石川名物!?秋が旬のノドグロが食べられる口コミ高評価の宿

のどぐろ
「のどぐろ」ってご存知ですか?
正式名称は「アカムツ」。東北より南側の日本海や太平洋に広く生息し、山陰地方や北陸地方で多く水揚げされています。見た目は、金目鯛やきんきのように目が大きくて赤い魚です。一般的に「のどぐろ」と呼ばれているのは、その名の通り喉が黒いからです。
成長が遅く漁獲量が少ないことから高級魚として流通していて、都心部では高級料亭や高級寿司店などでよく使われています。「白身のトロ」と呼ばれることもあるそうですよ。濃厚な甘みと旨味が特徴で、特に秋から冬にかけては脂ののりが良いと言われています。

今や、のどぐろが名物とも言われるようになった石川県で、のどぐろが味わえるクチコミ評価が高い人気の宿をご紹介します。

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭

金沢犀川温泉川端の湯宿滝亭 外観

画像提供:一休.com

金沢の犀川の畔に建つ一軒宿。立派な門構えの純和風の造りで、美しく手入れされた庭や館内のしつらえがいかにも高級旅館!という雰囲気を醸し出していました。到着後の抹茶と和菓子のサービスもうれしかったです。部屋は庭を見渡せる和モダンの和室。大浴場もとてもキレイでのんびりと入浴することが出来ました。

金沢犀川温泉川端の湯宿滝亭 露天風呂

画像提供:一休.com

夕食は個室の食事処で、一品一品とても手の込んでいる会席料理をとてもおいしくいただきました。のどぐろは別注で。脂の乗ったのどぐろをシンプルに焼き上げたホクホクの「のど黒焼き」を堪能しました。

>金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

星空の降りそそぐ宿 金沢湯涌温泉 あたらしや

星空の降りそそぐ宿金沢湯涌温泉あたらしや 外観

画像提供:じゃらんnet

客室総数8部屋という、星空の降りそそぐ宿金沢湯涌温泉あたらしや。この旅館の魅力はとにかく夕食が豪華なこと!プランも多彩で悩みましたが、一番人気だという懐石フルコースプランにしました。

お部屋でいただく和洋折衷の懐石コースで、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいままで、順番に運ばれてきます。コースの焼き物として出てきたのがのどぐろの西京焼き。のどぐろを西京焼きでいただくのは初めてでしたがとてもおいしかったです。この西京焼き他、金沢海鮮丼や鴨ロースの治部煮など金沢名物が勢ぞろいするご当地グルメ満喫プランもおすすめですよ!

星空の降りそそぐ宿 金沢湯涌温泉 あたらしや 食事

画像提供:じゃらんnet

>星空の降りそそぐ宿 金沢湯涌温泉 あたらしやの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

旅亭萬葉

旅亭萬葉 外観

画像提供:じゃらんnet

金沢の南西・辰口温泉にある純和風旅館。住宅街の中にある旅館で少々驚きますが、敷地内はまるで別世界かのようにゆったりとした時間が流れています。2000坪もの敷地に客室はわずか10室という贅沢さ。すべてが異なる造りで、そのうち6室には露天風呂も備わっています。温泉は美人の湯として女性に好評で、大浴場の他に貸し切りの家族風呂もあり、空いていれば無料で入浴できます。

旅亭萬葉 貸切風呂

貸切風呂「萬葉の湯」(画像提供:じゃらんnet)

こちらの宿では、加賀周辺の旬の食材をたっぷりと使った懐石料理をいただけます。「極みのどぐろ懐石」プランは、のどぐろを贅沢に一匹分まるっと使用した一品が含まれるコースです。

旅亭萬葉 料理

画像提供:じゃらんnet

>旅亭萬葉の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

加賀屋

加賀屋
1906年創業の能登半島の和倉温泉にある、豪華で充実した設備の老舗旅館です。「ノーと言わない心のこもったおもてなし」をモットーとしていて、きめ細やかなサービスを提供しています。

加賀屋 露天風呂

七尾湾を望む婦人用大浴場「辨天の湯」

七尾湾を望む大浴場は、時間を変えて何度も入りたい絶景の露天風呂。源泉100%の飲泉もあるので、体の外からも中からも和倉温泉を満喫できますよ。

加賀屋の料理は、春は山菜やサザエ、夏は車海老や鮑、秋は松茸、冬はカニや寒鰤など、季節ごとにその時いちばんおいしい素材を使用した会席料理。のどぐろは、一番脂がのっておいしい時期と言われる秋の特別メニューとして提供されています。

加賀屋 料理

のどぐろと野菜を和倉源泉蒸し(画像提供:一休.com)


>加賀屋の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

まとめ

白身の魚でありながら、脂がたっぷりと乗って身がホクホクののどぐろ。テレビなどでも度々紹介され、注目されるようになりました。旬の今、ちょっぴり贅沢して、おいしいのどぐろをぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

「料理, グルメ」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする