みんなで選ぶ 第9回温泉大賞
 

温泉トップ > 温泉に泊まる > 越後湯沢温泉・魚沼 > 雪国の宿 高半

雪国の宿 高半

雪国の宿 高半

川端康成が宿からの眺望に感動し「雪国」を書いた宿

源泉掛け流し

雪国の宿 高半|飲泉できる温泉と三国山脈の眺望が自慢

雪国の宿 高半 写真「雪国」を執筆した部屋を再現

自慢は飲泉できる自然湧出のかけ流し100%の温泉大浴場。そして、半露天風呂や客室から一望できる三国山脈の眺望。このすばらしい景観に感動して、文豪・川端康成は高半を舞台に小説「雪国」を書いたという。当時、川端康成が滞在した「かすみの間」は、現在も当時の面影のまま保存されている。
■かすみの間 入館時間9:00〜17:00(宿泊の方は無料)

雪国の宿 高半|「卵の湯」と親しまれている高半の湯

雪国の宿 高半 写真天然湧出の源泉で肌がつるつるに

高半の温泉は湯沢の他の源泉と異なり、約800年前に高橋半六翁が偶然発見した天然湧出の源泉。北西の高津倉山系の雨雪はおよそ半世紀かけて、地味を含み熱せられて湧き出る。泉質は無色透明、アルカリ性単純温泉で、肌がつるつるし、かすかな硫黄臭とお湯の中でとき卵を入れたような湯花が咲くことから、「卵の湯」として親しまれている。

女将・スタッフから一言 女将・スタッフから一言

湯沢温泉でもっとも古く伝統のある旅館です。高台に位置し、街が一望できる見晴らしのよさ。数々の資料を揃えた資料館もあり喜ばれています。川端康成先生が「雪国」を執筆した旅館としても有名で、ご宿泊のお客様は無料で見学できます。

雪国の宿 高半|周辺のおすすめ宿泊プラン

客室客室[1]客室[2]

お風呂お風呂[1]お風呂[2]

ギャラリーギャラリー[1]ギャラリー[2]

雪国の宿 高半

住所:
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢923
温泉地名:
越後湯沢温泉
泉質:
単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)
風呂:
男性大浴場(源泉かけ流し・サウナ・水風呂)、女性大浴場・露天風呂(源泉かけ流し・サウナ)
詳細
アクセス・詳細

この宿のプラン・空室を探す

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

越後湯沢温泉・魚沼

越後湯沢温泉・魚沼

魚沼の美食と美肌の湯にもてなされる越後の贅沢



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較