温泉トップ > 温泉に泊まる > 訪れたい湯宿 > 上諏訪温泉・蓼科 > 諏訪湖ホテル

諏訪湖ホテル

諏訪湖を一望する客室。旬の料理と心づくしのおもてなし。格調美と新趣あふれる湯宿。真心を込めたサービスで皆様をお迎え致します。

露天風呂付客室

格調高い雰囲気が漂うレトロモダンの館内

ラウンジラウンジ

館名からもうかがえるように、製糸業で財を成した片倉財閥が建てたホテルで、開業は昭和23年。敷地内には片倉家の別荘だった昭和3年築の数寄屋造りの別邸離れ「菊の間」や皇族や財界人の迎賓館として利用された洋館が移築されている。ロビーのシャンデリアや細部の造作などにも格式の高さがうかがえ、レトロモダンの雰囲気が漂う。建物は5階建ての本館と東館、3階建ての別館の3棟で構成し、全部で48室と離れ1棟があり、うち専用温泉浴室付きの特別室が3室ある。

大正ロマン漂う迎賓館と別邸離れ「菊の間」

迎賓館シャガードのダイニングルーム迎賓館シャガードのダイニングルーム

平成20年5月に完成したばかりの白砂が印象的な中庭をはさんで、ひときわ目を引く建物が昭和3年に建てられ、この敷地内に移築された別邸離れ「菊の間」と迎賓館シャガードだ。いまでも泊まることができる別邸離れ「菊の間」は皇室御用達の歴史をもち、畳敷きの回り廊下もある見事な数寄屋造りの建物。その食事会場にも利用されたのが迎賓館シャガードで、現在でも会食・会合などに利用されている。宿泊客の見学も可能なので、その建築美にふれてみたい。

夜間の入浴が風情満点の露天風呂「びいどろ」

ガラスの床と檜造りの露天風呂「びいどろ」ガラスの床と檜造りの露天風呂「びいどろ」

本館と東館は連結されているので、館内に立ってもその違いはわからない。フロントのある本館からエレベーターの前を通り抜けると、いつのまにか東館に入っているといった具合だ。浴場は東館の1階にあり、男女別の大浴場と露天風呂、その奥の通路の先に3年前に完成した露天風呂「びいどろ」があり、深夜に男女が入れ替わるというシステム。この露天風呂の床はガラス張りで、夜間は照明に浮かび上がるというユニークな造りになっている。

女将・スタッフから一言

格調高いホテルというイメージが先行していますが、実際はとても利用しやすい気楽な雰囲気の宿です。気軽にお泊まりいただき、レトロモダンの雰囲気を楽しみながら、自慢のお風呂でゆっくりとくつろいでいただきたいですね。
(若女将の今井 美紀さん)

諏訪湖ホテル|周辺のおすすめ宿泊プラン

諏訪湖ホテル

上諏訪温泉

この宿のプラン・空室を探す

住所:
長野県諏訪市湖岸通4−1−43
温泉地名:
上諏訪温泉
泉質:
単純温泉
風呂:
殿方(大浴場「月しろ」、露天風呂「湖天」)、御婦人(大浴場「絹妙」、露天風呂「やまみず」)、露天風呂「びいどろ」、貸切風呂「和泉」
詳細
>諏訪湖ホテルの基本情報・アクセス

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

上諏訪温泉・蓼科

上諏訪温泉・蓼科

諏訪湖畔に湧く古湯と高原リゾートの温泉



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較