温泉トップ > 温泉に泊まる > 雲仙温泉 > 新湯ホテル

新湯ホテル

新湯ホテル

4種類の源泉を持ち充実した温泉エステは女性に大人気

源泉掛け流しにごり湯露天風呂付客室貸切露天風呂

新湯ホテル|少しずつ異なる4つの源泉に入れる館内湯めぐりの宿

新湯ホテル 写真男性露天風呂「満月庵」

多くの源泉がある雲仙温泉の中でも、自家源泉を4つも持っている宿は珍しい。第1源泉は、貸し切り利用できる「まどか」で100%掛け流しで使われ、第2源泉は、サウナやアロマ湯などがある「りざれ」で濾過使用、第3源泉は、露天風呂もある地下大浴場で、第4源泉は露天風呂付き客室「月庭」でそれぞれ源泉掛け流しで使われている。泉質は同じ硫黄泉だが、成分はそれぞれ異なっているので、館内にいながらにして様々なタイプの湯に入ることができる。硫黄成分が多い雲仙温泉らしい湯を存分に楽しみたい。

新湯ホテル|温泉入浴と一緒にできるエステが女性に人気

新湯ホテル 写真新湯ホテルの源泉から作られる乳液「女将のほほえみ」

温泉でリラックスしたあとの過ごし方として女性に人気なのは、やはりエステ。大浴場「りざれ」の脱衣場に隣接したエステルーム「りざれ」では、温泉の熱で血行が良くなり、毛穴も広がった状態で、天然温泉水を加えたオリジナルのクレンジングや天然成分を使ったオイルなどを使ってフェイシャルマッサージが受けられる。リンパの流れの活性化とツボ反射を利用するフットマッサージも好評だ。また、自家源泉の湯を使って作ったオリジナルの化粧水と乳液「女将のほほえみ」は、おみやげ品として支持されている。

女将・スタッフから一言 女将・スタッフから一言

明治41年の創業以来、雲仙の財産とも言える良質の湯を守りつつ、お客様に提供してまいりました。ぜひじっくりとお湯に浸かっておくつろぎください。また、当宿の料理は、調味料に至るまで既製品を一切使わず、地産地消をテーマにした安心できるものを提供しています。天然の温泉とともに、本物の味をご堪能ください。(女将の豊田悠躬子さん)

新湯ホテル|周辺のおすすめ宿泊プラン

客室客室[1]客室[2]

お風呂お風呂[1]お風呂[2]

ギャラリーギャラリー[1]ギャラリー[2]

新湯ホテル

住所:
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
温泉地名:
雲仙温泉
泉質:
硫黄泉
風呂:
スパ「りざれ」(大浴場、露天風呂)、地下大浴場「絹笠の湯」「佳宵の湯」(大浴場、露天風呂)、家族風呂「まどか」
詳細
アクセス・詳細

この宿のプラン・空室を探す

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

雲仙温泉

雲仙温泉

雲仙普賢岳の南の高地に湧く歴史ある温泉



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較