日本三大美肌の湯 嬉野温泉で館内の美しさとおもてなしが自慢の宿3選

佐賀県西部に位置している嬉野温泉は、日本三大美肌の湯のひとつに数えられる温泉を有する九州屈指の温泉街。良質の泉質と豊富な湯量だけでなく、福岡や長崎方面からのアクセスの良さから年間を通じて多くの観光客が訪れます。

嬉野温泉

人気の「シーボルトの足湯」。シーボルトが江戸参府の際、嬉野温泉に立ち寄ったことが由来だとか。

とろみのあるお湯はナトリウムや塩化物を含む重曹泉。源泉の温度が比較的高いため多くの成分が溶け込み、肌がしっとりすべすべになり、胃腸や肝臓機能改善にも効果があるといいます。

嬉野温泉

温泉街の中心部にある豊玉姫神社。白い大きなナマズが有名。

そんな嬉野温泉には、嬉野川を囲むように歴史ある温泉宿からモダンなホテルまで様々な温泉施設が揃います。宿泊料金の相場は、一泊食事付きの場合、一人あたり1万円未満から3万円以上のハイクラスまで色々です。
今回は、嬉野温泉の中でも、おもてなしに定評のある、とっておきの宿ベスト3をご紹介します。

第1位 萬象閣・敷島

萬象閣・敷島

木々の間から心地よい風が吹き抜ける露天風呂

接客・設備・料理と、総合的に高評価を集めた宿は曼象閣・敷島です。過去に全国の人気温泉宿ランキングに何度となく選出された曼象閣・敷島は、白を基調にした暖かみのあるインテリアでまとめられ、露天風呂付きの部屋も多数揃っています。

萬象閣・敷島

ロビーから貸切露天風呂へとつながる回廊

温泉旅館での寛ぎ方は人ぞれぞれ。中にはほうっておいて欲しい人もいれば、楽しくスタッフとの会話を楽しみたい人もいます。その点曼象閣・敷島は「野に咲く花のように…」という接客コンセプトの通り、近すぎず遠すぎず、客の心に寄り添う気配りが感じられます。

萬象閣・敷島

15畳というゆとりのある広さにソファーを配置

宿の設備においても、和室にソファ、部屋に足湯、など型に嵌まらない柔軟さを持ち、居心地のよさを追求していることが感じられます。

萬象閣・敷島

ほんのりとランプが灯る岩の貸切風呂

料理は地元食材をふんだんに使った会席料理。洗練された盛り付けと上品な味付けに、若い方から年配の方まで満足が得られることでしょう。

>萬象閣・敷島の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

第2位 嬉野観光ホテル大正屋

嬉野観光ホテル大正屋

客室例。純和室の良さが実感できる

ミシュランガイド福岡・佐賀版(2014年)において、「最上級の快適」の評価を得た嬉野観光ホテル大正屋は、1925年に創業した歴史ある純和風旅館。緑に包まれた静かな空間に佇み、非日常の贅沢な時間を過ごしたい方にぴったりです。

嬉野観光ホテル大正屋

庭園の美しく整えられた緑を眺められるロビー

木材をあますことなく配した館内には随所に活け花や焼き物が飾られ、まるで大きな美術館のよう。客室は日本庭園に面した部屋から露天風呂や茶室を備えた特別室までバラエティに富み、訪れる目的や人数のニーズに合わせて利用できるのも人気の秘密かもしれません。

嬉野観光ホテル大正屋

吹き抜けとガラスで開放感のある大浴場「四季の湯」

また、吹き抜けになった開放的な温泉や、滝と泳ぐ鯉を眺めながら入る温泉はとろとろ感のあるナトリウム泉。お風呂上りにバリニーズのマッサージルームもあり、日頃の疲れを取りたい方は極上の時間が過ごせることでしょう。

ハード面での充実もさることながら、特筆すべきは繊細なおもてなしを徹底しているスタッフのレベルの高さです。ゲスト一人ひとりの要望に応え、実践しようとする姿勢が伝統旅館の品格を維持しているのかもしれませんね。

>嬉野観光ホテル大正屋の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

第3位 やすらぎの四季の宿 吉田屋

旅館 吉田屋

画像提供:じゃらんnet

やすらぎの四季の宿吉田屋は、モダンデザインをふんだんに取り入れた新しいタイプの和風旅館。チェックインカウンターそばにあるラウンジでは暖炉や囲炉裏を配し、レコードから流れる音楽に耳を傾けることのできる異空間を演出。

旅館 吉田屋

写真提供:じゃらんnet

さらに和室・洋室・和洋室から選べる客室には、ミニ囲炉裏やデザイナーズ家具を置くなど、ちょっとした遊び心が訪れる者をなごませてくれます。

旅館 吉田屋

画像提供:じゃらんnet

そして、何よりも女性に嬉しいエステや岩盤浴、足湯バーなど温泉や料理以外のオプションが多いのもこの宿の魅力です。美肌効果たっぷりの温泉につかり、こころゆくまで寛ぎタイムを過ごしたい方におすすめの宿です。

>やすらぎの四季の宿 吉田屋の宿泊プランのおすすめ・最安値を見る

まとめ

嬉野温泉の中でも、おもてなしに高評価の宿を紹介しました。ノスタルジーを残しながらも、快適で現代的な空間を作り出す宿が揃い、何度でも訪れたくなる温泉地ですね。今度の休日は、嬉野温泉に訪れる計画を立ててはいかがでしょうか?


「おもてなし, 嬉野温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする