温泉トップ > 温泉コラム > 全国 > 東海 > 三重 > 伊勢志摩温泉

美味しい伊勢エビを食べよう!志摩で伊勢エビが楽しめるおすすめ宿

伊勢エビイメージ

千葉県とともに国内の伊勢エビの二大産地である三重県。「伊勢海老」という名前が初めて文献に記されたのは室町時代と言われています。伊勢エビという名前の由来は諸説ありますが、伊勢湾が主な産地だったからというのが有力な説。

伊勢エビは養殖ができないため、乱獲を防ぐために三重県では10月1日が解禁日。4月頃まで伊勢エビ漁は続きますが、11月頃から2月頃までがいちばんおいしい時期と言われています。

志摩の海は、黒潮の恩恵でプランクトンや海藻が豊富で、岩場が続いていて伊勢エビの生息にピッタリの地形であることから、志摩の伊勢エビは身が詰まっていて甘味があるのが特徴です。今まで行ったことのある宿のご紹介とともに、志摩で伊勢エビを楽しめるプランのあるおすすめの旅館をご紹介します。

汀渚 ばさら邸

テラス付きの露天風呂のあるお部屋

テラス付きの露天風呂のあるお部屋 写真提供:じゃらん

英虞湾(あごわん)を一望する高台に建つ贅沢な「大人の隠れ家」です。館内はとにかくオシャレで高級感たっぷり!いちばん安い部屋を予約しましたが広さは十分すぎるほど。琉球畳の和室にツインベッドが置かれたとてもモダンで素敵な部屋で、テラスには温泉露天風呂がありました。

広々とくつろげる貸切風呂「天の鏡」

広々とくつろげる貸切風呂「天の鏡」 写真提供:じゃらん

さらに、広い貸切風呂が3つあり2回予約して入ることができます。

伊勢エビのしゃぶしゃぶ

伊勢エビのしゃぶしゃぶ 写真提供:じゃらん

食事は個室の食事処でいただきます。伊勢エビ料理がプラスされる特別料理のプランで、通常コースと思われるお刺身の盛り合わせに入っていた伊勢エビと別に、一匹丸々の伊勢エビのしゃぶしゃぶをいただきました。朝食にも伊勢エビの頭の入ったお味噌汁が登場し、伊勢エビを堪能できた食事でした。

>汀渚 ばさら邸の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

アジアンな温泉宿 はいふう

全室オーシャンビューで露天風呂付き

全室オーシャンビューで露天風呂付き 写真提供:じゃらん

渡鹿野(わたかの)島という島にあり、船に乗ってチェックインするアジアンテイストの宿です。客室は和室と洋室があり、全室オーシャンビューで、海沿いのテラスに露天風呂が備わっています。部屋の露天風呂の他に、隣接する本館「風待ちの湯 福寿荘」の大浴場も利用できます。

全室オーシャンビューで露天風呂付き

全室オーシャンビューで露天風呂付き 写真提供:じゃらん

夕食はレストランでいただく和風フレンチ会席。鮑、的矢牡蠣、松坂牛など地元の食材をふんだんに使用した創作料理です。なかでも、秋・冬のいちばん人気は200gの伊勢エビ1尾をお刺身でいただくプラン。黒毛和牛のステーキも付いて、海の幸と山の幸を両方堪能できるメニューです。

>アジアンな温泉宿 はいふうの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

志摩観光ホテル ザ クラシック

伊勢志摩サミットの会場となったホテル

伊勢志摩サミットの会場となったホテル 写真提供:じゃらん


2016年に開催された伊勢志摩サミットの会場となったホテル。サミットに合わせて改修工事が行われ、2016年6月にリニューアルオープンしました。

シンプルで落ち着きのある空間

シンプルで落ち着きのある空間 写真提供:じゃらん

客室は全114室。すべての客室がツインルームで、シンプルで落ち着きのあるクラシカルな雰囲気です。ゲストラウンジではソフトドリンク・アルコール・小菓子を自由に楽しめる他、読書や音楽を楽しむラウンジ、宿泊者専用のフィットネスジムなども無料で利用できます。

伊勢エビ鉄板焼きイメージ

伊勢エビ鉄板焼きイメージ 写真提供:じゃらん

夕食はフランス料理がメイン。スタンダードなコースでも伝統の「伊勢海老クリームスープ」が付いていますが、伊勢エビをたっぷりと味わいたいのであれば、鮑のステーキや伊勢エビの焼き物が味わえるコースがおすすめです。

>志摩観光ホテル ザ クラシックの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

志摩観光ホテル ザ ベイスイート

ロイヤルスイート

ロイヤルスイート 写真提供:じゃらん

伊勢志摩観光ホテルのスイートルーム棟で、「ザ クラシック」とともに2016年6月にリニューアルオープンしました。

サウナを備えた大浴場も

サウナを備えた大浴場も 写真提供:じゃらん

全50室、すべての客室が100平米以上で、リビングルームとベッドルーム、バルコニーを備えたモダンなスイートルーム仕様。サウナを備えた大浴場もあり、女性用には「テピダリウム」という湿気浴室も備わっています。

伊勢エビをたっぷりと味わえるコース

伊勢エビをたっぷりと味わえるコース 写真提供:じゃらん

最上階のゲストラウンジでは、ソフトドリンクやアルコール、スイーツなどを自由に楽しめます。夕食はフランス料理か和懐石のコースから選べ、10月から3月まではほとんどのコースで伊勢エビをたっぷりと味わえます。

>志摩観光ホテル ザ ベイスイートの宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

まとめ

伊勢志摩のなかでも、豊かな漁場として知られている志摩は、伊勢エビの他、鮑、的矢牡蠣、あのりふぐ(天然のとらふぐ)などのブランド食材が豊富です。鮑の旬は夏ですが、それ以外は秋から冬が旬。伊勢エビを堪能するためには10月から3月までに訪れるとよいでしょう。

「伊勢志摩温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする