どっぷり浸かってぐっすり快眠 ~心身湯治の宿 豊島屋(群馬県)~

「四万の病悩を治する霊泉」とのご神託から発見されたとされる四万温泉。

いまも豊富な湯が湧き、温泉郷全体で利用されている源泉数は40本以上もあります。

でも、36軒ある湯宿のうち、自家源泉を持ち、すべての浴槽が源泉かけ流しとなっている宿は実は限られています。


ここ、豊島屋の源泉は「薬王の湯」をはじめ3本の自家源泉をもち、総湧出量は毎分200ℓ以上。大浴場でも客室の浴槽でも、源泉そのままをかけ流しで楽しめます。宿のすぐそばを流れる清流と同じくらいに澄んだ無色透明の源泉はシビレルほどいいお湯でした。

 深くてパワフル! どっぷり風呂

「四万温泉は山に染み込みんだ雨水が、およそ60年以上の旅をして再び湧き出てきた温泉です。故・永六輔さんが『温泉は地球の羊水』だと言っていたけれど、お母さんの胎内にいるときのように、のびやかに大きく手足を伸ばしてもらいたいですね」と話すのは、田村明義社長。

名湯を名湯たらしめるべく、豊島屋では、温泉の給湯方法からこだわり、湯の質にはとくに気を遣っています。水で薄めると肌触りも変わってしまうことから、約60℃の源泉を熱交換器で適温へと冷ましています。そのためか、しっとりとやわらかな湯ながら、温泉のパワーは強力。湯の質に加え、入って驚いたのが浴槽の深さです。

ふ・ふかい!!

浴槽はあつ湯とぬる湯の2つ ≪写真:野添ちかこ≫

浴槽はあつ湯とぬる湯の2つ ≪写真:野添ちかこ≫

「瑞雲乃湯」(22時まで女湯)には、「ゆったり風呂」(ぬる湯)と「どっぷり風呂」(あつ湯)の2つの内湯が並んでいます。ぬる湯といっても42・5℃、あつ湯の方は44℃もありましたが、よくかけ湯をして湯に浸かると思ったほど熱くなく肌にするりと馴染むやさしさでした。ぬる湯の方は、座高の高い私でも顎まで浸かれるほど深い!

あつ湯浴槽の方は、さらに深くて、正座をして腰を少し浮かしても顎まで湯がくるほど、本当にどっぷりと浸かれます。あゝ、気持ちいい。気づけば、ポカンと口を開けている自分の口を慌てて閉じてみたり……(笑)。

何でも、江戸時代から先祖伝聞で伝わる深さ、「女性の腰高」なのだそうです。そう、豊島屋の開業は江戸時代。代々、先祖から守ってきた源泉を持つ老舗宿のうちの一つなのでした。

湯舟はざらざらとした感触の伊豆の伊豆石(いまはもう採掘はされていない)で、足に触れると心地よい。洗い場の床にもこの石が贅沢に使われています。熱いのに、長い時間、浸かっていられたのは意外でした。そして湯から出て浴衣を着ても、いつまでも汗が引かない。やさしいけれど、力強さが特長です。

「飲泉」で有名な四万温泉らしく、浴室の前には、飲泉所も設置されています。

大浴場前の飲泉所 ≪写真:野添ちかこ≫

大浴場前の飲泉所 ≪写真:野添ちかこ≫

年季の入った甕に白いカルシウム分が付着して、神秘性も感じられます。神祠として祭られているのが何やら神々しくもありました。

 山・里・川、三位一体でいただく里山懐石

夏の終わりの夕食は、胃腸にやさしい食材で丁寧に作られた里山懐石料理。

椀ものは南蛮黍(とうもろこし)のすり流し。中に巻き湯葉や上州鱧落とし、粟麩などが入っています。

南蛮黍はやさしい味わい ≪写真:野添ちかこ≫

南蛮黍はやさしい味わい ≪写真:野添ちかこ≫

里山のお造りは川(大岩魚)、山(たもぎ茸)、里(霜降り馬刺し)の3つを組み合わせた里山のお造り。紅鱒と秋茄子の博多焼に、いちじくのコンポートが添えられていました。

「里山のお造り」は3種盛り ≪写真:野添ちかこ≫

「里山のお造り」は3種盛り ≪写真:野添ちかこ≫

釜炊きのご飯はつやつやだし、お漬物のおいしいこと! なんと自家農園で採れた茄子や野沢菜などの地野菜が使われていました。田舎のお漬物ってなんておいしいんでしょう。

これからの季節はさまざまなキノコ類やジビエが登場するはず。朝食の味噌汁にも猪肉が使われていました。

朝風呂は、大きな露天風呂のある「麗峰の湯」へ。

渓流沿いの露天風呂 ≪写真:野添ちかこ≫

渓流沿いの露天風呂 ≪写真:野添ちかこ≫

清流と聞くと、さらさらと静かな川が流れているイメージですが、轟音を轟かせ、流れる四万川はとっても男性的。見ればすぐそばで、川が大岩に砕けて水しぶきをあげていました。この日は少し雨も降っていましたので、川霧が立ち込めて、幻想的な趣きでした。

渓流沿いの露天風呂は、男性用と女性用を合わせると、長さ35メートルにもなるそうです。内風呂は深めの「どっぷり風呂」。この深さ、全身にかかる水圧が大きくて、マッサージ効果が高いから、肩こり、首こりにもよさそう。くせになりそうです。

朝のどっぷり風呂 ≪写真:野添ちかこ≫

朝のどっぷり風呂 ≪写真:野添ちかこ≫

心身湯治の宿 豊島屋

  • 群馬県吾妻郡中之条町四万3887
  • 全15室
  • IN 15時/OUT 10時
  • 1泊2食 12,800円(消費税込・入湯税別)~
  • 日帰り入浴:不可

「掛け流し, 美肌の湯, 飲泉, 群馬, 四万温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする