温泉トップ温泉ガイド(北海道)定山渓>定山渓温泉

定山渓温泉

ジョウザンケイオンセン

4.21172件)

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる

19サイトから最安値予約&各社ポイントも貯まる
定山渓温泉

市街からわずか1時間。自然に包まれた札幌の湯の杜

約150年前に修行僧・美泉定山が開拓し、以来「札幌の奥座敷」として発展してきた。大規模なホテルから保養所まで立ち並ぶ温泉街は豊平川に沿って続く。豊かな渓谷の自然も楽しめる。

住所
北海道札幌市南区定山渓温泉
交通
JR札幌駅からじょうてつバス定山渓車庫前行きで1時間5分、定山渓湯の町下車すぐ
営業期間
通年
問い合わせ先
(一社)定山渓観光協会(011-598-2012)

泉質

源泉の数 56 お湯の色 無色透明
お湯のにおい 無臭 源泉の飲泉 できません(ほのかな塩味)
お湯の泉質 塩化物泉(ナトリウム-塩化物泉)
源泉のpH値 pH 中性 源泉の温度 53〜86度

「みんなで選ぶ温泉大賞」受賞履歴 定山渓温泉

おすすめ温泉宿

ぬくもりの宿ふる川

総合評価:4点 

道内では珍しい民芸調の宿は“田舎風”にこだわっており、決して派手さや立派さはありませんが、手づくりの味と心からのサービスで居心地のよい時間を提供いたします。

1泊12,20055,400円/人

ぬくもりの宿ふる川の詳細・宿泊プランはこちら

ぬくもりの宿ふる川

定山渓グランドホテル瑞苑

総合評価:4点 

四季の彩りと旬の味覚にこだわったお料理のご用意と、大露天風呂・総御影石・総大理石風呂等多彩な浴場群を取り揃えております。

1泊6,19856,700円/人

定山渓グランドホテル瑞苑の詳細・宿泊プランはこちら

定山渓グランドホテル瑞苑

定山渓万世閣ホテルミリオーネ

総合評価:3.9点 

「渓谷美と伝説に彩られた奥座敷リゾートホテル」。様々な文化の交流場所だったシルクロードがテーマ。和の情緒が溶け込む異国の空間で非日常を演出。

1泊8,50030,250円/人

定山渓万世閣ホテルミリオーネの詳細・宿泊プランはこちら

定山渓万世閣ホテルミリオーネ

定山渓温泉の温泉宿をすべて見る<全14件>

日帰り温泉

観光モデルコース

清流せせらぐ札幌の奥座敷

札幌の奥座敷といわれる定山渓は、温泉街の中心を流れる豊平川のせせらぎと、渓谷の豊かな自然が季節によって違う表情を見せ、訪れる人を和ませてくれる。美泉定山によって開発され、開湯140余年という歴史ある北海道有数の温泉地だ。

大人のお湯旅「定山渓温泉」

大人のお湯旅「定山渓温泉」を見る

ピックアップ!クチコミ

昨年の夏、函館〜札幌を巡る旅行をしたときに、定山渓温泉にも立ち寄ってきました。札幌駅からじょうてつバスに乗り、約1時間15分で定山渓温泉に到着。札幌の都心から自然の中へ、景色の移り変わりが楽しめました。定山渓温泉で目につくのは、「河童(カッパ)」の像。なんでも、定山渓温泉にはカッパ伝説があるそうで、街のあちらこちらに可愛らしい河童の像がありました。街を散策するだけで森林浴ができる豊かな自然が、いいですね。日帰り入浴できるホテルや旅館が結構あって「どこにしようかな」悩みましたが、今回は「ホテルミリオーネ」を選びました。選んだ理由は…その日「風呂木の日」だったから。毎週木曜日は「風呂木の日」だそうで、通常1500円のところを700円で入湯できました(*^_^*)毎月25日は「風呂の日」だそうで、500円で入れるそうです(オシイ!)お風呂は大きなお風呂(少し、熱めの温泉でした)のほかに、ジャグジーやヒノキ風呂、サウナもあって、のんびりできます。庭園風の露天風呂、景色がよくていいですね〜♪女性専用ですが、岩盤浴のできるサロンもありましたよ。ちなみに、このホテルは室内プールがあって、宿泊客&日帰り入浴客はプールにも入れます。(ただし、水着は持参ということです…残念!)定山渓公園にも、立ち寄りました。長細い足湯に腰をかけてゆっくりおしゃべりをしていると、体全体がポッカポカ♪散策の途中に立ち寄りって、一休みにはもってこいです。他にも2人用の「ひざ湯」や手湯「美人の湯」や、源泉を利用した滝「美泉の滝」もありました。私、手がいつもなんとなくガサガサしているので、「美人の湯」で、何度も手湯(…って言葉やないかしら)をしてしまいました。卵を持参すれば、温泉卵が作れる「温泉卵の湯」も。卵を持参することを知らなかったので、温泉タマゴが食べられず(こちらも、残念!)旅の想い出に、卵持参がオススメです(*^^*)

クチコミをもっと見る<全1172件>

【免責事項】
※掲載情報は取材時のものとなり、現在 掲載中の情報から変更が発生している可能性もございます。
お出かけの際はそれぞれ適切な手段にて改めてご確認いただけますようお願い申し上げます。
※情報提供:昭文社 記事の無断転用を禁じます。