温泉トップ > 温泉に泊まる > 道後温泉 > ふなや

ふなや

ふなや

名園や調度品にもさりげない誇り創業380年の道後きっての老舗宿

源泉掛け流し

ふなや|文豪夏目漱石もしばしば訪れた名宿

ふなやの玄関先に建つ夏目漱石の句碑ふなやの玄関先に建つ夏目漱石の句碑

現存する宿としては道後温泉でもっとも古い歴史を誇る。その存在は、多くの著名人や文化人にも一度は泊まってみたい宿として羨望の的だった。明治27年(1894)松山に教師として赴任した年の秋、夏目漱石は念願を果たし「はじめての 鮒屋泊りを しぐれけり」と句にしたため、正岡子規や高浜虚子ら松山ゆかりの文人も多く訪れ、また皇室御用達の宿ともなった。その輝かしい歴史はいまなお、ふなやの伝統として受け継がれている。

ふなや|ふなやの存在を際立たせる名園と庭門

夜はライトアップされる庭門と日本庭園夜はライトアップされる庭門と日本庭園

1600坪の敷地を占める宿の多くの部分が日本庭園に割かれ、宿の建物はこの庭園をとりかこむ形で本館と別館が建てられている。日本庭園は夜にライトアップされ、明治時代に建てられたという茅葺きの庭門が幻想的な雰囲気を醸しだしているのもまた、この宿の格式と伝統を物語っているかのようだ。緑の多い日本庭園は多くの客室や浴場、ロビーに続くガーデンテラスなどからも美しく望め、訪れる人に安らぎを与えている。

正岡子規も賞賛した渓の紅葉正岡子規も賞賛した渓の紅葉

日本庭園の敷地内を流れる川は、人工の川ではなく、自然のままの御手洗川だ。旅館の庭園内とも思えないほど、流れはけっこう急だ。正岡子規が「亭ところどころ渓に橋ある紅葉哉」と詠んだのは、本館と別館をつなぐ「もみじ橋」あたり。浴場は別館の2階と3階に設けられており、本館に泊まった人は風呂に入りに行くたびに、子規が詠んだ情趣を味わうことができる。夏にはホタルが舞う清流脇には、風流に食事が楽しめる川席がある。

女将・スタッフから一言 女将・スタッフから一言

私で14代目になりますが、ふなやの伝統である「おもてなしの心」を受けついでいく重みに身を引きしめております。料理は天然の食材だけしか使わない地産地消にこだわっています。(代表取締役社長の鮒田純一さん)

ふなや|周辺のおすすめ宿泊プラン

客室客室[1]客室[2]

お風呂お風呂[1]お風呂[2]

ギャラリーギャラリー[1]ギャラリー[2]

ふなや

住所:
愛媛県松山市道後湯之町1-33
温泉地名:
道後温泉
泉質:
アルカリ性単純温泉
風呂:
御影湯(大浴場、小浴場、サウナ、露天風呂)/檜湯(大浴場、小浴場、サウナ、露天風呂)
詳細
アクセス・詳細

この宿のプラン・空室を探す

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

道後温泉

道後温泉

道後温泉本館を中心に深夜まで華やぐ湯の町



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!