温泉トップ > 温泉コラム > 全国 > 中国 > 山口 > 長門湯本温泉

プーチン大統領も滞在!中国・四国エリア1位 自然に囲まれたおもてなしの宿 「大谷山荘」

大谷山荘 外観

大谷山荘 外観 山々に囲まれた癒しのスポット

阿部首相の出身地である山口県で先般、日露首脳会談が行われた宿泊施設として一躍有名となった「大谷山荘」。プーチン大統領も自然に囲まれたこちらのお宿でしばし寛がれたのでしょうか。
今回はその「大谷山荘」の体験レポートです。スタッフの皆さんの心地良いおもてなし、川の流れる音をききながらの入浴はとても癒されました。客室にも絶景を堪能できる半露天風呂があるお部屋がいくつもあるので、客室でも寛ぐことができますよ。

みんなで選ぶ 第8回 温泉大賞」のエリア別ランキング「中国・四国エリア」1位でもあるこのお宿に出かけてみませんか?

広いロビーでゆったりと

到着して、すぐ、広いロビーラウンジでお抹茶と山口銘菓の外郎(ういろう)を提供いただけます。

大谷山荘 ロビーラウンジ

山口県は実は外郎(ういろう)が名物なのです。原料は他の外郎とは異なり、
わらび粉を主原料とし、小豆餡、小麦粉、糖などを練り合わせて蒸しあげているそうです。

お抹茶と外郎

もっちりとした食感がよく美味しい外郎。館内の売店でも販売しているので
お土産として購入することも可能ですよ。私はすっかり気に入ってお土産に購入しました。

音信川を望む天然温泉を堪能

大谷山荘 こもれびの湯

第8回 温泉大賞 エリア別ランキング、中国・四国エリア1位の温泉を紹介しましょう。大谷山荘がある長門湯本温泉は600年を誇る山口県最古の温泉で、江戸時代には長州藩主も入浴を楽しんだといわれている温泉です。泉質はアルカリ性単純温泉、PH9.67 ここち良い弱アルカリ性のお湯でお肌がつるつるになる美肌の湯と言われています。

大谷山荘では2つの大浴場があり、時間帯で1階にある「せせらぎの湯」と2階にある「こもれびの湯」を男女入れ替えて楽しめます。到着した日と次の朝で切り替わるので両日に入浴すれば全てのお湯を楽しむことができます。

大浴場半露天

おすすめは2階の「こもれびの湯」の半露天風呂、天候に左右されず、川の流れを上から眺める事ができ、いつまででも入っていられそうでした。

1階の「せせらぎの湯」は川の音を聞きながら野趣あふれる感じを堪能できます。

大浴場岩露天

「せせらぎの湯」の露天風呂は落ち着いた御影石の岩風呂と木のぬくもりのある檜風呂。

早朝に入浴したのですが、周囲を木々に囲まれているせいか、澄んだ空気の中で入浴ができ、すがすがしい気分になりました。

癒しの空間、魅力的な客室

芙蓉館

大谷山荘の客室数は111室あり、その中でも芙蓉館にある10室は露天風呂が付いたお部屋でおすすめです。特におすすめのお部屋は「新芙蓉」15畳+ツインのお部屋で、部屋から望める自然の景色が最高!

取材時は新緑が綺麗でいつまでも眺めていたい景色でしたが、眼下に広がる自然の景色は大地のパワーを感じて癒しの効果がありそうです。

半露天客室風呂

横には半露天客室露天があり天然温泉を楽しめます、部屋からの眺めと同じ景色を楽しみながら入浴が可能です。

芙蓉客室 761
どのお部屋も快適に過ごせますが、芙蓉館の客室露天があるお部屋は魅力的でした。客室露天のお部屋でのんびりするのもいいなーと思います。

季節ごとに変わる旬の食材を!

大谷山荘懐石料理

懐石料理 「白露」(しらつゆ)

季節ごとに旬の食材を取り入れた懐石料理がいただけます。

私達が訪れた時は冬懐石「白露」(しらつゆ)をいただきました。日本海からのほど近く、山間にあることもあり、海の幸、山の幸がふんだんに盛り込まれていました。丁寧に旬の食材を調理した八寸から始まり、冬場が旬のふぐのから揚げ、タタキもいただけました。
最後にいただいた釜飯は香ばしいノドグロの釜飯、目の前で火を着けて仕上げていただけます。
脂の乗ったノドグロがお米に染み込みとても美味しいご飯でした。
最後まで満足させていただきました。

必見!最上階にあるプラネタリウム

大谷山荘 天体観測

最上階にある展望ルーム 冬場は防寒していこう!

天気のいい夜は絶対見に行って欲しいのが、芙蓉館8Fにある展望ルーム。大谷山荘 社長の趣味が高じて設置されている望遠鏡は本格的としか言えません。天候さえ良ければ木星、月、土星などを観察させてくれます。夏休みなどは子供と一緒に体験すると、自由研究のネタができるかもしれません。お天気が悪くても、ストックされている良天候時に確認できた映像を見せてくれるので、天文体験気分はバッチリ体感できます。
こちらは予約が必要なのでぜひフロントで予約を入れて訪れてみてください。営業時間は19:30~22:00になります。

 

まとめ

大谷山荘の前に流れる音信川は散策できるように遊歩道があります。従業員の方が掃除などメンテナンスをされていて歩道は綺麗になっていましたこういった見えないおもてなしが行き届いていて、滞在時は快適に過ごすことができます。静かな山間部で春の息吹を感じる草花と、透き通った美しい川の流れを見ていると都会の喧騒を忘れ、元気になれる。そして、また訪れたいと思えるお宿です。プーチン大統領と阿部首相もほっとできるひとときを過ごされたのでしょうね。



※中国・四国エリア1位は「みんなで選ぶ 第8回温泉大賞」BIGLOBE調べの結果です。

 

「長門湯本温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする