温泉トップ > 温泉に泊まる > 訪れたい湯宿 > 登別温泉 > 望楼NOGUCHI登別

望楼NOGUCHI登別

白と黒を基調にした和モダンのなか全室スイートの安らぎ空間が広がる

源泉掛け流し にごり湯 露天風呂付客室

純白の広がりが果てしない爽快感を生む

白い室内と窓の緑が鮮やかなロビー白い室内と窓の緑が鮮やかなロビー

設計した中山眞琴一級建築士は「住み心地がよく、暮らしやすい」宿をめざしたという。そのなかで過ごす対象は大人の男女2人。おしゃれで、高級感があって、くつろげる空間はそうして生まれた。その象徴がぐっと照度を落とした玄関アプローチであり、逆にハイキーなイメージのロビーである。玄関アプローチには彫刻家・五十嵐威暢氏作の「白いオブジェ・KOMOREBI」が輝き、これから滞在する館内の楽しさを予感させる。

暗がりでにごり湯をたたえる御影石の浴槽

大きな窓から庭の緑が見えて気持ちいい大きな窓から庭の緑が見えて気持ちいい

お湯の面に庭の緑を映し、静かな森の中の池を思わせる大浴場。ゆっくりと身を沈めると、気持ちが芯から落ち着いてくるのがわかる。露天風呂もゆったりとしていて、客室数40という宿には充分な広さだ。石灯籠の置かれた眼前の和風庭園は適度な野趣がある。サウナ、水風呂のほか、洗い場にはバリアフリーに配慮した椅子と洗面台もある。内湯、露天風呂とも源泉掛け流し(高温時に加水あり)で、男女入れ替えなしだ。

北海道産の高級食材にこだわった会席

強肴として出された白老牛のソテー強肴として出された白老牛のソテー

たとえば松前産のマグロ、虎杖浜産の毛ガニ、苫小牧産ホッキ貝といった具合に、北海道産の食材が約8割を占めるという料理内容。ご飯は北海道産の米を一人ひとりに釜で炊き、北海道産小麦で自家製パンも焼く。食事時には北海道の地図を見ながら産地や食材の説明をするので、宿泊客との話も広がる。料理にストーリーを求め、起承転結を持たせるのが木村準料理長の考えだ。夕食は食前酒から留椀、水菓子まで13段階ほどの料理が続く。

女将・スタッフから一言

チェックインが14時、アウトが翌日12時なので、ゆったりとした気持ちでお部屋や館内でおくつろぎください。また、北海道の食材をふんだんに使った料理もぜひ堪能していただきたいと思います。(マネージャーの橋本聡史さん)

望楼NOGUCHI登別|周辺のおすすめ宿泊プラン

望楼NOGUCHI登別

登別温泉

この宿のプラン・空室を探す

住所:
北海道登別市登別温泉町200
温泉地名:
登別温泉
泉質:
単純硫黄泉(硫化水素型)
風呂:
男湯大浴場「GENSEN」(内湯、サウナ、露天風呂)、女湯大浴場「GENSEN」(内湯、サウナ、露天風呂)
詳細
>望楼NOGUCHI登別の基本情報・アクセス

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

登別温泉

登別温泉

源泉地の地獄谷。大旅館が建ち並ぶ温泉街が隣接する。



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較