石段・神社・紅葉の伝統美「妙義神社」の紅葉が美しい

そろそろ「紅葉」も狩り納めの紅葉ハンターが、群馬県富岡市にある「妙義神社」の紅葉をハントしてきました。今回は、「妙義神社」~「碓氷峠鉄道文化むら」~「めがね橋」~「吾妻挟」のルートを巡ってきましたよ。

上州三山の1つ「妙義山」の紅葉が美しい

まるで絵画のような美しい妙義山と紅葉

妙義山は、白雲山、金洞山、金鶏山と峰が3つに分かれている上毛三山の一つ。ごつごつとした巨大な岩でできた山肌は、まるで西部劇に出てくる岩山のようです。とてもごつごつして男っぽい山に、きれいな紅葉が相まって絵画のような美しい一枚が撮れました。上毛三山はどれもパワースポットとなっているようです。確かにパワーを感じますね。

富岡市と言えば、世界遺産・国宝の富岡製糸場や群馬サファリパークもあり、東京から高速道を使って2時間程度で日帰り観光も楽しめる場所ですが、紅葉の時期はここ「妙義神社」に沢山の人が押し寄せる紅葉スポットとなっています。

まずは大鳥居から境内を目指す

大鳥居

まずは大鳥居をくぐり参道を歩きながら妙義神社本殿を目指します。

趣のある石段

太鼓橋と165段の参道石段

紅葉ハンターもこの石段が結構キツイと嘆いておりました。傾斜もキツそうですが、高さがバラバラな石段を昇るのは結構大変ですよね。。。足腰に自信があるうちに行くことをおすすめします!この石段はNHK大河ドラマ「義経」のワンシーンが撮影された地として、とても有名になったようです。

妙義神社は紅葉としだれ桜の名所

石段の左右に広がる紅葉が美しい

最後の石段の前までやってきました。石段左右にある紅葉が美しいですね。春はしだれ桜が咲き乱れとても幻想的でキレイみたいですよ。桜の時期の妙義神社も行ってみたいですね。

青い空に映える赤い総門と仁王像がお出迎え

赤い総門と仁王像が見えてきた!あと少し!

えっさ、えっさと石段を登り、最後の石段前に到着。どーんと赤い総門と迫力ある仁王像がお出迎えしてくれています。本殿まであと少しー!

国指定重要文化財の本殿

日光東照宮の彫師が手掛けたという美しい彫刻の数々

赤い総門をくぐると、次に漆黒に金や色鮮やかな装飾が美しい妙義神社本殿が目の前に広がります。この本殿の見事な彫刻は、あの日光東照宮の彫刻師が手がけたそうです。躍動感がある上り龍と降り龍も見ることができます。

妙義神社の紅葉をハントした後は、道の駅みょうぎの食堂で薫り高い「舞茸天ぷらうどん」をいただきました。実はうどんの名産地でもある群馬県。日本三大うどんの水沢うどんが有名ですが、それ以外のうどんも美味しいですよー!そしてお土産は、鍋には欠かせないとろっとろの下仁田ネギはいかがでしょう?新鮮なとれたて野菜や産地直送商品が並ぶ道の駅はその土地ならではの味があって楽しめますよね。

碓氷峠鉄道文化むら

D51

「碓氷峠」に通っていた旧碓氷線の横川-軽井沢間の歴史などを伝え、展示されている電車は蒸気機関車から機関車トーマスまで。大人から子供まで楽しめる鉄道資料館です。実際に乗車できるSLや鉄道模型もあります。ここでしか買えないレアなグッズもあるようなので、電車好きの方はぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。館内には横河名物「峠の釜めし」も販売しているようですよ。

碓氷第三橋梁(通称:めがね橋)

レンガ造りのアーチ橋

紅葉が終わってしまっていますが、碓氷第三橋梁通称「めがね橋」も、紅葉時期はとても綺麗な名所です。明治25年に完成した橋は、昭和38年に廃線となった旧碓氷線の橋梁の一つで国内最大の煉瓦づくりアーチ橋です。平成5年に国の重要文化財に指定されました。近くで見るとその大きさに圧倒されますね。

関東の耶馬渓 国指定名勝「吾妻渓」

残念ながら紅葉ハンターが見に行った時には、碓氷峠や吾妻挟の紅葉はみごろを過ぎていたのですが、まだまだ十分楽しめましたよ。「吾妻峡」も紅葉でとても有名な場所の一つ。溶岩を川水が深く浸食してできた渓谷で、近くの川原湯温泉から続く遊歩道はハイキングコースとしても楽しめるようです。

番外編:お台場

所変わって、ここはお台場

都内も紅葉が始まってきましたね。新しいガンダムになってから初めてお台場に行ったのですが、ユニコーンガンダムは初代ガンダムよりもスタイリッシュな作りなんですね。演出の時間のデストロイモードのガンダムはとてもかっこよかったです!夜の演出は色々と凝っているようなので、まだの方は是非!そしてお台場はイルミネーション飾りがとても美しい場所で、どの商業施設に行っても立派なイルミネーションがあります。紅葉と共にイルミネーションを見て歩くのもこの時期ならではですね。

妙義旅館街:http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/spot/10003225.html

「グルメ, 観光, 紅葉ハンター, 群馬」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする