みんなで選ぶ 第9回温泉大賞

温泉トップ温泉ガイド(静岡県)伊東>伊東温泉

伊東温泉

イトウオンセン

4.1392件)

20サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

20サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
伊東温泉

温泉街の風情あり、海を望む景色よし。穏やかな気候がまたよし

四季折々に色とりどりの花が咲く、温暖な気候に恵まれた温泉地。約750箇所から湧き出る温泉は毎分約32000リットルもの湯量を誇り、全国屈指。古きよき温泉街の情緒をそのまま残す。

住所
静岡県伊東市湯川ほか
交通
JR伊東線伊東駅からタクシーで5〜30分
営業期間
通年
問い合わせ先
伊東観光協会(0557-37-6105)

泉質

源泉の数 お湯の色
お湯のにおい 源泉の飲泉
お湯の泉質
源泉のpH値 pH 源泉の温度

おすすめ温泉宿

ホテルラヴィエ川良

総合評価:4.1点 

おもてなしは「人生。美味しくおもしろく」をモットーにお迎え致します。豊富な8本の源泉は効能ゆたかな純泉質で温泉効浴を高め、最上の寛ぎを提供。

1泊4,90099,999円/人

ホテルラヴィエ川良の詳細・宿泊プランはこちら

ホテルラヴィエ川良

ウェルネスの森 伊東

総合評価:4.2点 

お部屋は、120平方メートル以上の広さ。リビングだけでも25畳以上とゆとりのスペース。エステサロンやクアハウスを完備した充実の癒し空間が楽しめます。

1泊5,00035,750円/人

ウェルネスの森 伊東の詳細・宿泊プランはこちら

ウェルネスの森 伊東

伊東ホテル聚楽

総合評価:4.1点 

温泉街の高台に建ち、ロビーや全客室より相模湾・初島を一望。客室には温泉を給湯し、トロピカルガーデンに接した南欧露天風呂は女性方に好評です。

1泊9,80058,700円/人

伊東ホテル聚楽の詳細・宿泊プランはこちら

伊東ホテル聚楽

伊東温泉の温泉宿をすべて見る<全62件>

日帰り温泉

観光モデルコース

海といで湯と七福神に出会う

日本三大温泉の1つに数えられる伊東は、1年を通して温暖な気候に恵まれ、文人墨客をはじめ多くの人々に愛される温泉保養地として発展してきた。海のレジャーから温泉、美術、文学、名勝地など魅力いっぱい。伊豆高原地区の文化ゾーン探索や伊東七福神にちなんだ霊験あらたかな湯めぐりも興味深い。

大人のお湯旅「伊東温泉」

大人のお湯旅「伊東温泉」を見る

ピックアップ!クチコミ

東京に住んで1年。どこを歩いても人も車も飽和状態。空気も汚くてうるさい・・・そんな都会を手軽に忘れたいと思い、彼女を誘って伊藤温泉へ行ってきました。ネットで検索していて、なんと東京駅から無料の送迎バスが出ている旅館があると知り、伊東岡本ホテルを予約しました。マイクロバスで狭い感じを想像していたのですが、バスは修学旅行で乗るようないわゆる普通の大型バス、片道4時間弱程度のバス旅行ですが、お客さんが少ない時期なのか知りませんがバスは申し訳ないぐらいゆったり広々。途中ハイウェイを走ると、大海原が見れたり、富士山がめちゃくちゃ綺麗に見え、テンションはのっけから上がりっぱなしでした。昼過ぎに到着し、案内された部屋は、なんと部屋がいくつもある、ファミリー用の大部屋!お客さんがたまたま少なかったからとはいえ、こんな贅沢な使い方させてくれるなんて♪かくれんぼに飽きたら、のーんびり落ち着ける和室で、大の字になって昼寝しました。朝早かったので・・・温泉は若干塩素みたいなにおいがし、「本当に温泉か?」と疑っていたのもつかの間、露天風呂でゆっくり半身浴していると肌がビックリするほどスベスベ(ヌルヌルという表現が正しいかも)になってきました。番頭さん?のようなおじさんが「お連れ様はまだ上がられてませんよ」と気の利いた案内もしてもらい、スタッフはみんな気さくで笑顔でしたよ。食事も夕食は豪華な蟹やらお刺身やら、炊き立ての釜飯やらに舌鼓、朝食は和食ビュッフェだったので、ついついたくさん食べ過ぎてしまいました。近くに海がぶわ〜っと広がる公園もあり、星もすごく綺麗に見えました。ビーチがあるので、夏は海水浴もできるみたいだし、今回は時間なかったのですが、ぼくの大好きな釣りもできるみたいでした。都会から少しでも離れたくて旅に出た今回の旅行ですが、こんなに満喫しても交通費込みで1万円ちょっと。友達同士でもカップルでもオススメだと思います。熱海のシャボテン公園もバスで30分ぐらいでしたよ。カピバラっていうぶさいくな動物がゆず湯に浸かっていて、見てるだけでも癒されました。

クチコミをもっと見る<全392件>

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。