みんなで選ぶ 第9回温泉大賞
 

温泉トップ > 温泉に行く > 箱根湯本温泉 > チェックアウト後を楽しむ「楽しめる、箱根の歴史伝統の数々」

箱根湯本温泉(神奈川県)

「大人のお湯旅」泊まって楽しむ旅案内

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

-チェックアウト後を楽しむ「楽しめる、箱根の歴史伝統の数々」

【歩】早雲寺・箱根旧街道 鎌倉時代をしのぶ湯本の名刹を歩く

旧東海道側の山門から入る早雲寺は、朝比較的早い時間に訪れてみたいところ。緑に囲まれた境内は静けさに満ち、温泉街の賑わいからいっとき離れるには最適の場所である。建立後500年近くを経た北条早雲の菩提寺で時代の流れを感じた後は、旧道に沿って、正眼寺→旧街道石畳(往時の面影を255m残す)→箱根観音と散策してみるのもいい。約1時間のコースだが、ゆったりと旅の気分を味わうことができる。なお、11月3日だけはこのあたり一帯が賑やかになる。早雲寺は、箱根三大祭りの1つである「箱根大名行列」の出発点。箱根絵巻を堪能したい人はこの日に訪れたい。

ちなみに、早雲寺に程近い旧街道沿いに立つ「弥坂湯」は大正年間にできたもの。タイル張りの丸い湯舟があるだけのいたってシンプルな造りだが、足腰の痛みに効く良質の湯との評判は高く、東京や横浜などから10年以上通っている人もいるとか。町民は安く入れるので地元の人の利用も多い。湯に入りながらの、地元の人との交流も楽しいものだ。

編集部チェック

旧街道江戸時代、往来の多かった東海道で箱根越えは最大の難所だった。1680年、幕府は石を敷いて通行の便と維持をはかったという。当時の石畳が255mにわたって残る旧街道は、早雲寺とともに箱根湯本でぜひ行ってほしいところ。

早雲寺
早雲寺
弥坂湯
 

DATA

早雲寺
●電話:0460-85-5133●営業時間:拝観6時〜16時●定休日:無休●拝観料:なし●アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅徒歩15分●駐車場:あり●住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本405

早雲寺
 

弥坂湯
●電話:0460-85-5233●営業時間:9時〜21時(受付は20時30分まで)●定休日:木曜日●入湯料:町民150円(60歳以上は50円)、それ以外は大人650円●アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅徒歩10分●駐車場:あり●住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本577

弥坂湯
 
 
 

【創】本間寄木美術館 世界に誇る伝統の寄木細工体験

湯本駅から小田原方面に車で3分ほどのところに「本間寄木美術館」がある。寄木の格子天井のある館内には大小さまざまな作品が展示されている。寄木工房では、館長の本間昇さんや職人さんが制作している様を見ることもできるし、併設の売店にはトレー、宝石箱、秘密箱やキーホルダーなど小物類も多数揃えてあり、どれを選ぼうか迷ってしまうほど。ここでは作品づくりを体験することもできる。チャレンジするのは「ムクコースターづくり」。ムクとは模様の違う木を寄せたもの。指導に従って製作机に向かうこと約40分。世界で1つの自分だけのオリジナルコースターが出来上がった。

本間寄木美術館と寄木細工体験

箱根の伝統工芸である寄木細工は日本が世界に誇る職人芸だ。斬新なパターンと緻密な作業には思わず見とれてしまう。お土産には根付などがお手ごろ。

 

DATA

本間寄木美術館
●電話:0460-85-5646●営業時間:9時〜17時●定休日:1月1日●入館料:大人500円 体験教室1回900円●アクセス:箱根登山鉄道入生田駅から徒歩8分●駐車場:12台 (無料)●住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本84

本間寄木美術館
 

【食】中村家で箱根湯本の名物「むし寿し」を味わう

名物「蒸し寿し」

13種類の具がきれいに盛られた「むし寿し」は冬期限定。10月の声を聞くと、待ってましたとばかりにやってくるファンも多いという。

湯本駅前通りにある中村家は、名物「むし寿し」を食せる店として観光客に知れ渡っている。10月から5月の冬期限定だが、地元の人だけでなく観光客の中にも「箱根にくれば寄る」というリピーターも多い。あなごを中心として海老、いか、しいたけ、おぼろ、たけのこなど13種類の具をそれぞれ仕込み、味付けに時間をかけた「むし寿し」を、湯本に寄ったらぜひ食してみたい。もちろん、あじ、あなご、しらすなどのにぎりもそれぞれ美味しくいただける。

DATA

中村家
●電話:0460-85-7351●営業時間:12時〜18時●定休日:水曜日●アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅から徒歩5分●駐車場:なし●住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本691

中村家
 
 
 

【買】定番のお土産ちもとの湯もちを買う


ちもと湯もちとは、ユズ風味の白玉粉のお餅の中に、早川の岩石になぞらえて羊羹を切り入れたもの。本当に美味しいからこそ、人気も長続きするのだろう。「ちもと」はもともと東京・銀座で和菓子の商いをしていたが、昭和24年に湯本で製造・販売を始めた老舗。湯本駅前通りのわかりやすいところにあるので、箱根に別れを告げる前にぜひ暖簾をくぐってみたい店である。

DATA

ちもと
●電話:0460-85-5632●営業時間:9時〜17時●定休日:不定休(年10日程度)●アクセス:箱根登山鉄道箱根湯本駅徒歩5分●駐車場:5台●住所:神奈川県箱根町湯本690

ちもと
 
湯もち

箱根名物としてよく知られた一品。ユズの香りとやわらかい餅、中に入った羊羹のコントラストが絶妙。いつ食べても美味しいお土産の定番だ。

 

モデルコース例

  • 早雲寺散策
  • 車:10分
  • 寄木細工の鑑賞と寄木細工作りを体験
  • 車:10分
  • 箱根湯本の名物「むし寿し」を味わう
  • 徒歩:1分
  • 「ちもと」でお土産を買う
箱根湯本温泉散策マップ散策マップを拡大
 
 

このページはこのまま印刷してガイドページとして使えます。ページを印刷

  • 大人のお湯旅 箱根温泉郷トップページ
  • チェックイン前を楽しむ 「箱根の玄関口・湯本を散策する」
  • チェックアウト後を楽しむ 「楽しめる、箱根の歴史伝統の数々」

※2007年12月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

箱根湯本温泉の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す