全国津々浦々にある洞窟風呂が人気の温泉宿5選

能登金剛の荒波

能登金剛の荒波

近年、さまざまな趣向を凝らしたお風呂を楽しめる旅館が増えてきています。果実風呂であったり、キャラクター風呂であったりとバリエーションは豊富ですが、その中でも注目度が高まっているのは洞窟風呂。ありのままの自然を感じながら、ちょっとミステリアスなイメージもある洞窟風呂は、男女問わず密かな人気があります。

今回はそんな洞窟風呂がある旅館のなかでも、特におすすめの旅館を紹介していきます。北は北海道から南は九州まで、全国津々浦々にある洞窟風呂はそれぞれの地形を生かしており、その土地ならではのお風呂を満喫することができるでしょう。

1万円台の旅館から3万円以上する旅館まであるので、シチュエーションやご予算に合った旅館を選んでみてください。

ホテル浦島

h013689_aa_l_bl0002

海底が隆起した場所に建つ「ホテル浦島」。名物の忘帰洞風呂は大正末期に訪れた徳川頼綸が「帰りたくなるような素晴らしい洞窟」と残した言葉が由来と聞きました。そんなにも長い歴史を誇る洞窟風呂はどんなものか知りたくて、和歌山県旅行の宿泊先に選びました。

忘帰洞

忘帰洞

早朝に入浴した際には、朝日を臨むことのできる素晴らしい洞窟風呂に、来たかいがあったと感じました。

玄武洞 写真提供:じゃらんnet

玄武洞 写真提供:じゃらんnet

客室もいろいろなタイプがあり、私たちが選んだ日昇館の特別室は最大7名まで宿泊できる部屋だったため、大家族みんなで一緒の部屋に宿泊できてとてもうれしかったです。

日昇館和室 写真提供:じゃらんnet

日昇館和室 写真提供:じゃらんnet

※ホテル浦島の山上館は改装工事のため平成28年9月1日より約半年間の予定で休館中です。

>ホテル浦島の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

山の宿新明館

写真提供:楽天トラベル

写真提供:楽天トラベル

温泉ツウからの評判が高いと言われる黒川温泉には以前から憧れを抱いていました。
いざ熊本旅行を決めた際にはたくさんの旅館を比較しましたが、洞窟風呂があるという理由もあって「山の宿新明館」を選びました。

全長30mの洞窟風呂 写真提供:じゃらんnet

全長30mの洞窟風呂 写真提供:じゃらんnet

かつて、旅館のご主人が一人で掘ったとされる洞窟風呂は、岩の温かみが感じられ、身体の内側からぽかぽかになることができました。

洞窟風呂 写真提供:じゃらんnet

洞窟風呂 写真提供:じゃらんnet

露天風呂の岩戸風呂も風情があって素敵です。

岩戸風呂 写真提供:じゃらんnet

岩戸風呂 写真提供:じゃらんnet

施設内はとにかく和の情緒に溢れていて、今となってはあり見られなくなった囲炉裏にあたることができました。客室はまるで古民家のようで、不眠症気味の私もぐっすりと入眠できたものです。

囲炉裏での食事 写真提供:じゃらんnet

囲炉裏での食事 写真提供:じゃらんnet

>山の宿新明館の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

洞爺観光ホテル

写真提供:楽天トラベル

写真提供:楽天トラベル

札幌から車で2時間のところにある観光スポット・洞爺湖は、羊蹄山を臨む雄大な湖。最近では有珠山も観光地になり、ますます賑わいを見せています。

女子洞窟風呂

女子洞窟風呂

そんな洞爺湖の湖畔に佇む「洞爺観光ホテル」は、丸いフォルムの洞窟風呂が名物。洞爺湖を眺められるパノラマ風呂や貸切風呂もあり、お風呂が充実しています。

男子洞窟風呂

男子洞窟風呂

湖側の客室を選ぶと、お部屋からの景色も満喫。夕食は地元の食材を使った会席料理、朝は好きなものを好きなだけ味わえるバイキング形式です。

【部屋食】洞爺の休日 一例 写真提供:楽天トラベル

【部屋食】洞爺の休日 一例 写真提供:楽天トラベル

>洞爺観光ホテルの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

季の郷山の湯

写真提供:じゃらんnet

写真提供:じゃらんnet

大分県を代表する観光スポットの九重夢大吊橋の近くにある「季の郷山の湯」は、宝泉寺温泉を源泉かけ流しで満喫できるお宿です。

【洞窟大浴場】夫婦円満風呂 写真提供:じゃらんnet

【洞窟大浴場】夫婦円満風呂 写真提供:じゃらんnet

夫婦円満風呂と名付けられた洞窟大浴場は、ほのかな灯りがともっていてロマンティックなムードが漂っています。

【洞窟大浴場】夫婦円満風呂 写真提供:楽天トラベル

【洞窟大浴場】夫婦円満風呂 写真提供:楽天トラベル

子孫繁栄風呂や地蔵湯などユニークなネーミングのお風呂が多いところも特徴です。

【露天風呂】地蔵湯 写真提供:じゃらんnet

【露天風呂】地蔵湯 写真提供:じゃらんnet

客室は和室と和洋室の二種類があり、お好みに合わせて選べます。九重産の野菜や豊後牛、キジなどこの地方ならではの珍しい食材を口にできるところも魅力です。

会席料理 一例 写真提供:じゃらんnet

会席料理 一例 写真提供:じゃらんnet

>季の郷山の湯の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

百楽荘

写真提供:じゃらんnet

写真提供:じゃらんnet

石川県能登半島の九十九湾を臨む百楽荘には専用の釣り桟橋があり、釣り好きにはたまらない旅館です。こちらの洞窟風呂は、エレベーターで地下5階へ降ります。沖合水深320mからくみ上げられた能登海洋深層水をつかった海洋深層水洞窟風呂は、青々としていてとってもきれいで美肌効果が期待できます。

77歳の老人が3年の歳月をかけ掘り上げた神秘的な洞窟風呂 写真提供:じゃらんnet

77歳の老人が3年の歳月をかけ掘り上げた神秘的な洞窟風呂 写真提供:じゃらんnet

また、海に浮かぶ食事処でいただく日本海の幸をふんだんに使った料理には、舌鼓を打つこと間違いないでしょう。

海床朝食 写真提供:じゃらんnet

海床朝食 写真提供:じゃらんnet

2015年にオープンしたスイートルームはおしゃれで女性からの人気がとくに高い客室です。

Jr suite Jrスイート-連理 写真提供:楽天トラベル

Jr suite Jrスイート-連理 写真提供:楽天トラベル

>百楽荘の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

まとめ

神秘的な洞窟風呂もあれば、昔ながらの洞窟風呂もあり、旅館によってさまざまな工夫を凝らしていることがわかりますね。どの地方にも一つは洞窟風呂があるようなので、旅行先に合った洞窟風呂付きの旅館を選んでみてはいかがでしょうか。岩の温かみを感じることができますよ。

「宝泉寺温泉, 洞窟風呂, おもしろ温泉, 黒川温泉, 南紀勝浦温泉, 洞爺湖温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする