みんなで選ぶ 第9回温泉大賞

星野リゾート界で期間限定スイーツ「和フタヌーンティー」が楽しめる!

area01

暖かな春の訪れとともに、新緑を感じながら優しい和のスイーツをいただきませんか。星野リゾート界からはこの春、「お茶」と「和のスイー ツ」が提案されています。器やお茶、お菓子を愛でながら「和フタヌーンティー」の時間を過ごしましょう。
2017年3月1日~5月31日、日本各地の星野リゾート界で春色和スイーツを楽しむことができます。

和フタヌーンティーイメージ

和フタヌーンティーイメージ

星野リゾート界・熱海の伊豆山では3月~5月の土曜日・14:00~15:30の間、高台の「青海テラス」を貸し切り!爽やかな潮風の中、お友達と心置きなく「和フタヌーンティー」で優雅なひとときが過ごせます。星野リゾート界・伊東では3月1日~5月31日・15:30~17:00 の間、日本庭園で「花庭ピクニック」。熱海桜やツツジを鑑賞しながらいただく和スイーツは、春の香りいっぱいです。

星野リゾート界・遠州

星野リゾート 界 遠州

檜造りの「湖都(こと)の湯」はお茶玉を浮かべるご当地風呂(写真提供:じゃらんnet)

浜名湖を一望できる「星野リゾート界・遠州」では、2017年5月8日~6月30日の間、新茶を楽しむ「一番茶祭り」が開催されます。檜造りの大きな内風呂の「湖都(こと)の湯」には、お肌に良いとされるテアニンが含まれたお茶玉が浮かんでおり、とても優雅な気持ちになれます。

星野リゾート 界 遠州

洋客室例。洗練されたモダンなデザイン(写真提供:じゃらんnet)

他にも、お茶を粉状にしたお茶パックなどが体験でき、ツヤツヤお肌を目指せそう。静岡ならではである、お茶の心地よい香りを楽しめます。

星野リゾート 界 遠州

館内ではお茶にこだわった愉しみがたくさん(写真提供:じゃらんnet)

その他一番茶を飲み比べる「闘茶」や「お茶染め体験」など、普段は経験できない貴重な時間を過ごすことができます。
限定の新茶作りの体験ツアーとなる1泊2食付 29,000円~(税込)では、新茶を自分で摘み、生の茶葉を煎って手もみし、自分だけの「オリジナル新茶」を作る事ができます。新茶の素晴らしい香りの中、貴重な体験ができますね。

>星野リゾート界・遠州の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

星野リゾート界・熱海

星野リゾート 界 熱海

建築家・隈研吾氏が設計した、古々比の瀧(こごいのゆ)(写真提供:じゃらんnet)

「星野リゾート界・熱海」の源泉は、伊豆山温泉「走り湯」。有馬・道後に並ぶ歴史ある「日本三大古泉」のひとつともいわれており、毎分約170リットルもの豊富な湯が湧き出ています。建築家・隈研吾氏が設計した、古々比の瀧(こごいのゆ)では、高台から海を望んで湯に浸かることができ、都会の喧騒を忘れさせてくれます。

星野リゾート 界 熱海

食事は地のもの・旬のものを目にも鮮やかに(写真提供:じゃらんnet)

かけ流しの温泉で贅沢気分に浸ったあとは、空中湯上がり処の「青海テラス」へ。
こちらは3月~5月の土曜日・14:00~15:30の期間、1泊2食付 37,500円~で貸し切りにすることができます。

星野リゾート 界 熱海

全室オーシャンビューの客室は和室のほか、白で統一された洋室も(写真提供:じゃらんnet)

「海の和フタヌーンティー」では、専属シェフが和菓子を洋風にアレンジした「和スイーツ」を提供。水菓子や大福、練り物などの定番和菓子が、どのように和スイーツへアレンジされるのか…。温泉後の優雅なひとときを、「和フタヌーンティー」で過ごしてみませんか。

>星野リゾート界・熱海の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

星野リゾート界・箱根

星野リゾート 界 箱根

大浴場の古代檜の半露天風呂

古代檜の湯船が使われている「星野リゾート界・箱根 」の温泉は、壁が抜かれた半露天のようになっており、湯坂山や須雲川を気持よく眺めることができます。泉質はナトリウム・塩化物泉で、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病などの効能があるそう。

星野リゾート 界 箱根

春の時期限定で楽しめる「和フタヌーンティ」

温泉でゆったりとくつろいだあとには、「星野リゾート界・箱根 」オリジナルスイーツはいかがでしょう。3月1日~5月31日の期間中、リニューアルオープンした「箱根寄木の間 清流リビング付洋室」では、「寄木で楽しむスイーツ」 と甘酒カクテルを提供。

星野リゾート 界 箱根

客室は全室リバービュー(写真提供:じゃらんnet)

ホテルの最上階で楽しむ「和フタヌーンティー」は、器が伝統工芸「箱根寄木細工」となっているので、直に職人技に触れることができますね。オリジナルの甘酒カクテルを片手に、雅な時間が過ごせそう。「寄木で楽しむスイーツ」は、専用プランにてお申し込みいただけます。

