「離島」で身も心もリフレッシュ!沖縄 離島のすてきなホテル3選

okinawa01

沖縄本島に行ったことがあっても、離島に行ったことがないという人は多いのではないでしょうか。石垣島や宮古島、小浜島など沖縄県内にはさまざまな島が点在していて、都市化した沖縄本島とは全く違った雰囲気を感じられますよ。人の手が加えられていない雄大な自然に心奪われること間違いないでしょう。

okinawa02

今回は沖縄離島ステイが最高の想い出になること間違い無しのおすすめホテルを3つ紹介します。小浜島や西表島にあるホテルには石垣島からフェリーを使えば30分程度で到着できるため、離島めぐりを楽しみたい人にはぴったりです。
リゾート感あふれるすてきなホテルで、身も心もリフレッシュしてください。1泊1万円台から探せるので、部屋のグレードや宿泊日に合わせてお気に入りの宿を探してみてください。

はいむるぶし

はいむるぶし

絶景を望むビーチエントランス

はいむるぶしは国立公園内に位置しているため、豊かな自然を思い切り体感できるホテルを探している人におすすめです。広大な敷地内には「でいご」や「ぱぴる」などユニークな名前のコテージ棟が点在していて、周りを気にすることなく滞在を満喫できます。

はいむるぶし

海が望める客室 オーシャンプレミア

スタンダードルームやスーペリア、オーシャンビューのスイートルームやデラックスルームと部屋の種類も豊富で、予算に合わせてチョイスできるでしょう。部屋にはバスルームが付いていますが、離れにある展望大浴場からは西表島や夕日を眺めることができるので、ぜひ利用してみてください。広々としている空間で、気分をリフレッシュすることができます。

はいむるぶし

沖縄の自然を望む展望大浴場

食事場所はビュッフェレストランやグリルダイニング、海カフェなど複数存在していて、長期滞在を計画している人もメニューに飽きることはないでしょう。テニスコートやプールなどファシリティも充実しています。

>はいむるぶしの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

ラ・ティーダ西表リゾート

ラ・ティーダ西表リゾート

リゾートハウス外観 それぞれ異なるコテージになっている(写真提供:じゃらんnet)

西表島港から車で5分の距離にある「ラ・ティーダ西表リゾート」は全32室のゲストルームで構成されていて、それぞれ異なるコテージで滞在を満喫できます。オーシャンビューの部屋もあるので、海を眺めてのんびりしたい人は客室を指定するとよいでしょう。客室のお風呂はバストイレが別々になっているので、ゆったりと入浴できます。

ラ・ティーダ西表リゾート

明るく、南国らしい開放感ある客室(写真提供:じゃらんnet)

プライベートビーチを持つ「ラ・ティーダ西表リゾート」では、南風見田浜の砂浜を歩きながらエメラルドグリーンの海を楽しめることも魅力のひとつ。夏季にはシュノーケルやダイビングのアクティビティの予約も受け付けています。

ラ・ティーダ西表リゾート

琉球創作料理を堪能(写真提供:じゃらんnet)

オーシャンビューレストランで提供されるのは島野菜をふんだんに使った琉球創作料理で、素材の味をそのまま楽しめます。沖縄ならではのスパイスを利用していて、ここでしか味わえない食事に舌鼓を打てるでしょう。

>ラ・ティーダ西表リゾートの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

ホテルアラマンダ小浜島

ホテルアラマンダ小浜島

スーペリアスイート客室例(写真提供:一休.com)

2017年4月1日にオープンが予定されている「ホテルアラマンダ小浜島」はぜひ一度宿泊してみたいホテル。客室はアラマンダスイートやデラックススイート、スーペリアスイートとスイートルームで構成されていて、広々とした客室で開放的な気分で過ごせます。大浴場はありませんが、客室付きのお風呂はどれも広く作られているので、旅の疲れも癒やせることでしょう。

ホテルアラマンダ小浜島

広く開放的なバスルーム(写真提供:一休.com)

2階建ての独立したスパにはジャグジーやワイドバスなど施設が充実しているので、さまざまなお風呂を楽しみたい方にはおすすめです。琉球スパではサンゴやハイビスカスで沖縄の自然を感じながら、ボディをシェイプアップできます。

ホテルアラマンダ小浜島

ビュッフェレストラン(写真提供:じゃらんnet)

ビュッフェレストランや鉄板焼きレストラン、琉球料理レストランなど食事施設はバラエティ豊富で、気分に合わせて選べるでしょう。八重山諸島唯一のゴルフフルコースである小浜島カントリークラブも徒歩圏内にあるので、ゴルフ好きな方におすすめです。

>ホテルアラマンダ小浜島の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

まとめ

沖縄離島ホテルは広大な敷地内にあり、広々としたお部屋で思い切り羽を伸ばすことができるでしょう。スパやレストランなど施設も充実していて、長期間滞在しても飽きることはありません。都会の喧騒を忘れて大自然を感じたいときには、沖縄の離島に出かけてみてはいかがでしょうか。


「リゾート, 島」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする