温泉トップ > 温泉に泊まる > 浅間温泉・美ヶ原温泉 > 梅の湯

梅の湯

梅の湯

登山家ウエストンも泊まった歴史の宿 創作料理と和の風情を楽しみたい

 

梅の湯|近年の建物の中に古い和風の趣がただよう

梅の湯 写真袖垣や植え込みのある玄関前アプローチ

右から「梅能湯」と横書きされた看板が玄関前にかかり、宿の歴史の古さを思わせる。創業は江戸中期の元禄時代。明治20年にイギリスの登山家・ウエストンが宿泊したことは、その伝記にも記載されている。建物は平成4年に新築された木造で、随所に梅の花をかたどった透かしがあるしゃれたもの。それに続く昭和中期の本館部は、船底天井のクラシックなたたずまいだ。7階建ての客室棟は昭和の建築だが、平成になって民芸調に改装した。

梅の湯|板長と主人が手をかけた創作料理の数々

梅の湯 写真香り高く焼き上げたイワナの塩焼き

ベテランの板長が作るオリジナルの会席料理は、どれも手が込んでいる。写真の「岩魚塩焼」は3枚におろしてから塩焼きし、骨は一昼夜干してから二度焼きして骨せんべいにしている。おしのぎで出るざるそばは、調理師の免許を持った主人と板長が石臼びきのそば粉を打ったもの。前菜には手作りした多種類の料理が並び、季節感もたっぷりで楽しい。夕・朝食とも通常は部屋出し。食事の進み具合を見ながら、出し方のタイミングを計る。

梅の湯|24時間入浴OK。まろやかな湯を満喫

梅の湯 写真男梅の湯は赤みかげ石張り

もともと源泉の上に建っていた宿で、いまも中庭の隅から梅の湯源泉が湧き出している。現在この湯は使用せず、使っているのは浅間温泉混合泉の澄んだ単純温泉。男女別の大浴場に源泉掛け流しで利用している。浴室は男女が左右対称の造りで、どちらもみかげ石張りの清潔感あふれる湯。大きな窓の外に石灯籠や植え込みのある坪庭を作り、夜はライトアップして風情を出している。チェックインからアウトまで夜通し入浴可能。

女将・スタッフから一言 女将・スタッフから一言

料理と温泉を楽しんでいただきたい。小ぢんまりした宿なので細かな料理のリクエストにも応じられます。朝食時間をずらせたり、特別料理を加えたり、何でもおっしゃってください。(社長の中野清さん)

梅の湯|周辺のおすすめ宿泊プラン

客室客室[1]客室[2]

お風呂お風呂[1]お風呂[2]

ギャラリーギャラリー[1]ギャラリー[2]

梅の湯

住所:
長野県松本市浅間温泉3-4-16
温泉地名:
浅間温泉
泉質:
アルカリ性単純温泉
風呂:
男梅の湯、女梅の湯
詳細
アクセス・詳細

この宿のプラン・空室を探す

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

浅間温泉・美ヶ原温泉

浅間温泉・美ヶ原温泉

土蔵や共同浴場に古湯の面影を残す



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較