>星野リゾート界・箱根の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

星野リゾート界・鬼怒川

星野リゾート 界 鬼怒川

春には桜を眺めながらの花見風呂が楽しめる(写真提供:じゃらんnet)

「星野リゾート界・鬼怒川」の温泉は、温泉露天風呂付き客室、露天風呂、内風呂の3つからなります。いずれも昔は大名や僧侶のみ入ることが許されていたという、発見から300年以上経つ由緒正しい温泉です。泉質はアルカリ性単純温泉。冷え症、神経痛、病後回復などに効能があるそうですよ。

星野リゾート 界 鬼怒川

森の自然を思い切り感じられる開放的な客室(写真提供:じゃらんnet)

ところで「とちぎ民藝」というのはご存知でしょうか。「益子焼」や「鹿沼木工」のことを指しますが、これらを使った「和フタヌーンティーセット」がこちらのホテルで提供されます。それぞれ若手作家の伊藤剛俊 氏・モリ工芸が手がけており、繊細な芸術に触れることができるのです。

星野リゾート 界 鬼怒川

館内の随所まで洗練された美しい空間(写真提供:じゃらんnet)

3月1日~5月31日の期間中、料金は1泊2食付 31,000円~の専用プランとなっています。暖かな春の日差しの中、芸術作品を近くに感じながら「和フタヌーンティー」を楽しみたいですね。

>星野リゾート界・鬼怒川の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

星野リゾート界・日光

「星野リゾート界・日光」では囲炉裏の周りで、牡丹の花を鑑賞しながら「和フタヌーンティー」をいただくことができます。栃木県産の旬の苺を使い金粉をあしらった「いちご団子」を囲炉裏で炙っていただきます。優しく焦げ目をつけたお団子は香ばしい香りでいっぱい!3月1日~5月31日の15:00~18:00の間、500円でご宿泊の方ならどなたでも利用できます。

星野リゾート 界 日光

男体山と中禅寺湖をともに望められる角部屋の客室(写真提供:じゃらんnet)

全33あるお部屋はなんと全て60㎡以上という広さで、ほとんどのお部屋から中禅寺湖を見渡すことができます。季節ごとに表情を変える目前に迫る男体山を眺めながら、最高に贅沢な時間を過ごせます。

星野リゾート 界 日光

木組みが美しい檜露天風呂(写真提供:じゃらんnet)

「星野リゾート界・日光」には露天の岩風呂や檜造りの内風呂など、男女それぞれに露天と内湯があります。中でも露天風呂「白糸」は日本酒風呂として知られ、日光杉の香りがする樽酒がふんだんに使われているためお肌がすべすべに!泉質はアルカリ性単純温泉。関節痛、筋肉痛、五十肩などに効能があるそうです。

星野リゾート 界 日光

栃木県のみで採れる「大谷石」の器を使った石室焼きの夕食(写真提供:じゃらんnet)

今年は、「日光東照宮 陽明門」が4年の時を経てお披露目となる記念の年。この機会にぜひ訪れてみたいですね。

>星野リゾート界・日光の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

星野リゾート界・伊東

星野リゾート界・伊東

大きな門とゆるやかな石段が美しい玄関

「星野リゾート界・伊東」では桜やツツジが咲く日本庭園でお花見ができる、「花庭ピクニック」が提案されています。2017年3月1日~5月31日の間伊東エリアでは、都心より一足お先にうららかな陽気となるので、ピクニックをするには最高!「花庭ピクニック」では、伊豆の花を型取った和菓子や、お手製の椿茶をピクニックバスケットに入れて「和フタヌーンティー」を満喫することができます。

星野リゾート界・伊東

日本庭園の眺めも楽しめる足湯

全34室ある客室の窓からは、季節で景色が移ろいゆく日本庭園を鑑賞することができます。星野リゾート界オリジナルの 「ご当地部屋」では、伊豆の伝統を受け継いだ「雛のつるし飾り」が目にも鮮やか。江戸時代より始まった伊豆・稲取の、温かな伝統を肌で感じることができますよ。

星野リゾート界・伊東

古代檜の香りが爽やかな内湯

岩肌から流れ落ちる湯がなんとも癒される温泉は、露天風呂と内湯からなっています。伊東温泉は全国第4位を誇る湯量で知られており、お宿は源泉掛け流し。中でもおすすめは日本庭園内で楽しめる源泉掛け流しの足湯と、 4種類の源泉で適温に調節されている源泉プール!仕事を忘れて思いきり泳げば、気分爽快です!

>星野リゾート界・伊東の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

まとめ

全国展開中の温泉旅館ブランド「星野リゾート界」では、「和フタヌーンティー」を楽しめる春のイベントを開催しています。待ち望んだ喜ばしい春の訪れを、新緑と和スイーツとともに、ゆったりと堪能してみませんか?


「ハイクラス, リゾート, 中禅寺温泉, 浜名湖かんざんじ温泉, 鬼怒川温泉, 伊豆山温泉, 箱根湯本温泉, 伊東温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする