セレブも愛する 小さな高級ホテルだけの”SLH”認定ホテル【九州・沖縄編】

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(Small Luxury Hotels of the World“SLH”)とは、1991年に誕生したイギリスに本社を持つ世界的なホテルブランドです。ブランド名が示す通り、世界80ヶ国以上の520を超える小規模な独立系の高級ホテルが加盟しています。

area

加盟のためには厳しい審査を通過しなければなりません。毎年数百ものホテルが加盟申請をしますが、無事審査を通過し新しく登録されるのはわずか5%ほど。世界各国の加盟ホテルは、伝統的な古城ホテルから最新のデザインホテルまでさまざま。独自のコンセプトを持ち、世界のセレブ達が愛用しているのをはじめ、世界中のメディアにも注目されています。

雲仙観光ホテル

雲仙観光ホテルイメージ(写真提供:じゃらんnet)

2017年1月時点でSLHに加盟している日本のホテルは10施設のみ。どの施設も厳しい審査基準をクリアした高いホスピタリティのラグジュアリーホテルです。今回は国内のSHL加盟ホテルのなかから、九州・沖縄エリアのホテルをいくつかご紹介します。

シギラベイサイドスイート アラマンダ <宮古島>

シギラベイサイドスイート アラマンダ

南国リゾートを満喫できるハイクラスなホテル

宮古島の南岸沿いに約100万坪という広大な敷地を持つシギラリゾートの一角にあるホテルです。同じシギラリゾート内のフラッグシップホテル「THE SHIGIRA」とともにSLHに加盟しています。

シギラベイサイドスイート アラマンダ

ゲストルームは全てスイート仕様

全128室のゲストルームは全てスイート仕様。アジアンテイストの本館をはじめプールヴィララグーンスイート、ジャグジースイートなどさまざまなタイプがそろうラグジュアリーリゾートホテルです。食事は宮古島の食材と和食を融合した和琉創作料理を楽しめるダイニングや、フレンチとコラボレートした創作イタリアンのリストランテで楽しめます。

シギラベイサイドスイート アラマンダ

リゾート内ではアクテビティメニューも数多い

リゾート内では温泉施設、プールやゴルフ場の他、シーカヤックやシュノーケリングなどのマリンレジャー、セグウェイやハンモックヨガ等アクテビティメニューも数多く用意されており、南国リゾートを満喫できます。

>シギラベイサイドスイート アラマンダの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

ザ・テラスクラブ アットブセナ

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

大人のためのウェルネスリゾート(写真提供:じゃらんnet)

沖縄本島の北部、名護市の部瀬名岬。「ザ・テラスクラブ アットブセナ」は名護湾を見下ろす大自然に囲まれたロケーションで「心身が快適で健やかに過ごせる場所」というコンセプトの大人のためのウェルネスリゾートです。

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

客室の窓越しに見える大自然はまるで1枚の絵画のよう(写真提供:じゃらんnet)

全60室のゲストルームのあるホテルは全てがクラブフロアというラグジュアリーな空間。テラスを備えた大きな窓越しに見える南国の大自然が、まるで1枚の絵画のように美しく客室を彩ります。

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

お部屋でワイン&オードブルも楽しめる(写真提供:じゃらんnet)

滞在中は、飲み物やスイーツが楽しめるティータイム、カクテルメニューの楽しめるカクテルタイムといったフリーサービスも用意され、ワンランク上のホテルライフを満喫できます。タラソテラピーやヨガなどのプログラムも充実。開放的な南国リゾートの雰囲気のもとで心身ともにリラックスできるでしょう。

>ザ・テラスクラブアットブセナの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

sankara hotel&spa屋久島(サンカラ リゾート&スパ屋久島)

sankara hotel&spa屋久島

オーベルジュ型のリゾートホテル(写真提供:じゃらんnet)

「sankara hotel&spa 屋久島」は、世界自然遺産に登録されている屋久島の南東部、眼下に海を望む高台に佇むオーベルジュ型のリゾートホテルです。“sankara”は「天からの恵み」という意味のサンスクリット語。屋久島の神秘的な大自然と食、快適な空間などの天からの恵みを大切にしています。

sankara hotel&spa屋久島

ナチュラルで落ち着いた雰囲気の客室(写真提供:一休.com)

ゲストルームは53平米のヴィラから126平米のスイートまでの5タイプ。木を基調としナチュラルで落ち着いた雰囲気の客室は広々としており、明るく開放的です。アメニティも自然にこだわっており、植物由来の天然成分のものを使用しています。

sankara hotel&spa屋久島

フレンチベースの創作料理を楽しめる(写真提供:じゃらんnet)

オーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)と謳っているだけあり、食にもこだわっています。屋久島の天からの恵みにこだわった地産地消をコンセプトに、洋食や和食といったジャンルにとらわれず、地元の漁師さんや農家さんから仕入れた食材など九州産の食材にこだわったフレンチベースの創作料理を楽しめます。

>sankara hotel&spa屋久島の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

雲仙観光ホテル

雲仙観光ホテル

歴史を感じさせる風格ある佇まい(写真提供:じゃらんnet)

雲仙が国定公園に指定された1935年(昭和10年)10月10日午前10時に外国人向けの避暑地ホテルとして誕生した伝統あるクラシックホテルです。スイスのシャレー様式の山小屋風建築は、国の有形文化財にも指定されている由緒ある建物。SLHには2012年4月に加盟しました。

雲仙観光ホテル

地元の旬の食材を活かした洋食ディナーの例(写真提供:じゃらんnet)

並木に囲まれた石畳の道の先に佇むホテルは緑と調和し、その一角だけ海外の避暑地のような雰囲気ですが、館内に足を踏み入れるとレトロでアンティークな空間が広がっています。客室は2004年にリニューアルし、ノスタルジックな雰囲気はそのままに、より快適でエレガントな空間に生まれ変わりました。

雲仙観光ホテル

モダンなデザインの中、かけ流しのお湯を楽しめる(写真提供:じゃらんnet)

また、厳選した地元の旬の食材と伝統的なフランス料理の技法が融合した地産地消の「雲仙キュイジーヌ」にも定評があります。自噴源泉の掛け流しの温泉とともに、昭和初期のロマンを堪能できるラグジュアリーホテルです。

>雲仙観光ホテルの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

まとめ

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟しているホテルは、ラグジュアリーなだけでなく、ワンランク上のホスピタリティを備えています。そのため、大切な人との特別な時間を過ごすのにはもってこい。日々の喧騒を離れた非日常の時間をぜひ満喫してみてください。


「ハイクラス, 小規模ホテル, 宮古島・伊良部島, 雲仙温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする