みんなで選ぶ 第10回温泉大賞
 

温泉トップ > 温泉に泊まる > 訪れたい湯宿 > 四万温泉 > 温泉三昧の宿四万たむら

温泉三昧の宿四万たむら

10万坪の敷地を有する温泉三昧の老舗旅館

源泉掛け流し 露天風呂付客室

四万温泉の歴史を今に伝える館

中庭の屋外プールから建築群を望む中庭の屋外プールから建築群を望む

四万温泉の最奥に建つ老舗旅館。創始者の田村甚五郎は、戦国時代にこの地を治めた岩櫃城主斎藤家の家臣で、武田家滅亡とともに城を落ちてこの地に留まり、やがて温泉を発見して湯治宿を始めたと伝えられている。現当主で14代目、四万温泉の生き字引ともいえる歴史ある宿だ。時代のニーズとともに建物や施設は進化し、別館の「四万グランドホテル」も合わせて10万坪の敷地を有する大規模旅館になっている。それぞれに趣異なる71の客室のほか、8ヶ所の風呂、さまざまなパブリック施設が訪れる人を魅了して止まない。

温泉ファン垂涎の8湯を巡る

えん堤のせせらぎが爽やかな露天風呂「森のこだま」えん堤のせせらぎが爽やかな露天風呂「森のこだま」

“温泉三昧の宿”と銘打つだけに、館内には8つの風呂が点在。別館「四万グランドホテル」の3つも利用できるため、実に11の風呂で温泉三昧を楽しめる。記者のおすすめは新湯川に面した檜造りの露天風呂「森のこだま」と、二層吹き抜けの室内に檜で縁取られた浴槽が並ぶ大浴場「甍の湯」。7本の自家源泉から毎分1,600リットルも湧き出る天然温泉が贅沢に掛け流されている。このほか、川の水かさが増すと水没する幻の湯「竜宮」(混浴)、豪壮な総檜造り湯屋建築の「御夢想の湯」など造りはどれも実に個性的だ。露天風呂「森のこだま」は6時〜23時だが、それ以外は24時間入浴できる。

日常を忘れさせてくれる充実のパブリック施設

足湯や温泉玉子作りの源泉口があるプールサイド足湯や温泉玉子作りの源泉口があるプールサイド

写真は5〜9月にオープンする屋外プールに面した足湯。プールサイドにはほかに温泉玉子を作れる源泉口やジャグジー風呂、寝湯もそろっている。これらに代表されるように、パブリック施設の充実ぶりもこの宿の大きな特徴だ。出発前のひとときコーヒーを飲みながら過せるラウンジ「こてまり」、朝湯の時間帯にはお茶のサービス、夜はバーになる湯けむりサロン「せせらぎ」、ロッジ風のカラオケレンタルルーム、オリジナル商品もそろうお土産処「茂三郎」。長い夜をとことん楽しもう。

女将・スタッフから一言

室町時代から湯治温泉として栄え、500年もの長い間たくさんの人に愛されてまいりました。四万たむらでは全8ヶ所のお風呂がご堪能いただけます。敷地内から湧き出る温泉は毎分1,600リットルと豊富で、いつでも新しい湯をお楽しみいただけます。(女将の田村政子さん)

温泉三昧の宿四万たむら|周辺のおすすめ宿泊プラン

温泉三昧の宿四万たむら

四万温泉

この宿のプラン・空室を探す

住所:
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4180
温泉地名:
四万温泉
泉質:
ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩温泉
風呂:
大浴場「甍の湯」、露天風呂「森のこだま」、大浴場「翠の湯」、大浴場「御夢想の湯」、大浴場「岩根の湯」、庭園露天風呂「甌穴」、混浴露天風呂「幻の湯竜宮」、貸切専用風呂「クリスタル」
詳細
>温泉三昧の宿四万たむらの基本情報・アクセス

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

四万温泉

四万温泉

四万川沿いに湯煙漂う上毛三名湯の一つ



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較