みんなで選ぶ 第9回温泉大賞

温泉トップ > 温泉に行く > 登別温泉 > チェックイン前を楽しむ「まず地獄谷に行ってみよう」

登別温泉(北海道)

「大人のお湯旅」泊まって楽しむ旅案内

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

-チェックイン前を楽しむ「まず地獄谷に行ってみよう」

【観】地獄谷は長径450mもある爆裂火口いまも生きている大地の活動だ

登別温泉で使用する温泉の約4分の3の源泉地となっているのが地獄谷。約1万年前、笠山という山が噴火してできた爆裂火口の跡だ。12ヘクタールにもおよぶくぼ地で、長径は約450m。いまも無数の噴気孔から硫黄やガスを噴き出して白い煙を上げ、熱湯がトクトクと出る湧出口がある。谷を流れる鉛色の川は、温泉の川だ。探勝には地獄谷の中に作られている遊歩道を歩くといい。まず入口近くに地獄谷展望台と地獄谷第2展望台があるので、全景を眺めておこう。それから1周10分の地獄谷遊歩道、地獄谷の北にある大湯沼へ行く所要10分の大湯沼遊歩道、やはり所要10分の大湯沼第2遊歩道などがあるので、歩いて大地のエネルギーを実感したい。遊歩道沿いには、江戸時代に円空上人が彫ったという鉈作り観音を安置する観音堂、硫黄採掘の南部藩士が眼病を治したお礼に奉納した薬師如来堂、熱湯を噴き出す間欠泉の鉄泉池などがある。地獄谷へは、登別温泉に来る観光客のほとんどすべてが訪れる。温泉街のすぐ北にあり、入口まで多くの旅館から徒歩10分あれば行ける。

地獄谷地獄谷

【左】赤茶けた土と地底から噴出す噴煙が大迫力
【右】遊歩道を歩いて、熱湯が湧き出すところに行ってみよう

編集部チェック

地獄谷 地獄谷入口にある登別パークサービスセンター(0143-84-3141、開館8時〜17時30分頃)では、地獄谷と周辺の情報を教えてくれる。とくに動物や植物など自然に関する情報が豊富だ。スタッフが生きた情報も教えてくれるし、パンフレットも手に入るので、探勝前に寄るといい。

 
地獄谷

地獄谷と周囲の原始林は、赤茶と緑の対比が印象的

DATA

地獄谷
●電話番号:0143-84-3311(登別観光協会)●見学時間:随時●定休日:無休●入場料:無料●アクセス:JR室蘭本線登別駅からバス16分、登別温泉下車(新千歳空港からはバス1時間)。登別温泉バス停から徒歩10分●駐車場:160台(410円、大湯沼と共通)●住所:北海道登別市登別温泉町

 

【観】灰黒色の色をした大湯沼は湖底から熱湯の湧く地獄沼

大湯沼

湖上一面から湯気が立ち昇る大湯沼。近寄ることはできない

地獄谷の北にあり、湖底から熱泉が湧き出している。そのため沼の深いところでは湯温130度、表面でも40〜50度あるという熱湯の沼。立ち昇る湯気で全貌を見ることは難しいが、周囲1q、ひょうたん型をしている。日和山の爆裂火口跡に湯がたまったもので、湖畔の泥地には黄色くなったイオウの塊を見ることができる。沼の背後の小高くなったところが日和山。活火山であり、山から立ち昇る噴煙の方向で天候を判断したので、日和山の名がついたという。

大湯沼

DATA

大湯沼
●電話番号:0143-84-3311(登別観光協会)●見学時間:随時●定休日:無休●入場料:無料●アクセス:JR室蘭本線登別駅からバス16分、登別温泉下車(新千歳空港からはバス1時間)。登別温泉バス停から徒歩30分●駐車場:20台(410円、地獄谷と共通)●住所:北海道登別市登別温泉町

 
 

【観】派手な色づかいのからくり閻魔堂 背丈6mの大閻魔は街のシンボル

登別温泉では8月の最終土・日曜に「登別地獄まつり」を開催する。地獄谷に住むという赤鬼や青鬼を敬い、五穀豊穣を願うものだ。昭和39年にはじまり、平成20年は45回目になる。その主役が堂内に安置されているからくり閻魔で、地獄祭りの地獄大行列では先頭に立って温泉街を練る。背丈は座って5.2m、立って6mの大きさ。第30回の地獄まつりで女官や獄卒を引きつれ、地獄から登別温泉までやって来たのだ。からくり仕掛けで、毎日定刻になると腕を振り、怒りの形相をして街ににらみをきかす。からくりが動く時間は5〜11月が1日6回、12〜4月が1日5回。

からくり閻魔堂
からくり閻魔堂

【右】参拝者が住所氏名と願い事を書く「閻魔帳」
【左】おとなしく風格ある顔が、時間が来ると怒り出す

からくり閻魔堂

登別温泉の中心地に建つ閻魔堂

 
からくり閻魔堂

DATA

からくり閻魔堂
●電話番号:0143-84-3311(登別観光協会)●見学時間:9時〜22時●定休日:無休●入場料:無料●アクセス:JR室蘭本線登別駅からバス16分、登別温泉下車(新千歳空港からはバス1時間)。登別バス停から徒歩4分●駐車場:なし●住所:北海道登別市登別温泉町50

 

【食】辛さがウリ「味の大王」の真っ赤なスープのラーメン

味の大王

いかにも辛そうな地獄ラーメン。これは地獄の3丁目

味の大王

温泉街の中ほどにある店で、辛さが売り物の地獄ラーメンが名物。ピリッと辛い通常のラーメンが0丁目で、もっと辛いのが好みの人は唐辛子を足す。スプーン1杯の唐辛子が1丁目で、2杯なら2丁目となる。1杯で50円増し。店内には辛さの限界に挑戦した人の氏名と辛さの度合いが、たくさん貼り出してある。平成20年5月現在の記録は51丁目。ラーメンにはたまねぎ(オニオン)のスライスをトッピング。たまねぎの甘さがスープに合うのと、地獄らしく「オニがオン」としゃれている。地獄ラーメン0丁目で790円。

味の大王

DATA

味の大王
●電話番号:0143-84-2415●営業時間:12時〜14時・21時〜午前2時●定休日:第1・第3・第5火曜休●アクセス:JR室蘭本線登別駅からバス16分、登別温泉下車(新千歳空港からはバス1時間)。登別温泉バス停から徒歩2分●駐車場:なし(周辺の有料駐車場を利用)●住所:北海道登別市登別温泉町29

 
 

モデルコース例

  • 地獄谷
  • 徒歩:20分
  • 大湯沼
  • 徒歩:25分
  • からくり閻魔堂
  • 徒歩:2分
  • 味の大王
登別温泉散策マップ 散策マップを拡大
 
 

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

  • 大人のお湯旅 登別温泉トップページ
  • チェックイン前を楽しむ 「まず地獄谷に行ってみよう」
  • チェックアウト後を楽しむ 「熊と遊び温泉街そぞろ歩き」

※2008年7月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

登別温泉の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す