絶景で人気宿の宿が実はドーミーインのグループのホテルって知ってた?【北海道編】

函館山からの夜景

函館山からの夜景

ホテル事業を展開するビジネスホテル・ドーミーインが特に有名ですが、ビジネスホテル以外にも、日本各地の名勝地や名湯地にリゾートホテルも展開しており、「リーズナブルで質の高いリゾートライフ空間を創造し提供する」をテーマに、誰もが気軽に泊まれる宿づくりを目指しているそうです。ファミリーでもカップルでも、思い思いの時間を過ごすことができるでしょう。

雪が残る旭岳

雪が残る旭岳

今回は数多く存在するドーミーインのリゾートホテルのなかでも、北海道内にある人気のお宿をご紹介。
道南エリア、道東エリアにもあるので、行き先に合わせて選んでみてください。一泊一万円台とはとても思えない、ドーミーインのノウハウのサービスが満載!追加料金でお部屋をグレードアップすることもできますので、記念日旅行の宿泊地としての利用もぴったりです。

ラビスタ大雪山

ラビスタ大雪山

ラビスタ大雪山

今回私が宿泊した「ラビスタ大雪山」は、道央エリアの観光名所・大雪山のふもとに佇み、クラシックなヨーロッパテイストの建物が特徴。小樽や函館など北海道のレトロクラシックな雰囲気が、私の好みにドンピシャでした。

天井の高いロビー 写真提供:じゃらんnet

天井の高いロビー 写真提供:じゃらんnet

お部屋はスタンダードルームや和洋室もありましたが、私の誕生日旅行だったので、奮発してラグジュアリールームを予約。広々とした和洋室には、こたつや応接セットもあって景色を眺めながらのんびりできましたよ。

h000555_room_l_bl0001

旭岳温泉のお湯を満喫できる大浴場には、樽風呂や檜風呂、岩風呂や露天タイプの寝湯があり、何度入っても飽きることがありません。冬の北海道で冷え切った身体を芯からあたためることができます。

大浴場には内風呂+露天風呂

大浴場には内風呂+露天風呂

夕食では鉄板焼きとフレンチのいずれかを選ぶことができ、北海道地元の味を堪能できます。

北海道の食材を活かしたフレンチコースディナー 一例 写真提供:じゃらんnet

北海道の食材を活かしたフレンチコースディナー 一例 写真提供:じゃらんnet

>ラビスタ大雪山の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

ラビスタ函館ベイ

ラビスタ函館ベイ

元町ベイエリアに佇む「ラビスタ函館ベイ」は、大正ロマンを意識したクラシックなホテルで、海辺のロケーションが最高にロマンティックです。

ロビー

ロビー

「ラビスタ函館ベイ」の大きな魅力である朝食は、インターネットの口コミサイトで2年連続1位を獲得。北海道の海の幸が、バイキングスタイルで満腹になるまで楽しめます。

朝食のおいしいホテルランキング日本1位に

朝食のおいしいホテルランキング日本1位に

施設最上階にある大浴場は、100万ドルとも言われる函館の夜景を一望できる露天風呂で、忘れられない思い出になること間違いありません。源泉かけ流しのお湯を贅沢に堪能し、日頃の疲れをゆっくりと癒してみてはいかがでしょうか。

最上階の天然温泉大浴場

最上階の天然温泉大浴場

シングル、ダブル、ツイン、和洋室そしてデラックスと客室のバリエーションは豊富で、グループ旅行にはもちろん個人出張の際にも利用できて、仕事の疲れを癒やせます。
高層階の客室からは函館の夜景を楽しめるので、希望する人は予約の際に指定をするようにしましょう。

全室函館山側の眺望デラックスツイン

全室函館山側の眺望デラックスツイン

>ラビスタ函館ベイの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

カムイの湯ラビスタ阿寒川

写真提供:じゃらんnet

写真提供:じゃらんnet

道東エリアを流れる阿寒川沿いに建つ「カムイの湯ラビスタ阿寒川」は、開放的なロビーが特徴的なホテル。周りは森に囲まれていて、川のせせらぎに耳を傾けつつ日常を忘れてリラックスできます。

開放的なロビー 写真提供:じゃらんnet

開放的なロビー 写真提供:じゃらんnet

大浴場に使われているお湯は、敷地内にある川から引いた自家源泉で、檜や陶器などさまざまな種類のお風呂で堪能できます。

阿寒川の四季の表情を眺めながらゆっくりと 写真提供:じゃらんnet

阿寒川の四季の表情を眺めながらゆっくりと 写真提供:じゃらんnet

無料かつ予約不要で入浴できる貸切露天風呂もあるので、大切な人たちだけでお風呂タイムを過ごしたい人は、ぜひとも利用してみましょう。

貸切風呂「月の湯」 写真提供:じゃらんnet

貸切風呂「月の湯」 写真提供:じゃらんnet

大自然を臨むレストランでは、北海道内で獲れた食材をふんだんに使用した会席料理が満喫できます。コタン鍋などこの地方ならではの食事が提供されるところも魅力。

北海道の海の幸をふんだんに使った和食会席 写真提供:じゃらんnet

北海道の海の幸をふんだんに使った和食会席 写真提供:じゃらんnet

客室からも阿寒川を臨むことができ、種類もツインやダブル、最大6名様まで宿泊できるスイートルームまで揃っています。

川側のお部屋には景色を楽しめるリバービューシートが 写真提供:じゃらんnet

川側のお部屋には景色を楽しめるリバービューシートが 写真提供:じゃらんnet

>カムイの湯ラビスタ阿寒川の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

まとめ

同じグループホテルでも、共通しているところもあれば、その宿泊施設ならではの良さもあって、すべて泊まってみたくなりますね。また、その土地ならではの地形や自然を活かしているので、宿泊しながらもその土地の良さを感じられるでしょう。
北海道旅行を検討している方は、今回ご紹介のホテルから選んでみてはいかがでしょうか。

「絶景温泉, 旭岳温泉, 夜景」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする