美肌の湯、道後温泉で癒される!自然豊かな露天風呂を堪能できる旅館3選

愛媛県にある道後温泉は、年間およそ72万人もの観光客が訪れる温泉地です。有馬温泉白浜温泉とともに、日本三古湯のひとつと称されています。開湯3000年の歴史を誇り、古くは「古事記」や「日本書記」にも登場した由緒ある名湯として知られています。道後温泉のお湯はアルカリ性単純泉で、pH 9.1という源泉は、肌への刺激が少なく、なめらかで「美肌の湯」として親しまれています。

dogo_105
温泉郷として栄えている観光地で、「坊っちゃん列車」と呼ばれるレトロな路面電車が走っていて、観光客も多く訪れます。その賑わいを少し離れると、豊かな自然に囲まれた、ゆったりとした時間が流れています。今回は、自然豊かな風情を堪能できる露天風呂がある、道後温泉の旅館ベスト3をご紹介します。

1位 道後舘

道後の高台にそびえる、江戸の伝統的様式とモダンの調和をテーマにした「道後舘」。非日常の世界が広がる建物は建築家黒川紀章設計によるものです。蔵屋敷をイメージしたロビーには2階から落ちる滝や川が流れています。情緒あふれる「湯けむりの道」を通り、古い町並みの風情を感じながら向かう大浴場。辿り着いた大浴場には、「あつ湯」「ぬる湯」「打たせ湯」「露天風呂」「寝風呂」「サウナ」が完備されていて、石や木に囲まれた空間で、それぞれの湯の違いを楽しむことができます。男湯は別館1階、女湯が別館3階にあります。

道後舘 道後温泉引き湯の大浴場 写真提供:じゃらんnet

道後温泉引き湯の大浴場 写真提供:じゃらんnet

道後館の名物のひとつは露天風呂付客室です。四季折々の花が楽しめる「野の湯」や、2種類のモミジがある「モミジの湯」など、個性豊かな9タイプのお部屋が用意されており、全室道後温泉引き湯100%の贅沢と、春夏秋冬を味わえる豊かなお庭も堪能することができます。

道後舘 7階松風楼 702号室「野の湯」 写真提供:じゃらんnet

7階松風楼 702号室「野の湯」 写真提供:じゃらんnet

懐かしさを感じられる和室、庭が望めるひのき風呂のあるお部屋、洋室タイプなど、多彩な部屋が取り揃えられています。食事は瀬戸内の豊かな自然を堪能することができ、事前予約で「宝楽焼」や「ふくめん」などの郷土料理を味わうこともできます。エステ付きのプランも用意されていて、ゆったり過ごしたい旅におすすめの宿です。

2位 ふなや

1626(寛永3)年創業、古きよき時代が香る旅館「ふなや」。皇族や名だたる文人も訪れた由緒正しき老舗旅館です。正岡子規が「亭ところ々 渓に橋ある 紅葉哉」と詠んだ、本館と別館をつなぐ「もみじ橋」を渡り、情緒を感じながら浴場に向かうことができます。施設内の庭園「詠風庭」はこの宿の見どころでもあり、昭和天皇をはじめ、夏目漱石など松山ゆかりの文人たちも愛した庭です。また、詠風庭の小川沿いに設けられた川席では、3月下旬から10月下旬までの間、川席料理を楽しむことができます。川面を流れる水と吹く風は涼を運び、また色づき始めた紅葉の趣を楽しみながらお食事ができると好評です。

ふなや 広大な庭園「詠風庭」には、自然の川が流れています

広大な庭園「詠風庭」には、自然の川が流れています

大浴場には古代檜をぜいたくに使った檜湯と、美しい大島産御影石の輝きが迎えてくれる御影湯などあります。それぞれの大浴場には露天風呂もあり、四季折々の自然が満喫できます。また、詠風庭の片すみには足湯もあり、お庭を眺めながら足湯につかるなんていう贅沢も。

ふなや 古代檜をふんだんに使った檜湯

古代檜をふんだんに使った檜湯

部屋は和室だけでなく、和と洋を織り交ぜた部屋なども用意されているので、旅のプランや好みに合わせて選ぶことが可能です。無料駐車場もあるので、車で訪れて松山の市内をまわって、古い町並みに浸る旅もいいでしょう。

3位 奥道後 壱湯の守

松山市内からバスで30~40分の静かな山間にある奥道後 壱湯の守。観光地の喧騒から少し離れて、心も体も休まる、至福の時間を過ごすことができます。2014年7月、ホテル奥道後が「奥道後 壱湯の守」と改め、リスタートしました。この宿の最大の魅力は露天風呂「翠明の湯」。なんと敷地面積は1,508平方メートルと西日本最大の広さを誇ります。「岩湯」「絹の湯」「寝湯」など7種のお風呂があり、全てそれぞれ毎分400リットルもの豊富な湯量の源泉かけ流しを堪能できます。

奥道後 壱湯の守 大露天風呂「翠明の湯」、昼間の岩湯 写真提供:じゃらんnet

大露天風呂「翠明の湯」、昼間の岩湯 写真提供:じゃらんnet

他にも展望露天風呂付客室や貸切露天温泉もあり、宿泊プランによっては赤ちゃん用品がセットになった貸切風呂プランも用意されています。家族水入らずで、カップルで誰にも気兼ねなく温泉を楽しめます。

奥道後 壱湯の守 貸切露天温泉「丸太風呂」 写真提供:じゃらんnet

貸切露天温泉「丸太風呂」 写真提供:じゃらんnet

まとめ

四国の道後温泉の中で、松山道後の自然豊かな風情を堪能できる露天風呂がある旅館をご紹介しました。夏目漱石の「坊っちゃん」にも描かれている道後温泉は、愛媛県の代表的な観光地となっています。観光を楽しんだ後は、静かな自然の中で過ごせる温泉宿で癒やされてみてはいかがでしょうか。道後温泉で楽しむ、文豪も愛した歴史を感じる温泉旅の参考にしてみてくださいね。


「道後温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする