みんなで選ぶ 第9回温泉大賞

温泉トップ温泉ガイド(宮城県)仙台市街・秋保温泉・作並温泉>秋保温泉

秋保温泉

アキウオンセン

4.1604件)

20サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

20サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
秋保温泉

伊達家歴代藩主も訪れた開湯1500年の名湯

長野県の別所温泉、野沢温泉とならぶ日本三御湯(皇室の御料温泉)の一つと称された。名取川の上流にある温泉地で、開湯1500年の古い歴史を誇る。現在は仙台の奥座敷として賑わいを見せている。

住所
宮城県仙台市太白区秋保町湯元
交通
JR仙台駅から宮城交通秋保温泉行きバスで50分、秋保温泉湯元下車すぐ
営業期間
通年
問い合わせ先
秋保温泉郷観光案内所(022-398-2323)

泉質

源泉の数 21 お湯の色 無色透明 赤褐色
お湯のにおい 無臭 源泉の飲泉 できません
お湯の泉質 その他(塩化物泉、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉ほか)
源泉のpH値 pH 中性 源泉の温度 32〜85度

「みんなで選ぶ温泉大賞」受賞履歴 秋保温泉

おすすめ温泉宿

ホテル瑞鳳

総合評価:4.1点 

仙台中心街から車で約30分。秋保名所「磊々峡」を眼下に見渡す風光明媚な佇まい。6つの露天風呂や大浴場で疲れを癒し”食”を楽しむ豪華バイキング

1泊12,10037,800円/人

ホテル瑞鳳の詳細・宿泊プランはこちら

ホテル瑞鳳

秋保グランドホテル

総合評価:4点 

秋保温泉の中で、ライトアップされた幻想的な磊々峡が露天風呂から一望できる唯一の宿で、磊々峡の自然遊歩道を浴衣で散策をする事ができます。

1泊6,00036,000円/人

秋保グランドホテルの詳細・宿泊プランはこちら

秋保グランドホテル

ホテルニュー水戸屋

総合評価:4.3点 

仙台駅〜車で30分!湯量豊富な3つの大浴場と16趣湯巡りや本格エステで疲れを癒し、雨の日でも遊べる室内プールは無料でご利用頂けます。

1泊8,80039,960円/人

ホテルニュー水戸屋の詳細・宿泊プランはこちら

ホテルニュー水戸屋

秋保温泉の温泉宿をすべて見る<全15件>

日帰り温泉

観光モデルコース

仙台の奥座敷由緒正しき名湯

仙台市中心部から西へ約20kmの山あい、名取川上流に湧く温泉。福島県の飯坂、宮城県の鳴子とともに奥州三名湯の一つ。江戸時代には仙台藩の湯浴み御殿が置かれていた由緒ある温泉で、伊達政宗も入浴したという。周辺には秋保大滝や磊々峡などの景勝地も多い。

大人のお湯旅「秋保温泉」

大人のお湯旅「秋保温泉」を見る

ピックアップ!クチコミ

秋保温泉に来たら、観光スポットへ!私一押しの名物は「秋保おはぎ」です。秋保温泉街にある「さいち」というスーパーマーケットでは、この店で作られている手作りのおはぎです。できたてはほかほかでおいしいですよ!!パックに入っていて2個入り、4個入り、6個入りとあり種類はあんこ(粒アン)、ごま、きなこ等です。1個あたり100円ですので、おいしいがゆえに手軽に購入できます。秋保温泉に来たら是非、たべてみてください!!観光スポットとしては?に秋保大滝です。駐車場完備、トイレ(喫茶店併設)、出店、神社があり、蕎麦屋もあります。休日ともなると客でいっぱいになります。?に二口渓谷です。秋保大滝より西に向かうとまず、秋保ビジターセンターがあります。トイレ休憩はここですませたほうが良いです(他はないので)。ここでは二口渓谷の動物類や登山関係のギャラリーがあり、無料で観覧できます。?は磐司岩です。これは、秋保ビジターセンターよりさらに西へ向かいます。但し、道は舗装ですが狭いので対向車に注意して下さい。磐司岩は道路の対岸にあり、新緑や紅葉時期の快晴には素晴らしい景色です。ただ、駐車場がないので、道の脇に止めて、その場で眺めるのが良いです。?はらいらい峡です。秋保温泉街中心に流れる川にあります。仙台より秋保温泉に進県道62号を、秋保温泉街にはいり、左側に秋保グランドホテルがあり、そこを少し進とT字路の交差点があります。そこの、右側にある酒屋の西にある専用駐車場があるのでそこに車わ止めて、反対側へ行くと橋の入り口に「らいらい峡遊歩道」の道しるべが立っています。けっこう綺麗な景色ですよ。(但し、酒屋のすぐ脇の駐車場は店専用なので避けた方が良いです。)他にも、「秋保工芸の里」や「秋保の里センター」「天守閣公園」などたくさんあります。みどころいっぱいな秋保温泉へきたら是非観光スポットへ行ってみてください!!!

クチコミをもっと見る<全604件>

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。