂本龍馬が勝海舟に随行して初めて長崎を訪れた時、熊本から船に乗り島原に上陸し、陸路長崎へ向かっている。
そのため島原には、龍馬が上陸した際に船から上がった階段、龍馬と勝が食事をした「城下本陣 中村家別当」跡、龍馬らが喉を潤した殿様井戸など龍馬ゆかりの地が残っている。こうした「島原における龍馬ゆかりの地」散策にぴったりの宿が南風樓だ。ゆかりの地のほとんどに歩いて行ける場所にあり、駅の近くでもあり、島原観光の拠点としても便利。島原特産のとらふぐ、あわび、特選牛など豪華食材を使った料理も贅沢なことこの上ない。島原唯一の「掛け流し海見露天風呂」もおすすめ。
 
 
 
 
情報提供:イベントバンク
※情報は取材時のものです。お出かけ前に最新情報をご確認ください。
※このページ内の記事・画像の無断転載複写することを禁じます。