温泉トップ > 温泉に泊まる > 訪れたい湯宿 > 南紀勝浦・白浜温泉 > ホテル浦島

第9回 温泉大賞 西【前頭】

ホテル浦島(南紀勝浦温泉)

太平洋を一望する洞窟温泉のある宿
ダイナミックな怒涛に心踊らせる

ダイナミックな怒涛に心踊らせる

七つの岩風呂が楽しめる大洞窟温泉“忘帰洞”

間口25m、奥行50m、高さ15mの天然洞窟風呂“忘帰洞”は、太平洋に面した大洞窟内がそのまま露天風呂になっている。太平洋にポッカリ口をあけた洞窟の中には七つもの露天風呂が点在しているので、このなかだけで湯めぐりが楽しめるほど。
無色透明の源泉は、かけ流しなので天候や気温によって白濁することもあるという。青い海とのコントラストも見事。朝・夕で男女入れ替えになる。
毎分30m、一度は乗ってみたい

毎分30m、一度は乗ってみたい

全長154m、高低差77mの巨大エスカレーター

ホテル浦島は勝浦温泉一の規模を誇るホテルだけに館内を散策するだけで迷子になりそうだが、本館から各館へは色分けされたガイドラインが整備されているので安心だ。
山上館への誘導は緑色のラインを伝って行くが、高低差77mを楽しみながら上がれるのが全長154m、傾斜角度が30度もあるエスカレーター「スペースウォーカー」。途中、熊野灘の眺めを満喫できるのも嬉しい。所要時間5分45秒。階段でいえば428段にもなる。

女将・スタッフから一言

館内では忘帰洞はじめ玄武洞など様々な温泉があり、見て回るだけでも1時間はかかりそう。効率よく湯の幸を楽しもう。
※山上館は平成29年9月まで改修工事中

ホテル浦島|周辺のおすすめ宿泊プラン

ホテル浦島

南紀勝浦温泉

この宿のプラン・空室を探す

住所:
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165−2
温泉地名:
南紀勝浦温泉
泉質:
含食塩硫化水素泉
風呂:
大洞窟温泉、内湯
詳細
>ホテル浦島の基本情報・アクセス

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

南紀勝浦・白浜温泉

南紀勝浦・白浜温泉

熊野の世界遺産巡りと勝浦の生マグロをいただく



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較