温泉トップ > 温泉に泊まる > 訪れたい湯宿 > 南紀勝浦・白浜温泉 > 南紀白浜 梅樽温泉 ホテルシーモア

南紀白浜 梅樽温泉 ホテルシーモア

巨大な梅樽を使った露天風呂のある宿

「紀州本九絵三昧会席」を味わう

お造り「紀州本九絵薄造り」お造り「紀州本九絵薄造り」

お造りも握りも、脂ののった白身の歯ごたえのある食感がたまらない九絵(クエ)料理。なかなか漁れないため幻の魚と言われていた「クエ」を味わえる九絵三昧会席料理(特別料金)では、食前酒の「紀州本九絵皮酒」から握り、薄造り、ムニエル、チーズとの挟み揚げ、小鍋、かちん蒸し、雑炊までクエの旨さを堪能できる。全13品。近年、紀伊白浜では養殖技術が進んで安定供給が可能になり、1年を通して食べられるようになった。

紀州ならではの梅樽を使った絶景の露天風呂

大きな梅樽には大人が6〜8人は入れる大きな梅樽には大人が6〜8人は入れる

巨大な梅樽がならぶ露天風呂からは、太平洋が一望のもと。とくに水平線に沈む夕陽には定評があり、「日本夕陽の宿百選」にも選ばれている。温泉にゆったりつかり、素晴らしい入り日の饗宴を堪能するのはまさに至福のひととき。また、木肌の温もりが嬉しい梅樽は直径が1.5m〜2m、高さもゆうに2mは越えた大きさ。長い間梅を漬け込んだエキスが樽から滲み出るので、温泉とあいまって肌美人の湯としても誉れ高い。

部屋からの眺望は群を抜く素晴らしさ

窓が大きくロケーションのいい角部屋窓が大きくロケーションのいい角部屋

高台の突端に建つホテルからは、600mにわたって続く白砂の海岸・白良浜海水浴場や時間帯によって刻々と潮色をかえる雄大な太平洋、水平線に沈む素晴らしい夕陽などが眺められ、時間のたつのも忘れそうだ。

女将・スタッフから一言

梅樽の露天風呂につかりながら夕陽を眺めるのが最高、とお客様にお褒めの言葉をいただきます。この冬からはさらに、クエ料理を1年間を通してご提供できるようになりました。存分にお楽しみください。

南紀白浜 梅樽温泉 ホテルシーモア|周辺のおすすめ宿泊プラン

南紀白浜 梅樽温泉 ホテルシーモア

白浜温泉

この宿のプラン・空室を探す

住所:
和歌山県西牟婁郡白浜町1821
温泉地名:
白浜温泉
泉質:
炭酸水素塩泉
風呂:
大浴場「観海」 「万葉の出湯」 男性・女性 梅樽温泉・露天風呂 男性・女性 「徳川御三家の湯」
詳細
>南紀白浜 梅樽温泉 ホテルシーモアの基本情報・アクセス

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

南紀勝浦・白浜温泉

南紀勝浦・白浜温泉

熊野の世界遺産巡りと勝浦の生マグロをいただく



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較