みんなで選ぶ 第9回温泉大賞

温泉トップ > 温泉に行く > 白骨温泉・大町温泉郷 > チェックイン前 を楽しむ「上高地と白骨の名所めぐり」

白骨温泉・大町温泉郷(長野県)

白骨温泉・大町温泉郷(長野県) 「大人のお湯旅」泊まって楽しむ旅案内

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

-チェックイン前を楽しむ「上高地と白骨の名所めぐり」

【歩】上高地自然研究路を歩いて知る北アルプスの天上の楽園の魅力

上高地は、北アルプス・穂高連峰のふところ深く、標高1500m付近の梓川沿いに開けた小盆地で、その自然美から「天上の楽園」と呼ばれる景勝地だ。白樺やダケカンバ、モミなどの原生林に覆われ、焼岳の噴火が梓川をせきとめてできた大正池をはじめとする池に山々が映る光景は感動的。

このすばらしい景観を満喫するには大正池から上高地自然研究路を歩くのが一番。上高地の中心河童橋まで1時間10分ほどで、だれでも容易に歩ける軽いハイキングコースだ。山が良く見える晴天の午前中を選んで歩きたい。また、時間があれば、河童橋から上流の明神池で梓川右岸へ折り返す周遊ルートを歩けば、楽しさも倍加する。

なお、上高地は通年、マイカー規制が実施されており、マイカーの人は沢渡からシャトルバス(運行は4月下旬〜11月15日まで)を利用することになる。

河童橋は上高地きっての人気撮影スポット

河童橋は上高地きっての人気撮影スポット

編集部チェック

ウェストン碑 梓川の右岸にある上高地温泉の少し上流部に、岩壁に胸像がはめこまれたウェストン碑がある。ウォルター・ウェストンは明治21〜28年まで日本に滞在した英国人宣教師で、日本アルプスを登山し、著書で日本アルプスを世界に紹介した。「日本近代登山の父」と呼ばれ、毎年6月第1日曜にはこの碑の前でウェストン祭が盛大に開催されている。

 
上高地自然研究路は大正池からスタート

上高地自然研究路は大正池からスタート

【上】水の美しさに感動する田代池【下】深い森の中に木道もある上高地自然研究路

【上】水の美しさに感動する田代池
【下】深い森の中に木道もある上高地自然研究路

DATA

上高地
●電話:0263-94-2221(松本市アルプス観光協会)●見学時間:随時●定休日:無休(バスの運行は4月下旬〜11月15日まで)●見学料:無料●アクセス:松本電鉄新島々駅から上高地行きバスで1時間5分、大正池下車(河童橋まで徒歩1時間10分)〜さらに5分、終点などで下車●駐車場:なし(マイカーの場合は沢渡の有料駐車場に駐車し、シャトルバスに乗り換え30分で大正池バス停)●住所:長野県松本市安曇上高地

 

【憩】絶好休憩スポット、五千尺ホテル喫茶室「5 HORN」

一番人気のレアチーズケーキ680円、コーヒーは620円

一番人気のレアチーズケーキ680円、コーヒーは620円

上高地を訪れる観光客や登山客に親しまれているのが、河童橋前に建つ五千尺ホテルの喫茶室。高級ホテルで、1階にあるフローリングの床の喫茶室も高級感漂う造りだが、登山靴姿でも気軽に受け入れてくれるのがうれしい。客のおめあては季節の手作りケーキで、常時7種類くらいある。人気は通年用意されているレアチーズケーキや洋梨タルト各680円。コーヒー・紅茶各620円。散策後の休憩スポットとしても絶好だ。

DATA

五千尺ホテル喫茶室「5 HORN」
●電話:0263-95-2111●営業時間:8時30分〜16時30分(O.S.)●定休日:シーズン中は無休(シーズンは4月20日頃〜11月15日、冬季休業)●アクセス:松本電鉄新島々駅から上高地行きバスで1時間10分、終点下車徒歩5分●駐車場:なし●住所:長野県松本市安曇上高地4468

 
 

【食】旧家を移築した煤香庵で名物の温泉粥を味わう

白骨温泉の数少ない休憩スポット。湯元齋藤旅館の経営で、旧大野川村で名主を務めていたという旧家を移した建物も見ものだ。名物の温泉粥、虹鱒甘露煮、温泉玉子などがセットになった「湯の花膳」850円のほか、そばやコーヒーなども座敷とテーブル席で味わえる。また、総檜造りの露天風呂が男女別にあり、入浴(700円)も楽しめる。食事は5月上旬〜11月下旬の10〜15時のみの営業で、冬季は入浴だけの営業になる。

DATA

煤香庵
●電話:0263-93-2917●営業時間:9〜17時(土・日曜は8〜18時、食事は10〜15時、冬季は9〜15時頃で入浴のみ)●定休日:水曜(8月は無休)●アクセス:松本電鉄新島々駅から沢渡経由白骨温泉行きバスで55分、終点下車(冬季は乗鞍高原経由のみで1時間15分)、徒歩2分●駐車場:15台(無料)●住所:長野県松本市安曇白骨温泉

 
温泉粥が味わえる「湯の花膳」850円

温泉粥が味わえる「湯の花膳」850円

 

【湯】まずはチェックイン前に白骨温泉公共野天風呂

湯川に臨む谷底にある男女別の野天風呂

湯川に臨む谷底にある男女別の野天風呂

白骨温泉バス停と観光案内所の少し先に風雅な門が見える。ここが谷底にある白骨温泉公共野天風呂の入口。急な階段を下ると、石置き屋根の素朴な建物が見えてくる。施設は男女別の露天風呂があるだけで、休憩所や食事処などはない。源泉名は隧道1号という独自の源泉で、旅館などとは若干泉質が異なるカルシウム‐炭酸水素塩泉。加温している湯は時間がたつにしたがって白濁してくる。湯川の瀬音を聞きながらの入浴が快適だ。

DATA

白骨温泉公共野天風呂
●電話:0263-93-3251(白骨温泉観光案内所)●営業時間:8時30分〜17時●定休日:4月下旬〜11月上旬営業、期間中無休●入浴料:大人500円、小人300円●アクセス:白骨温泉バス停から徒歩3分●駐車場:50台(公共駐車場利用、無料)●長野県松本市安曇白骨温泉

 
 
 

モデルコース例

  • 上高地(河童橋)
  • 徒歩すぐ
  • 五千尺ホテル喫茶室「5 HORN」
  • 徒歩5分+バス35分+車15分
  • 煤香庵
  • 徒歩3分
  • 白骨温泉公共野天風呂
白骨温泉・大町温泉郷散策マップ 散策マップを拡大
 
 

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

  • 大人のお湯旅 白骨温泉・大町温泉郷トップページ
  • チェックイン前を楽しむ「上高地と白骨の名所めぐり」
  • チェックアウト後を楽しむ 「黒部ダムと安曇野をめぐる」

※2008年11月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

大町温泉郷と周辺の温泉の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]