みんなで選ぶ 第9回温泉大賞

温泉トップ > 温泉に行く > 道東 > チェックイン前を楽しむ「日没迫るオホーツクの海へ」

道東(阿寒湖・ウトロ・網走湖)

「大人のお湯旅」泊まって楽しむ旅案内

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

-チェックイン前を楽しむ「日没迫るオホーツクの海へ」

【遊】サンセットの時間に乗船すれば旅情もひとしおの知床観光船

日本最後の秘境といわれる世界自然遺産・知床。この人を寄せつけない断崖絶壁の海岸美を、船上から楽しむのが知床観光船だ。船は総トン数491トンと489トンの大型船「おーろら」2船で、定員400名。一般的なのが硫黄山コースで、象岩、クンネポール、オーバーハングなど流氷や荒波が削った海食洞や高さ200mもある断崖絶壁、その上にそびえる羅臼岳から硫黄山、知床岬方面へとのびる知床連山の眺めを楽しみ、硫黄山に端を発してオホーツク海へと落下するカムイワッカの滝の前でUターンする所要1時間30分の船旅だ。運航は4月28日〜10月22日、8時15分/10時30分/12時30分/14時30分の4便が全期間、4月28日〜8月31日は16時30分、9月1日〜9月10日は16時15分に出航する便がある。また、これとは別に、6〜9月の10時出航、3時間45分所要の1日1便だけの知床岬航路もある。

クンネポール

流氷や荒波に削られた「クンネポール」の断崖美

編集部チェック

カムイワッカの滝 ハイライトであるカムイワッカの滝は硫黄山から流出する湯の川だ。上流部には秘湯ファンに人気のカムイワッカ湯の滝があり、かつてはこの滝つぼが適温の野天風呂として人気を集めた。残念ながら、現在は知床大橋そばの探勝入口から100mほどの第1の滝の上部は立ち入り禁止になってしまったが、それでも湯の川が観光スポットになっていて、7月13日〜9月20日の間はウトロや知床自然センターからシャトルバスが出る。

 
知床観光船

夕映えのオホーツク海をゆく知床観光船

カムイワッカの滝

硫黄山コースのハイライト、カムイワッカの滝

DATA

知床観光船
●電話:0152-24-2147(道東観光開発)●営業期間:4月28日〜10月22日(硫黄山航路は毎日4〜5便運航、知床岬航路は6〜9月に1日1便運航)●定休日:期間中は無休●乗船料:硫黄山航路=中学生以上2,700円、小学生1,350円、小学生未満無料●アクセス:JR釧網本線知床斜里駅から知床五湖行きバスで50分、ウトロ温泉下車、乗船場まで徒歩15分●駐車場:80台(1回400円)●住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ東107

 

【歩】知床五湖をめぐる自然歩道で世界自然遺産を足でも体感

知床五湖

平成18年に完成した高架木道

知床五湖海上からの観光の主役が知床観光船なら、陸上の主役は知床五湖になる。ミズナラやトドマツなどの原生林に包まれ、知床の山々を湖面に映す5つの湖だ。5湖を一周する探勝路があり、約1,800m・1時間10分で回れる。時間がなければ、第一湖と第二湖をめぐる40分コースでも充分に知床の自然の美しさが楽しめる。また、バス停近くの高架木道を歩く望岳台なら徒歩5分で行ける。熊が出没することもあるので、夜間や早朝の立ち入りは自重すること。

知床五湖

DATA

知床五湖
●電話:0152-24-2639(知床観光案内所)●入場時間:原則7時30分〜18時●定休日:無休●アクセス:JR釧網本線知床斜里駅から知床五湖行きバスで1時間15分、終点下車(知床五湖入口、ウトロ温泉からはバス25分)●駐車場:150台(1回410円)●住所:北海道斜里郡斜里町岩尾別

 
 

【食】ウトロで荒磯料理といえば名店「くまのや」に決まり!

知床の味覚を堪能する荒磯料理ならこの店に決まりだ。“知床に熊の家あり”と知られた名店で、道路拡張のために今春、道の駅「うとろ・シリエトク」と向かいあう現在地に移転。店名をひらがなに改めた。名物はトップ写真の特製荒磯丼2,850円、地元斜里産の小麦を使った麺をはじめ地元の方々の協力も得て誕生した新メニューの知床海鮮湯麺850円。ほかにも豊富なメニューがそろっていて目移りしそうだ。夜は酒の肴の品数も多い。

知床海鮮湯麺

(上)新メニューで人気絶頂の知床海鮮湯麺
(右)熟練の腕を振るう主人の午来治男さん

熟練の腕を振るう主人の午来治男さん
 
 
くまのや

DATA

くまのや
●電話:0152-24-2917●営業時間:11〜15時・17時30分〜20時●定休日:水曜日●アクセス:JR釧網本線知床斜里駅から知床五湖行きバスで50分、ウトロ温泉下車、徒歩5分●駐車場:5台(無料)●住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ西187

 

【観】知床観光のスタートとなる豪快なオシンコシンの滝

オシンコシンの滝

正面から見たオシンコシンの滝

国道からも瀑布の一部が見えている

斜里から知床へ向かうと、いわば知床の玄関口で最初に観光客を迎えるのがオシンコシンの滝。売店とトイレ、駐車場がある国道からほんの少し坂を上がるだけで、滝の正面に立てる手軽さから立ち寄っていく人が多い人気のスポットだ。落差は80mほどで、途中で二つに分かれて落下しているところから“双美の滝”とも呼ばれる美しい滝である。

DATA

オシンコシンの滝
●電話:0152-24-2639(知床観光案内所)●見学時間:随時●定休日:無休●アクセス:JR釧網本線知床斜里駅からウトロ温泉・知床五湖行きバス39分、オシンコシンの滝下車すぐ(ウトロ温泉からはバス8分)●駐車場:30台(無料)●住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ西

 
 

モデルコース例

  • オシンコシンの滝
  • バス:8分+徒歩:5分
  • 荒磯料理くまのや
  • 徒歩:5分+バス:25分
  • 知床五湖(駐車場)
  • バス:25分+徒歩:15分
  • 知床観光船(船乗り場)
道東散策マップ 散策マップを拡大
 
 

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

  • 大人のお湯旅 道東トップページ
  • チェックイン前を楽しむ 「日没迫るオホーツクの海へ」
  • チェックアウト後を楽しむ 「阿寒湖畔の名所と味めぐり」

※2008年8月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

阿寒湖温泉の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す