足湯カフェ・バーのある宿3選

街歩きをするときの休憩スポットとして、温泉街の憩いの場として賑わいをみせる足湯。

日本三名泉のひとつ、岐阜県・下呂温泉には10カ所、西の横綱と称される露天風呂「砂湯」のある岡山県・湯原温泉には5カ所の足湯が点在するなど、複数カ所の足湯をもつ温泉地もいまや珍しくなくなってきました。

裸にならずとも靴下さえ脱げば入れる気軽さも手伝って、地域住民も外からやってくる観光客もともに集う癒しスポットとして、多くの人が足湯を楽しむ姿は温泉地の定番ともいえる光景でしょう。

こちらは兵庫県・有馬温泉。温泉地のこんな風景、よく見かけますね ≪写真:野添ちかこ≫

宿泊施設でも玄関前や空きスペースに足湯を設けているところが増えています。
なかでも「足湯カフェ」や「足湯バー」のある宿は個性派揃い。素敵な施設が多いんです。

おいしいパンをほうばりながら足湯

 2010年秋にプレオープンした「東府やResort&Soa-Izu」の「Bakery&Table 東府や」(2011年4月オープン)では、おいしい自家製パンを食べながら足湯ができます。

お気に入りのパンとドリンクをベーカリーで買ってきて席をとろう ≪写真提供:東府や≫

しかも、目の前には海外のリゾートホテルさながらの水盤が広がっていて、優雅な気分に浸ることができるんです。

水面を眺めながらくつろげます ≪写真提供:東府や≫

立ち寄り利用ができるので土曜・日曜日は激混みなのが玉にキズですが、年中暖かな伊豆だからこそ、雪に埋もれることもなく、一年中利用できるのが嬉しいですね。なかでも春には桜、5月には色鮮やかな藤の花が咲いて、“花見の足湯”とくれば行かなきゃソンです。

東府やResort&Spa-Izu

  • 静岡県伊豆市吉奈98

散策途中に立ち寄って、水虫も撃退

草津のシンボル、湯畑の目の前にある「湯畑 草菴」は素泊まり(パンとコーヒーの簡単な朝食あり)でリーズナブルに宿泊できるB&Bの宿。湯畑源泉を注ぐ「足湯カフェ」は宿泊しない人が散策途中に立ち寄ることもできます。

湯畑源泉100%の足湯が楽しめます ≪写真:野添ちかこ≫

コーヒーや紅茶、生ビール、カクテルのほか、ソフトクリームや上州もち豚丼やおっきりこみなど、散策前の腹ごしらえにもOK!

カフェラテアートでほっとひと息 ≪写真:野添ちかこ≫

トイレとコインロッカーが用意されているので、温泉街散策の拠点としても利用できるのが嬉しいですね。

湯畑 草菴

  • 群馬県吾妻郡草津町118-1

足湯でせんべい?

「美女づくりの湯」と名高い寸又峡温泉にも足湯、ありました!
足先までつるつるになりそうなのがこちら、晴耕雨読ヴィレッジ。貸切風呂もいいけれど、足湯に浸かりながらおかきをポリポリ。

自然を眺めながらゆったり ≪写真提供:晴耕雨読ヴィレッジ≫

え? おかき??

そうなんです。

こちらの施設には地元作家のアート作品のほか、なんと常時80種類のせんべいとあられが置いてあるんです。2015年10月オープンのゲストハウス併設のハンモック&足湯カフェで足湯しながら、お気に入りのお土産を探してみてはいかがでしょう。(*ただし、冬季期間〈12月中旬から3月中旬〉はお休みとなることが多いそうなので要問合せです)

晴耕雨読ヴィレッジ

  • 静岡県榛原郡川根本町寸又峡温泉

「おすすめカフェ, 足湯, おすすめ宿3選, 吉奈温泉, 寸又峡温泉, 草津温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする