温泉トップ > 温泉地観光 > 下呂温泉 > チェックイン前を楽しむ「湯と味と下呂三昧にひたる」

温泉トップ > 温泉地観光 > 下呂温泉 > チェックイン前を楽しむ「湯と味と下呂三昧にひたる」

下呂温泉(岐阜県)

チェックイン前を楽しむ

湯と味と下呂三昧にひたる

 
 

飛騨人の素朴な心と生活に触れる 合掌造りの里「下呂温泉合掌村」

下呂温泉合掌村は3つのエリア(「合掌の里」「民芸の郷」「ふるさとの杜」)からなり、世界文化遺産で知られる白川村などから移築した10棟の合掌造りの民家が広い敷地内に点在している。それぞれ入口・売店(旧大溝家)、合掌茶屋(旧伊波家)、民族資料館(旧岩崎家)などに利用されているが、圧巻は「合掌の里」にある国の重要有形民俗文化財「旧大戸家住宅」。間口21m、奥行き12.3m、高さが13mもある合掌造りでは最大級という大きなもの。

合掌造り特有の切妻合掌造り茅葺屋根が見事だ。天保4年(1833年)から13年の歳月を費やして作られたという貴重な文化財は、大きな炉がきってある板敷きの居間、台所、中二階などをみることができ、往時をしのぶことができる。山深い飛騨地方の厳しい気候風土に順応してきた飛騨人の知恵や生活が道具などにみられ興味深い。

この他、「民芸の郷」には、陶器の絵付けができる「斐騨陶房」、紙すき実演・売店の「漉倉」、国内はもとより海外の狛犬を展示した「狛犬博物館」、さらに地味噌・漬物など飛騨の素朴な特産物の即売コーナーやあまごの炭火焼き・甘酒などがいただける「市倉」があり、工芸や伝統の味が楽しめる。

「ふるさとの杜」では、下呂に伝わる円空仏を一堂に展示した「円空館」や毎年8月に行われる龍神火祭りを再現した「龍神館」など5つのパビリオンが揃っている。

下呂温泉合掌村

  • 電話:0576-25-2239
  • 営業時間:8時15分〜17時
  • 定休日:12月30,31日 平成21年1月6,7日
  • 入場料:大人800円、小・中学生400円
  • アクセス:JR高山本線下呂駅からバス6分
  • 駐車場:250台(無料)
  • 住所:岐阜県下呂市森2369

人気!おすすめ温泉旅館

編集部チェック!

7月下旬から旧大溝家(出入り口)のすぐ横にある「しらさぎ座」が、影絵昔話館としてリニューアルオープンされる。一羽の傷ついたしらさぎが温泉のありかを教えてくれたという「しらさぎ伝説」や、下呂市・下呂温泉に伝わる伝説や昔話をやわらかな色調(ハーフトーンシルエット)の影絵で上演。日本で唯一常設の影絵上演館としてお目見えする。1回2作品(公演時間約40分)を1日2回公演。影絵昔話鑑賞料(予定)200円。
大阪夏の陣のころ(元和年代)の建築という菅田庵は、もともと明治大正時代に名を馳せた長尾長者の邸宅を移築したもの。
築500年の歴史が漂う悠然とした庵内で、山菜料理や川魚、そばなど山の味覚も味わえる。

飛騨牛とトマトの組合せが斬新な「菅田庵」のトマト丼

「地場産食材を使った一品が何かできないか」。そんな思いから研究を重ねて誕生したのが、高級食材の飛騨牛と下呂名物トマトのコラボレーション「トマト丼」(ミニうどんと香の物がついて945円)。牛丼とトマトの組合せという斬新なアイデアは話題を呼び、週末ともなれば100食は出るというロングセラーになっている。大降りの器に入った一品は、トマトのさっぱり感も手伝ってペロリといただける美味しさ。普段は、下呂特産の桃太郎トマトを使うが、7月から出回るフルーツトマトなら、さらに甘みが強く美味しさが引き立つという。低カロリーの健康食として「トマトワインゼリー」(450円)やお土産のトマトカレー(360円)もある。

割烹 菅田庵

  • 電話:0576-25-3070
  • 営業時間:9時30分〜18時(18時〜は予約のみ)
  • 定休日:なし
  • アクセス:JR高山本線下呂駅から車5分
  • 駐車場:30台
  • 住所:岐阜県下呂市森2583

人気!おすすめ温泉旅館

阿多野谷川沿いに数箇所、駅前や下呂温泉合掌村の中にもあり、下呂を愛した詩人との深い絆が伺える。
名前を冠しただけあって公園には野口雨情の歌碑がいくつも見られるが、下呂の街中にも雨情の歌碑が驚くほど多い。

ウォーキングで健康づくり阿多野谷河川公園を散策

下呂温泉の街中を流れる阿多野川両岸は、土産物店や風情あふれるお宿がならび、風にゆれる柳が湯の街のそぞろ歩きにぴったりの風情。ここから少しさかのぼったところにある阿多野谷河川公園は、下呂市民の憩いの場として知られている。川の両側一帯は「湯のまち雨情公園」として散策路が整備され、下呂温泉を愛した野口雨情の歌碑や、東西歌合戦の碑、遊具などが揃う。さらに、ウォーキングで健康づくりをしようと、1.8キロのウェルネスコース(「雨情公園一周コース」)もできている。そぞろ歩きに物足りない自然派は、足をのばしてみるのもいいだろう。

阿多野谷散策路

  • 電話:0576-24-2222(下呂市観光課)
  • 入場料:なし
  • アクセス:JR高山本線下呂駅から徒歩15分
  • 駐車場:あり
  • 住所:岐阜県下呂市阿多野谷

人気!おすすめ温泉旅館

街の中央にかかる下呂大橋は下呂温泉のシンボル的存在。
鷺の足湯
雅の足湯
ビーナスの足湯

散策途中でちょっと立ち寄り足湯めぐりを楽しもう

下呂温泉には、街中に無料で利用できる足湯が点在している。街自体はそれほど広くはないので、散策をしながら主要な幾つかを制覇したい。一番人気は、下呂温泉発祥の地といわれる共同入浴施設・白鷺の湯前にある「ビーナスの足湯」。ビーナスの像を囲むように15人ほどが座れる円形ベンチがあり、いつも足湯を楽しむ人たちで賑わっている。穴場は、近くにある「鷺の足湯」。湯の町通り沿いにあり、ビーナスの足湯から歩いて2〜3分のところにある。和風の造りがこじんまりと、落ち着いたムード。この他、のんびり阿多野谷川を眺めながら入れる「雅の足湯」や「足湯の里 ゆあみ屋」、「もりの足湯」などがある。

下呂大橋の下を流れる飛騨川の河原には、名湯を味わえる噴泉池もある。開放感抜群、入浴のみ可の無料の温泉は、さえぎるものが何もないので女性客には勇気がいるかも。

ビーナスの足湯

  • 電話:0576-24-2222(下呂市観光課)
  • 営業時間:24時間
  • 定休日:無休
  • 入場料:無料
  • アクセス:JR高山本線下呂駅から徒歩7分
  • 駐車場:なし
  • 住所:岐阜県下呂市湯之島856-1

モデルコース例

  • 下呂温泉合掌村
  • 徒歩:1分
  • 菅田庵
  • 徒歩:8分
  • 阿多野谷河川公園「湯のまち雨情公園」
  • 徒歩:5〜10分
  • 足湯めぐり

※2008年8月現在の情報です。掲載情報は変更される場合があります。

下呂温泉の温泉宿・旅館を口コミ、予算、こだわりから探す

新着おすすめ情報

温泉利用型健康増進施設

NEW

温泉に入って健康になれてさらに税金が返ってくる制度!そんな制度があることをご存知でしょうか?

11月連休に泊まれる温泉旅館・ホテル

NEW

全国の11月連休に泊まれる温泉旅館・ホテルをご紹介。

紅葉めぐりと温泉旅館特集

NEW

紅葉と温泉どちらも楽しむ!季節限定の贅沢を特集。

国民保養温泉地

温泉利用の効果が十分期待されると環境省が指定した温泉地を訪れてみませんか?

温泉テーマパーク特集

たくさんの種類の温泉でおもいっきり遊んだあとは、そのまま泊まれる施設もいっぱい!

みんなで選ぶ 第9回 温泉大賞

全都道府県のランキングと、都道府県ごとの投票数ランキングを発表しました!

特選 訪れたい湯宿

独自取材!厳選された約600軒のおすすめ宿

厳選ひとり温泉旅

一人旅におすすめ!お一人様プランのある温泉旅館・ホテル

1泊2食付き1万円以下プランのある宿

1泊2食付 予算1万円以下のプランがある口コミ4つ星以上の宿

部屋食プランのある宿

部屋食プランのある口コミ4つ星以上の宿

露天風呂付客室のある宿

露天風呂付客室のある口コミ4つ星以上の宿

貸切風呂のある宿

貸切風呂のある口コミ4つ星以上の宿