温泉トップ > 温泉に泊まる > 中伊豆・西伊豆 > 新井旅館

新井旅館

新井旅館

国の登録文化財群に泊まる宿

源泉掛け流し

新井旅館|歴史を感じさせる宿で、時の流れに身をまかす喜び

新井旅館の入口、お客様をお迎えする登録文化財「月の棟」新井旅館の入口、お客様をお迎えする登録文化財「月の棟」

玄関脇に人力車の置かれた新井旅館に一歩入れば、そこは国の有形文化財に登録された歴史ある建物群。明治5年創業の伝統を持ち、桂川に沿って建ついくつもの建物の佇まい、建物をつなぐ渡り廊下、桂川の水を引き込み、また桂川に戻しているという広大な池、けやきの大木や多くの樹木に囲まれた庭園、ロビーの天井にまで明治、大正、昭和の息吹きを感じる。
客室も一部屋ごとに造りが違うが、いずれも桂川か庭に面した落ち着いた雰囲気。昨今流行の露天風呂付ではなく、足湯付の客室があるのも、新井旅館ならでは。浴衣姿で足湯につかり、対岸の竹林の景観を愛でながら、静かな語らいの時が持てるのも嬉しい。
新井旅館の全16棟のうち、15棟は国の有形文化財に登録されている。その中で旅の一夜を過ごすことは、まさに望外の喜びといえよう。

新井旅館|登録文化財の「天平大浴堂」

丸柱1本にいたるまで天平時代そのままの工法を用いたため、3年の歳月を費やした丸柱1本にいたるまで天平時代そのままの工法を用いたため、3年の歳月を費やした

新井旅館の大浴場は「天平大浴堂」と称される。安田靫彦(ゆきひこ)画伯のアイデアと考証設計によって建てられた浴堂は、天平時代そのままの工法で釘を1本も使わず、3年の歳月をかけて造られた。柱の土台となる巨石、日本に大きな檜がないのでわざわざ台湾から取り寄せた基本の柱、どれをとってもそのスケールと美しさに目を見張る。この大浴堂も文化財に登録されているが、良質の温泉と荘厳な空間に身を委ねるひとときも、ほかでは味わえない最良のものである。  
新井旅館にはこのほかに「あやめの湯」や野天風呂「木洩れ日の湯」もあるが、天平大浴堂には必ず入ることをお勧めしたい。

新井旅館|周辺のおすすめ宿泊プラン

新井旅館

住所:
静岡県伊豆市修善寺970
温泉地名:
修善寺温泉
泉質:
アルカリ性単純泉
風呂:
天平大浴堂、あやめの湯、野天風呂「木洩れ日の湯」
詳細
アクセス・詳細

この宿のプラン・空室を探す

温泉観光モデルコース 大人のお湯旅

中伊豆・西伊豆

中伊豆・西伊豆

現代に蘇った伝説の筥湯に入り、山の幸海の幸に舌鼓



温泉おすすめコラム


    > おすすめコラムをもっと見る

    特集・ランキング

     

    ブログ

    • 野添ちかこの温泉ブログ

      野添ちかこの温泉ブログ
    • BIGLOBE温泉 ブログパーツ 

      BIGLOBE温泉 ブログパーツ 温泉写真やクチコミなどをチェックできる便利なブログパーツ。温泉好きが集まるブログに貼ってみよう!
       

    全国3800店舗のレンタカーを一括比較!

    全国40社の高速バス・夜行バスを一括比較