温泉トップ > 温泉コラム > 全国 > 東北 > 福島 > いわき湯本温泉

自分メンテでもっと健康になる「学び湯治プラン」 ~スパリゾートハワイアンズ~

色とりどりの衣装に身を包んだフラガールたちが優雅なダンスを踊り、筋肉隆々、上半身裸の男たちが太平洋の島国、サモアのファイヤーナイフダンスを披露する――。

ハワイアンズのフラガールのみなさん ≪写真:野添ちかこ≫

ハワイアンズのフラガールのみなさん ≪写真:野添ちかこ≫

ここは、常夏の温泉リゾート、スパリゾートハワイアンズ。

映画『フラガール』から10年、炭鉱の町に誕生した「常磐ハワイアンセンター」は、ディズニーリゾートにも負けないほどのエンターテインメント性のあるリゾートにさらに進化を遂げていました。

2016年12月某日。

新宿駅から出る無料送迎バスに乗っていわき湯本温泉へと向かいました。片道約3時間30分。東京や新宿、渋谷をはじめ、横浜、千葉、立川など11方面から無料の「ハワイアンズエクスプレス」を運行していて、楽に移動ができます。

「スパリゾートハワイアンズ」は、温泉あり、プールあり、フラダンスあり、そして、アクアエクササイズありの盛りだくさんのアミューズメントパークでした!

 モノリスタワーに宿泊!

「モノリスタワー」「ホテルハワイアンズ」「ウイルポート」「クレスト館」の4つの宿泊施設がありますが、私が宿泊したのは、震災後にできた「モノリスタワー」。シティホテルのような洗練された空間で、客室も広々。

こちらがモノリスタワー ≪写真:野添ちかこ≫

こちらがモノリスタワー ≪写真:野添ちかこ≫

モノリスタワーの客室。ダイニングセット、小上がりスパースもあって広々

モノリスタワーの客室。ダイニング、小上がりスペースもあって快適です ≪写真:野添ちかこ≫

ウェルカムスイーツはトロピカルな気分になれるバナナバウム、ベッドの上にはハワイアンキルトのクッションが置かれ、ハワイアンズらしさが漂っています。ハイビスカス柄の館内着を着てスパプールへと出かければ、「アロハ~♪」な気分が満喫できます。建物内の大浴場はかけ流しの温泉。夕食はフレンチポリネシアンブッフェで南国ムードたっぷりです。

湯量はなんと毎分3.5トン!

ハワイアンズに湧く温泉は含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。

いわき湯本はもと炭鉱の町。当時は“熱水”は石炭を掘るのにやっかい者扱いされ、捨てられていたそうですが、炭鉱閉山後には「温泉」を主軸とした保養レジャーランドとして再スタートを切り、いまのような国内有数のファミリーリゾート、ヘルスリゾートとして認知されるようになっていきました。

スライダーや波の温泉プールも ≪写真:野添ちかこ≫

3種のウォータースライダーや流れる温泉プールがある「ウォーターパーク」 ≪写真:野添ちかこ≫

温泉の湯量は豊富で3.5トン。1施設で使っている量としては日本一を誇るのだそう。これを男女別大浴場、ギネスブックに認定された世界最大級の浴槽面積をもつ大露天風呂「江戸情話 与市」やスプリングタウン、スパガーデンパレオといったプールにも使っているそうです。豊富な湯量をもつ施設ならではで、入浴施設はすべて毎日換水、清掃をしているそうで、温泉を楽しんでもらおうという意気込みを感じます。

スパガーデンパレオ ≪写真:野添ちかこ≫

水着で入る「スプリングパーク」にはジャグジー、ミストサウナなどが揃っています ≪写真:野添ちかこ≫

 「学び湯治プラン」を体験

ハワイアンズといえば、フラダンス! そんなイメージが強くて、健康や美容にいいアクアプログラムに力を入れていることを知らないまま帰ってしまう人も多いのですが、実はハワイアンズでは温泉保養士(バルネオセラピスト)という温泉療法で健康づくりをアドバイスできる専門家が、一人一人にあったトレーニングを教えてくれます。

今回は「学び湯治プラン」でも体験できるプログラムを体験してみました(カッコ内の金額は個別に体験する場合の料金)。

まずは「パーソナルトレーナー」(要予約)。

1対1でカウンセリング ≪写真・モデル 野添ちかこ≫

1対1できめ細やかなカウンセリングをしてくれます ≪写真・モデル 野添ちかこ≫

体力測定の結果をビジュアル化してくれます ≪写真:野添ちかこ≫

体力測定の結果をビジュアル化してくれます ≪写真:野添ちかこ≫

自分の体がどんな状態かを知り、家でできる運動法や体力アップの秘策も教えてくれます。わたしは体の柔軟性はまだよいものの、歩き方や筋肉の硬さ、肩の高さなどから、左右のバランスが悪く、体のゆがみがあることが判明。こうやってビジュアルでも見せてもらえると、より自分の体と向き合うことができます。

この結果をもとに取り組んだのが、「アクアリラクゼーション」(15時30分~16時30分、2,160円)と「スパツアー(湯巡り)」(11時15分~12時、1,080円)。

プールでアクアエクササイズ ≪写真・モデル:野添ちかこ≫

プールでアクアエクササイズ ≪写真・モデル:野添ちかこ≫

ハワイアンズの健康プログラムへの力の入れようはハンパなく、30年も前から熱い想いで研究してきたスタッフによって、アクアビクスは50種類、水中ウォーキングはなんと380種もあるのだそう。個人の体力や不調の箇所によって取り入れるプログラムは変わるそうです。

まずはストレッチで心身を整え、ポールを使ったフロートリラクゼーションで背中の緊張やゆがみをとって、全身の筋肉を伸ばしたり緩めたりしていきます。コーチとの絶妙な距離感が日本人には合っているのだとか。

これがアクアフローティング。このフロートは特注だそう ≪写真:野添ちかこ≫

首とひざ部分をフロートにのせて水に浮かびます。このフロートは特注品 ≪写真:野添ちかこ≫

体を伸ばしたり曲げたりしてゆがみをとるアクアフローティング ≪写真:野添ちかこ≫

体を伸ばしたり曲げたりしてゆがみをとるアクアフローティング ≪写真:野添ちかこ≫

翌日体験した「スパツアー」では水中ストレッチやウォーキングはもちろん、呼吸法や指ヨガ、サウナと冷水の温度差なども取り入れながら湯巡り。温泉利用法のスペシャリストの話を直に聞けるのは貴重な経験でした。年に数回の自分メンテナンス、ぜひ取り入れたいものです♪

「学び湯治プラン」は1泊2日でもいいですが、理想は2泊3日がいいそうです。

フラダンス&ファイヤーナイフダンス

夕食後のお愉しみといえば、フラガールのショー!

正直、こんなにすごかったっけ?? とびっくりしました。

さまざまな舞台演出、衣装でフラガールたちが魅せてくれます ≪写真:野添ちかこ≫

さまざまな舞台演出、衣装でフラガールたちが魅せてくれます ≪写真:野添ちかこ≫

動くたびに葉っぱのスカートがふわり ≪写真:野添ちかこ≫

動くたびに葉っぱのスカートがふわり ≪写真:野添ちかこ≫

聞けば、昨年からプロジェクションマッピングを取り入れ、音と光と音楽を駆使した最新バージョンの演出を始めたそう。踊りはもちろん、舞台演出も地方のアミューズメントパークの域を超えています。子どもも大人も楽しめて、人気の理由が頷けます。

観覧しているお客様も一緒にフラダンスを踊っておしまい ≪写真:野添ちかこ≫

最後は、観覧しているお客様も一緒にフラダンスを踊ります ≪写真:野添ちかこ≫

もう一つ、大迫力なのが、ファイヤーナイフダンス「シバオラ」。筋肉隆々の若者たちが燃えさかる火がついたナイフを手に、サモアの戦士に扮してアクションを繰り広げます。これには正直、度肝を抜かれました! 美しい&そしてハラハラ、ドキドキ、ワクワク。

サモアの戦士に扮したダンサー ≪写真:野添ちかこ≫

サモアの戦士に扮したダンサー ≪写真:野添ちかこ≫

ファイヤーナイフダンスを踊るダンサー ≪写真:野添ちかこ≫

ファイヤーナイフダンスを踊るダンサー ≪写真:野添ちかこ≫

若い踊り子さんたちは、すべて社員雇用というのも地域のリーディングカンパニーならではのこと。ハワイアンズからますます目が離せません!

スパリゾートハワイアンズ

  • 福島県福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
  • 全480室(モノリスタワー121室、ホテルハワイアンズ290室、ウイルポート50室、クレスト館19室)
  • 1泊2食 16,800円(モノリスタワー)~
  • IN 13時/OUT 11時(モノリスタワー、ホテルハワイアンズとクレスト館はOUT10時)
  • 日帰り入浴 可

「バイキング, 温泉テーマパーク, プールと温泉, 湯治おすすめ, いわき湯本温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする